調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 人件費増加

「人件費増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費回復のカギを握るのは低所得者対策と原油安だ

リサーチ TODAY2015 年 1 月 9 日消費回復のカギを握るのは低所得者対策と原油安だ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2014年の日本経済が期待外れに終った要因の一つは消費の低迷である。みずほ総合研究所は、消費環境の改善の鍵は低所得者対策と原油安にあると分析した1。下記の図表は年収階層別に増税前後の消費動向をみたものだ。図表から低所得者ほど回復が鈍いことがわかる。高所得者層(第5分位)では、1997年時を上回る駆け込み需要が今回は生じたが、増税直後の落ち込みは小さく、その後需要

2014年12月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費の回復は期待できるのか~消費停滞を脱するカギは低所得者対策と原油安~

みずほインサイト日本経済2014 年 12 月 19 日消費の回復は期待できるのかみずほ総合研究所消費停滞から脱するカギは低所得者対策と原油安調査本部経済調査部03-3591-1418○ 消費増税後の個人消費は、低所得者ほど回復の動きが弱い。この理由として、物価の上昇に対し、賃金の上昇ペースが鈍いことが挙げられる○ 労働者の約4割が働く中小企業は、円安に伴うコスト増もあって、人件費の増加に対し慎重なスタンスを崩していないとみられる○ 個人消費本格回復に向けた当面の課題として、即効性を重視した低所

2013年3月7日みずほ総合研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

高齢者の人件費負担増と高齢者も働く社会

リサーチ TODAY2013 年 3 月 7 日高齢者の人件費負担増と高齢者も働く社会常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2013年4月1日に高年齢者雇用安定法の改正法が施行され、段階的に希望者全員を65歳まで雇用することが企業に義務付けられた。みずほ総合研究所では65歳までの雇用義務化について、先月「希望者全員を65歳まで雇用義務化」と題するリポートを発表した1。我々の基本認識として、65歳までの雇用義務化による企業の負担が大きいなか、いかに高齢者の労働市場への参加促進を実現するかと同時

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ