「交渉参加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

脱アジアが鍵になる中国のFTA

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 脱アジアが鍵になる中国のFTA~TPP参加も一つの戦略に~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載 米国がアジアにおける覇権のリバランスを図っている。中国は、それを再度リバランスすることに焦点を定め、経済大国の米国に対抗すべく日中韓FTAの締結交渉を進めており、その核心は日中経済の結合強化だった。一方で、中国は2013年5月に米国からTPP交渉への参加を打診されており、それに応える形

2013年11月18日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

第13回政治山調査「TPPに関する意識調査」

第13回政治山調査「TPPに関する意識調査」を発表|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2013年11月18日 パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第13回政治山調査「TPPに関する意識調査」を発表~ 賛成多数、TPP参加で、経済には好影響だが仕事には悪影響と予測 ~ 政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)は、2013年1

2013年7月18日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米国とTPP交渉参加国の貿易と主な論点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国とTPP交渉参加国の貿易と主な論点日本以外のTPP交渉参加国への米国の期待と懸念 2013年7月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕上野 まな美◆今年10月にインドネシアで開催されるAPECサミットで、TPP交渉が合意に達することが期待される。米国は、雇用を創出・維持するために、自国の競争力を高めアジア・太平洋地域との貿易拡大を求めている。そのために、包括的かつ高度な

2013年5月15日大和総研フィードバック数:3社会/政治海外

米国におけるTPP論議

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国におけるTPP論議輸出増加とアジア重視の外交政策のためにTPPは必須 2013年5月14日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕上野 まな美◆オバマ政権はアジア重視策によりTPP(環太平洋連携協定)を推し進めてきた。だが、オバマ政権は貿易交渉促進権限(TPA)を持たず、米国通商代表部(USTR)は対日交渉での要求事項に関する意見公募を開始した。日本の交渉参加が決まったとは言え

TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大

TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大 | ニッセイ基礎研究所 TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍総理は、去る3月15日に記者会見を開き、TPP(環太平洋経済連携協定)に向けた交渉への参加を正式に表明した。これによって、これまで足踏みを続けていた交

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ