調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 京都メカニズム

「京都メカニズム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月26日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出量の集計です。

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度による平成24(2012)年度温室効果ガス排出量の集計結果

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度による平成24(2012)年度温室効果ガス排出量の集計結果の公表について(お知らせ)環境省及び経済産業省は、地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。以下「温対法」という。)に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により事業者から報告のあった平成24(2012)年度の温室効果ガス排出量を集計し、今般、取りまとめました。報告を行った事業者(事業所)数は、特定事業所排出者が11,371事業者(特定事業所:13,596事業所)、特定輸送排出

2014年12月23日福島県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

福島県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量

福島県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量について本県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量を各種統計資料に基づき算定しましたので、その結果をお知らせします。1 温室効果ガス排出量について(1) 温室効果ガス総排出量について ア 2012年度の温室効果ガス総排出量(各温室効果ガスの排出量に地球温暖化係数※1を乗じ、それらを合算したもの)は、1,758万トン(二酸化炭素換算)となりました。 イ 基準年度である1990年度(平成2年度)と比較すると、15.5%上

2014年8月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)

平成25年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)

2014年8月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)

平成25年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)

2014年5月25日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度による平成23(2011)年度温室効果ガス排出量の集計結果

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度による平成23(2011)年度温室効果ガス排出量の集計結果の公表について(お知らせ) 環境省及び経済産業省は、地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。以下「温対法」という。)に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により事業者から報告のあった平成23(2011)年度の温室効果ガス排出量を集計し、今般、取りまとめました。 報告を行った事業者(事業所)数は、特定事業所排出者が11,086事業者(特定事業所:13,561事業所)、特定輸送

2014年5月25日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度に基づく平成23年度温室効果ガス排出量の集計結果

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度に基づく平成23年度温室効果ガス排出量の集計結果を公表します 経済産業省及び環境省は、地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。以下「温対法」という。)に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により事業者から報告のあった平成23年度の温室効果ガス排出量を集計し、今般、取りまとめました。報告を行った事業者(事業所)数は、特定事業所排出者が11,086事業者(特定事業所:13,561事業所)、特定輸送排出者が1,381事業者でした。また

2014年4月15日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出量です。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)について(お知らせ) 今般、地球温暖化対策の推進に関する法律等に基づき、2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値(注1))をとりまとめました。2012年度の我が国の総排出量(確定値)は、13億4,300万トンで、これは京都議定書の規定による基準年比6.5%増(注2)、前年度比2.8%増となっています。また、京都議定書第一約束期間(2008〜2012年度)の総排出量は5カ年平均で12億7,800万トン(基準年比1.4%増)、

2013年11月20日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

京都議定書の目標達成見込みとのことです。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について(お知らせ) 今般、2012年度(平成24年度)の温室効果ガスの総排出量(速報値(注1))をとりまとめました。2012年度の我が国の温室効果ガスの総排出量(速報値)は、13億4,100万トン(二酸化炭素換算)で、これは基準年比6.3%増)(注2))、前年度比2.5%増となっています。この結果、仮に森林吸収量の目標(注3)が達成され、また、京都メカニズムクレジット(注4))を加味すると、京都議定書第一約束期間(2008〜2012年度

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)

平成23年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度認証排出削減量等取得委託事業(京都メカニズムクレジット取得事業)

平成23年度認証排出削減量等取得委託事業(京都メカニズムクレジット取得事業)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度京都メカニズム推進基盤整備事業 CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査

平成23年度京都メカニズム推進基盤整備事業 CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)

平成24年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)

平成24年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)

2013年4月22日大和総研フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート2013.4.18

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆マーケットサマリー(2013/3/22~2013/4/18)欧州議会が“排出枠の後積み案”を否決、全価格が大幅に下落◆関連トピック■試練にさらされるEU ETS4月16日の欧州議会で、EU ETSの市場価格を下支えするために、オークション(排出枠の有償割り当て)の実施時期を調整する“排出枠の後積み案(backloading proposal)”の採決が行われた。ポーランドを筆頭とする東側加盟国の反対

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ