「人事給与」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月11日IDCフィードバック数:0キャリアとスキル

国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査

~業務の自動化など働き方改革の取り組みが始動~ 国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査結果を発表 働き方改革の推進者は、経営者が42.4%と高く、人事部長(24.5%)と経営企画(20.3%)が続く 多くの企業が、長時間労働の抑制と社員の健康管理を目標に、就業規則の見直しや勤怠管理の強化に取り組む傾向に 先進的な企業は、コミュニケーションの活性化で効率性と生産性向上を目指ざす ITサプライヤーは働き方改革を促すサービスメニュー化で、ユーザー需要の発掘が重要に

2016年10月24日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査

~法制度対応から人材の多様化対応へ取り組みが拡大~国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査結果を発表 人事最高責任者(CHRO/CHO)の設置率は10.5%にとどまる 人事関連業務コストは、「採用」が約3割と最多を占める ユーザー企業は経営やビジネス視点を取り入れ、形骸化しない人事戦略と組織作りを検討し、ITサプライヤーはクラウドソリューションで次世代の企業の取り組みを支援すべきである IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代

2013年3月12日アイティメディア★フィードバック数:3企業情報システム

キーマンズが勤怠管理についての調査結果を公開しました。

勤怠管理システムの導入状況(2012年)

キーマンズネットでは、2012年12月18日〜26日にかけて「勤怠管理システムの導入」に関するアンケートを実施した(有効回答数:494)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の49.6%、一般部門が50.4%という構成比であった。今回、お聞きしたのは「導入目的」「満足度」「苦労した点」など、勤怠管理システムの導入状況を把握するための質問。その結果、導入済み企業は56.1%で、導入の主管部署は「人事・総務部門」が大半を占めることなどが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の

人事部門長を対象とした調査です。

国内大手企業380社の人事戦略における意識調査

エスケープナビゲーションパンくずリストERPパッケージのワークスアプリケーションズニュース&トピックスニュース一覧ニュース詳細 【人事部門長アンケート調査】この1年で「グローバル人事」「タレントマネジメント」への関心が急上昇 ~国内大手企業380社の人事戦略における意識調査を実施~ 株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は自社製品「COMPANY」のユーザーである、大手企業の人事部門長における、人事トレンドへの意識および対

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ