「交通機関」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年9月12日エコンテ★フィードバック数:0社会/政治

マタニティマークに関する意識調査

「マタニティマークは危険」は本当?マタニティマークに関する意識調査 2006年にマタニティマークが誕生してから既に10年が経過しています。マタニティマークに関する情報は厚生労働省から発表されており、下記のように説明されています。 “マタニティマークとは、妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。””さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。”こ

2016年4月5日リスク対策.comフィードバック数:0社会/政治

海外の安全対策アンケート

2016/03/24安否情報の収集などに課題本誌では、組織の危機管理担当者らに対して、海外へ出張・渡航、あるいは駐在する従業員の安全対策について、懸念されるリスクと、組織としての現状の対策をアンケート調査した。その結果、交通機関の事故に次いで、テロや感染症など幅広いリスクを心配する組織が多く、マニュアルなどの整備なども進んでいる傾向が明らかになった。一方で、出張・赴任者の安否確認や、現地の安全情報の収集・分析などに課題を抱えている組織が多いこともわかった。海外で従業員が遭遇する心配があるリスクは

2015年2月12日Facebookフィードバック数:0大型消費/投資

Facebookも盛り上がる日本のバレンタインデー

好きな人や友達、家族など、大切な相手に愛や感謝の気持ちを伝えるバレンタインの時期にはFacebook上でも様々な動きが見られます。2014年のバレンタインデーから4日以内に交際ステータスを変更した人は、47,000人以上にのぼりました。なかでも、交際ステータスを「既婚」へ変更した人は15,000人以上、「交際中」へ変更した人は8,000人以上おり、バレンタインをきっかけに交際や結婚に発展した(交際ステータスを変更した)人が多いことがわかります。年齢に関する傾向については、Facebook上でバレ

2014年12月28日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム オンライン旅行サイト(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間に国内旅行に行った人は6割強、海外旅行は1割強。情報収集方法は「旅行サイト、宿泊予約サイト、比較サイトなど」が直近1年間旅行者の4割強、「ホテルなど宿泊施設のホームページ」「旅行のガイドブック・雑誌」が各3割で続く 直近1年間に旅行に行った際の、ツアーや宿泊・交通機関等の予約・申込み方法は「パソコンからWebサイト経由で」が6割強、「窓口・店頭などに直接」「電話、FAX」が各1〜2割 直近1年間の旅行サイト利用者は全体の5割強、直

2014年10月22日鹿児島県★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

平成25年鹿児島県観光統計(1月~12月)

ここから本文です。平成25年「鹿児島県の観光の動向~鹿児島県観光統計~」をとりまとめました「鹿児島県の観光の動向~鹿児島県観光統計~」とはこの「鹿児島県の観光の動向~鹿児島県観光統計~」は,平成25年(1月~12月)1年間の宿泊者(延べ宿泊者数),日帰り客(延べ日帰り客数)及び外国人宿泊者(外国人延べ宿泊者数)の動向等について「宿泊旅行統計」(観光庁),「観光入込客統計」(観光庁),「鹿児島県観光動向調査」(鹿児島県)の統計結果や,県内市町村,関係機関等の御協力を得て実施した観光地点入込状況,交

2014年8月5日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

お盆休みの天気を都道府県別に発表

ニュース 2014年08月05日 ウェザーニューズ、お盆休みの天気を都道府県別に発表前半は台風接近に警戒を、後半はゲリラ雷雨に注意~ “スマートアラーム”で移動先に合わせて最新の台風・雷雨情報を確認 ~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、お盆休みを安全に楽しく過ごして頂くため、8月8日(金)〜17日(日)までのお盆休みの天気傾向を発表しました。最新の天気予報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で確認することができます。お盆休み前半は、台風11号が接

2014年7月18日広島県★フィードバック数:0大型消費/投資

広島の観光です。

平成25〔2013〕年 広島県観光客数の動向

※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。 この調査は,各市町が平成25年1月から12月のまでの1年間に市町を訪れた観光客数を推計し,県で集計したものです。県の観光振興施策の立案や実施にあたっての基礎資料となるものです。 1 調査の概要2 調査結果の概要1 観光客の概況 (1) 総観光客数 (2) 市町・地区別観光客の状況 (3) 発地別観光客の状況 (4) 目的別観光客の状況 (5) 旅行形態別観光客の状況 (6) 交通機関別観光客の状況 (7) 月別・季節別観

2013年11月11日バルクフィードバック数:0ライフスタイル

VOL.27 家庭の経済状況に関する調査(2009/9)

家庭の経済状況に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.27 家庭の経済状況に関する調査調査日時:2009年9月15日(火)~9月21日(月) 戦後最長の景気が、02年の2月から続き、景気拡大が起こり、その期間は69カ月ともそれ以上だったとも言われています。 一方アメリカに端を発するサブプライムローンが原因の世界同時不況も起こりました。しかし、実際に家庭レベルではどのように感じていたのでしょうか。家庭での資金や資産の扱い方などとともに調査を行いました。※本調査

第409回 子連れで春のおでかけ!ご予定大調査 2009.04.02~2009.04.08

春のお出かけのことならハッピー・ノート.com! ●分析ポカポカとあたたかく、桜をはじめ、色とりどりの花が満開に咲き誇る春。おでかけにも絶好のシーズンですよね。そこで、今週は「子連れで春のおでかけ!ご予定大調査」と題して、55192ファミリーの春のおでかけプランをリサーチ。第16回、第211回をはじめ、定期的にお伺いしている恒例のテーマです!すでにあちこちおでかけされている方も、これからおでかけされる方も、結果発表をぜひご覧くださいね! Q1.この春(GWまで)の、おでかけのご予定はありま

第310回 “子連れ旅行”実態調査・第2弾 2007.04.05~2007.04.11

子連れ旅行のことならハッピー・ノート.com! ●分析各地で桜の花が満開となり、お花見を楽しんだ方も多いのでは?花も緑も眩しい、このシーズンは、ホントお出かけ心をくすぐられちゃいますよね。さて、今週のテーマは先週に引き続き、「“子連れ旅行”実態調査・第2弾」として、みなさまにご投票いただきました。第二弾では、交通機関、プラン、内容といった子連れ旅行のハード、ソフト面を幅広くリサーチしています。今週の結果はもちろん、先週の結果も併せてご覧くださいね! Q1.お子さまの年齢を教えてください。(き

中国のデジタルサイネージ 最新動向と将来展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 中国のデジタルサイネージ 最新動向と将来展望[本書のポイント]◆ 北京・上海・広州のデジタルサイネージ設置事例を詳細調査。◆ 大手メディア3社の広告料金、北京・上海・広州の広告出稿プロセス・法規制などの基本情報を収載。◆ デジタルサイネージ事業者(72社)の概略を収載。◆ 2015年までのデジタルサイネージ市場を予測。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シー

2011年10月12日マイボイスコムフィードバック数:1大型消費/投資

旅行(第2回)行きたい国内の旅行先トップ3は、「北海道」「沖縄」「九州」

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間での旅行経験は7割。「国内旅行・1泊以上」が6割、「国内旅行・日帰り」が4割 旅行に行ってみたいと思う国内の地域は「北海道」「沖縄」、「九州」が上位3位 海外旅行経験は7割。回数は「6回以上」「3〜5回」が各2割。海外旅行にあまり行ったことがない理由は、お金や時間に余裕がない 海外旅行の意向は7割。未経験者では4割だが、1回行ったことがある人では7割弱の意向 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法

2011年9月26日マクロミルフィードバック数:15社会/政治

大型台風15号による首都圏の‘帰宅難民’に関する調査

【速報】大型台風15号による首都圏の‘帰宅難民’に関する調査 2011年09月22日台風の影響で'仕事を早く切り上げて帰宅'した会社員は、46%交通機関の運行状況は「パソコンのインターネットで検索」 4割超。「震災時を経て、冷静に行動できたと思う」 約6割株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に通勤する会社員を対象に、「台風15号に関する調査」を実施しました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2011年9月21日(水)~9月22日(

2011年4月11日ウェザーニューズフィードバック数:4社会/政治

東日本大震災における「帰宅困難調査」

発行日 : 2011年04月11日ウェザーニューズ、東日本大震災における「帰宅困難調査」結果発表震災時、首都圏の帰宅所要時間の目安は普段の7倍・車通勤者の帰宅所要時間の目安は普段の5倍・電車通勤者、4人に1人が帰宅ルートに“自信なし”・電車通勤時間が1時間半以上の半数が6時間以上どこかに“とどまった”・帰宅困難時、3人に1人は“何としてでも帰宅する”・社員に支援した会社は7割以上、社員以外の帰宅困難者に支援した会社は3割に3月11日、日本は国内観測史上最大の震災に見舞われ、交通機関が麻痺したこ

2008年7月7日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

交通機関のマナー実態調査

News Release交通機関のマナー実態調査■ 電車・バスの車内で「音楽を聴く人」は 10 代で約 7 割、20 代で約 6 割■ 交通機関での不快な行為「ヘッドフォンからの音漏れ(23%)」がトップ、次いで「携帯電話での通話(22%)」■ 交通機関乗車中、自分がしたことのある行為「携帯電話でメールやゲーム」が 67%、「何かを食べたり飲んだりする」が 31%■ 夏だからこそ不快に感じること1 位「他人の体臭(62%)」、2 位「他人の汗(57%)」、3 位「肌や体の接触(52%)」2008

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ