調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 人件費抑制

「人件費抑制」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

円安に対する埼玉県内企業の意識調査

2015/2/2円安に対する埼玉県内企業の意識調査円安をデメリットと認識する企業が過半数を占める〜 円安進行が人件費抑制につながる可能性も 〜はじめに円相場は2014年12月に終値で1ドル=120円を突破。同年夏まで100円台前半で推移していた相場は短期間で急激に円安が進行した。短期間での想定を上回る為替レートの変動は、海外との直接取引がある企業にとどまらず、間接的に輸入製品、原材料・資源を利用している企業にも大きな影響を与える可能性がある。そこで、帝国データバンク大宮支店は、円安に対する埼玉県

2015年2月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

円安に対する神奈川県内企業の意識調査

2015/1/30円安に対する神奈川県内企業の意識調査円安をデメリットと認識する企業が4割超える〜 円安進行が人件費抑制につながる可能性も〜はじめに円相場は2014年12月に終値で1ドル=120円を突破。同年夏まで100円台前半で推移していた相場は短期間で急激に円安が進行した。2015年に入ってもドル円相場の変動幅は大きく推移している。短期間での想定を上回る為替レートの変動は、海外との直接取引がある企業にとどまらず、間接的に輸入製品、原材料・資源を利用している企業にも大きな影響を与える可能性があ

2015年2月1日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

円安に対する群馬県内企業の意識調査

2015/1/23円安に対する群馬県内企業の意識調査円安をデメリットと認識する県内企業が48.8%と半数に迫る〜 円安進行が人件費抑制につながる可能性も 〜はじめに円相場は2014年12月に終値で1ドル=120円を突破。同年夏まで100円台前半で推移していた相場は短期間で急激に円安が進行した。2015年に入ってもドル円相場の変動幅は大きく推移している。短期間での想定を上回る為替レートの変動は、海外との直接取引がある企業にとどまらず、間接的に輸入製品、原材料・資源を利用している企業にも大きな影響を

2015年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

円安に対する九州企業の意識調査

2015/1/22円安に対する九州企業の意識調査円安をデメリットと認識する企業が44%〜 メリットとの認識は6.7%、円安対策なしは37.3%に 〜はじめに円相場は2014年12月に終値で1ドル=120円を突破。同年夏まで100円台前半で推移していた相場は短期間で急激に円安が進行した。2015年に入ってもドル円相場の変動幅は大きく推移している。短期間での想定を上回る為替レートの変動は、海外との直接取引がある企業にとどまらず、間接的に輸入製品、原材料・資源を利用している企業にも大きな影響を与える可

2015年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

円安に対する東北6県企業の意識調査

2015/1/22円安に対する東北6県企業の意識調査半数の企業が円安をデメリットと認識〜 円安対策が人件費や雇用の抑制につながる可能性も 〜はじめに円相場は2015年1月に終値で1ドル=118円を記録。2014年夏まで100円台前半で推移していた相場は短期間で急激に円安が進行した。短期間での想定を上回る為替レートの変動は、海外との直接取引がある企業にとどまらず、間接的に輸入製品、原材料・資源を利用している企業にも大きな影響を与える可能性がある。そこで、帝国データバンク仙台支店は、円安に対する東北

2015年1月19日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

TDBの調査です。

円安に対する企業の意識調査

2015/1/19円安に対する企業の意識調査円安をデメリットと認識する企業が半数に迫る 〜 円安進行が人件費抑制につながる可能性も 〜はじめに円相場は2014年12月に終値で1ドル=120円を突破。同年夏まで100円台前半で推移していた相場は短期間で急激に円安が進行した。2015年に入ってもドル円相場の変動幅は大きく推移している。短期間での想定を上回る為替レートの変動は、海外との直接取引がある企業にとどまらず、間接的に輸入製品、原材料・資源を利用している企業にも大きな影響を与える可能性がある。

企業内での世代ごとの賃金問題です。

大企業における「2020年問題」~バブル・団塊ジュニア世代の高齢化による人件費負担増~

大企業における「2020年問題」~バブル・団塊ジュニア世代の高齢化による人件費負担増~ ○わが国の雇用や賃金における大企業の存在感は大きい。もっとも、足元では雇用に不足感が出始めたものの、大企業の人件費抑制姿勢は根強いままである。これまで、大企業では人件費抑制のために非正規雇用の拡大や若年雇用の抑制といった方法が採られてきた。また、団塊世代が賃金水準のピークを越えたことや退職が本格化し始めたことも、人件費の圧縮に繋がっている。○現在、大企業はバブル・団塊ジュニア世代の高齢化による人件費の増加とい

今後の賃金動向についてのレポートです。

賃金は上がるのか?

2013年03月27日○1990年代後半、国内景気が悪化し、企業の人件費抑制姿勢が強まったことを受けて、賃金は減少傾向に転じた。年功序列から成果主義へと賃金制度の見直しが進んだことで、所定内給与が上がりにくくなった上、企業収益の増加は賃金に十分に反映されず、ボーナスも減少してきた。○業種別に見ると、製造業の賃金は緩やかに増加しているが、非製造業では大きく減少し全体の賃金を押下げている。製造業では雇用者数の削減によって人件費を減らした一方、非製造業では雇用の非正規化を進めることで人件費の増加を抑制

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ