「人口減少」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月31日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査(2017年7月)

2017/8/24 人手不足に対する企業の動向調査(2017年7月)企業の45.4%で正社員不足、過去最高を更新〜正社員は「情報サービス」、非正社員は「飲食店」で深刻〜はじめに有効求人倍率が43年ぶりの高水準となるなど労働市場がひっ迫するなか、アベノミクスの成長戦略を進めていくうえで人手不足の深刻化が成長を抑制する懸念も高まっている。また、人口減少にともなう生産年齢人口の減少や、働き方改革の進捗は重要性を増している。人手不足は求職者に好材料となる一方、企業にとっては人手不足の長期化で人件費上昇な

2017年5月29日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年「全国新設法人動向」調査

公開日付:2017.05.19 2016年(1-12月)に全国で新しく設立された法人(以下、新設法人)は12万7,829社だった。社数は7年連続で前年を上回ったが、増加率は2年連続で低下し2.1%増にとどまった。業種別では、「宿泊業」が2016年の訪日外国人観光客数が2,403万人(前年比22%増、国土交通省)と過去最高に達したことや、先行きの東京五輪・パラリンピック開催などを背景に前年比40.6%増と伸び率が最大になった。これに対し、起業ラッシュが一服した太陽光発電を含む「電気・ガス・熱供給・

2017年2月14日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

2016年 全国社長の年齢調査

公開日付:2017.02.03 2016年の全国社長の平均年齢は、前年より0.3歳上昇し61.19歳に達した。団塊世代の社長交代が進まず、高齢化が顕著になった。社長の年齢上昇に伴い業績が悪化する傾向も強まっている。ビジネスモデルの劣化や後継者難などで事業承継が難しい企業は、自主的な休廃業・解散にも繋がり、2016年の休廃業・解散は過去最多の2万9,583件を記録している。社長年齢の上位県には東北、四国など人口減少率の高い地域が並び、人口が減少する中で企業の新陳代謝が進まない地方の窮状も透けて見え

2016年12月8日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

平成27年国勢調査(人口等基本集計)結果の公表―「初の人口減少」確定に当たって―

ここから本文です。統計Today No.115平成27年国勢調査(人口等基本集計)結果の公表 ―「初の人口減少」確定に当たって― 総務省統計局統計調査部 国勢統計課長 栗田 奈央子 平成27年10月1日現在で実施した国勢調査につきましては、去る平成28年10月26日に、人口等基本集計結果を公表しました。この集計は、全ての調査票を集計し我が国の人口や世帯等の全体像を把握することができる平成27年国勢調査の確定値となります。御回答いただいた皆様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。今回、大正9年

2016年10月3日内閣府★★フィードバック数:0社会/政治

地域の経済2016-人口減少問題の克服-

地域の経済2016-人口減少問題の克服-目次第1章 地域別にみた経済の動向第2章 少子高齢化・人口減少と地域の経済第3章 少子高齢化・人口減少と地方財政の課題問い合わせ先 内閣府 政策統括官(経済財政分析担当)付参事官(地域担当)付電話 03-6257-1576(直通) HPからのお問い合わせは、こちらからお願いします 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office, Governme

2016年7月11日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0社会/政治

2015年「全国社長出身地」調査

公開日付:2016.07.06 都道府県別の社長「輩出率」で徳島県が2年連続でトップになった。また、社長が出身地にとどまる「地元率」のトップは、沖縄県の94.2%だった。本調査は、東京商工リサーチの企業データベース280万社(2015年12月時点)の代表者データ(個人企業を含む)で出身地を抽出し、集計した。調査は2010年から実施し、今回が6回目。社長の出身地、最多は東京都、最少は鳥取県 社長の出身地の都道府県別は、最多が東京都の7万8,925人だった。次いで、北海道5万3,132人、大阪府4万

2016年3月9日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

統計ア・ラ・カルト第101号「平成27年国勢調査速報結果を公表しました!」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第101号「平成27年国勢調査速報結果を公表しました!」平成27年国勢調査速報結果を公表しました!埼玉県の人口は726万1,271人~平成22年調査に比べ6万6,715人(0.9%)増加~県では、平成27年10月1日現在で実施された平成27年国勢調査の速報結果を公表しました。国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査で、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法に基づいて5年に一度実施されます。大正9年に調査が始まり、

2016年1月27日岩内町フィードバック数:0社会/政治

岩内町総合戦略の策定に向けたアンケート調査

岩内町総合戦略等の策定に向けたアンケート調査結果 町では、人口減少対策に向けた取り組みなどを掲載した「岩内町総合戦略」を今年度末までの策定を目指して進めております。また、総合戦略の策定に向けて、町民の皆様からのご意見やご要望などを把握するため、昨年11月に町民向けに3種類のアンケート調査を行ったほか、首都圏在住者を対象にインターネット上での岩内町の認知度や移住の意向などに関するアンケート調査を行いました。そのアンケート調査結果についてお知らせします。 お問合せ先 : 企画経済部企画産業課(企画担

2015年11月25日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉大学と共同した住民意識調査結果 ― 人口減少に対応した地域づくり ―

ここから本文です。埼玉大学と共同した住民意識調査結果 ― 人口減少に対応した地域づくり ― 部局名:企画財政部課所名:計画調整課担当名:評価担当担当者名:廣田  県では埼玉大学と共同し、人口減少社会における政策形成に資するデータを得るための住民意識調査を実施しました。 調査の結果がまとまりましたので公表いたします。調査について1 調査の概要(1)対象 県内7市町の各500人(合計3,500人) (川越市、秩父市、本庄市、戸田市、幸手市、小川町、鳩山町) (2)抽出方法 各市町の選挙人名簿から無

2015年10月28日厚生労働省★★フィードバック数:0社会/政治

人口減少社会に関する意識調査

平成27年10月27日【照会先】政策統括官付政策評価官室アフターサービス推進官 土肥 克己室長補佐 肥沼 由佳(代表電話) 03(5253)1111 (内線 7777)(直通電話) 03(3595)2160 報道関係者各位「人口減少社会に関する意識調査」の結果を公表します 厚生労働省は、「人口減少社会に関する意識調査」を実施し、その結果をとりまとめましたので、公表します。この調査は、人口減少社会に関する意識の傾向を捉え、「平成27年版厚生労働白書」の作成などに当たっての資料を得ることを目

2015年9月9日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ホームセンター小売市場に関する調査結果 2015

2015年09月09日 ホームセンター小売市場に関する調査結果2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のホームセンター小売市場の調査を実施した。1. 調査期間:2015年5月~7月2. 調査対象:DIY・ホームセンター業界に携わる小売業者、メーカー・卸売業者3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話、FAX、郵送によるヒアリング、ならびに文献調査併用調査結果サマリー◆国内のホームセンター小売市場は4兆円を目前に横ばい・微減傾向が続く一般社団法人日本ドゥ・イット・ユアセ

2015年6月22日野村総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

NRIの推計です。

2018年、2023年、2028年および2033年における日本の総住宅数・空き家数・空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)を予測

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2015年6月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

人口減少と地域金融機関の収益低下にどう対処するか

人口減少と地域金融機関の収益低下にどう対処するか

2015年6月3日電通★フィードバック数:0社会/政治

電通の調査です。

地方創生に関する意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 全国1万人規模で「地方創生に関する意識調査」を実施2015年6月3日電通、全国1万人規模で「地方創生に関する意識調査」を実施株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、国民の地方創生に関する認知度や意識を把握するため、2015年4月に全国の10代~60代の1

2015年5月29日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

日銀のレポートです。

金融システムレポート別冊「人口減少に立ち向かう地域金融 ― 地域金融機関の経営環境と課題 ― 」

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 人口減少に立ち向かう地域金融地域金融機関の経営環境と課題2015年5月29日日本銀行金融機構局要旨地域金融機関の収益力は、2000年代以降、趨勢的に低下してきた。長期にわたる超低金利環境の継続というマクロ的な要因に、人口減少等の構造的な下押し圧力が、地域経済により強く働いてきたことによるものである。人口動態は今後も「逆風」として働くとみられるが、地域金融機関は、これに立ち向かうべく、様々な取り組みを行っている。まず挙げ

県内市町村の人口は4年前比+12~▲5千人、+5%~▲9%

わたしの意見 ― 水野 創県内市町村の人口は4年前比+12〜▲5千人、+5%〜▲9%(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年5月20日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 人口動向の分析や中長期展望は「地方創生」の第一歩だ。ここでは千葉県内の人口について、前年、4年前と比較(差・比)して整理し、展望につなげたい。表では各項目について県内で大きい方から5位以内の市・町を取り上げている。人口増加が大きい市の強みは、便利(東京への近さ)、快適(再開発)、安全(東日本

2015年5月19日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

科学的に分析しています。

サードセクターガバナンスと地方創生

サードセクターガバナンスと地方創生概要「まち・ひと・しごと創生法」のもとで、人口減少対策と地域経済活性化対策が縦割り行政を排して一体的に進められている。サードセクターは、人口規模が小さく、人口減少が進む地域ほど常勤雇用の機会を提供しており、地方創生の担い手としての役割が期待される。一方、サードセクターの法制度は、一般社団・財団制度という一般法による団体と特別法による省庁縦割りの団体が併存する。地方創生においては、自治体が地域の実情に応じた独自の振興策をすすめ、その担い手となるべきサードセクターと

2015年5月6日中央調査社フィードバック数:0ライフスタイル

from 二次医療圏データベース to 地域医療構想会議

■「中央調査報(No.690)」より ■ from 二次医療圏データベース to 地域医療構想会議国際医療福祉大学大学院教授 高橋 泰 日本の医療提供体制が、「人口“増加” 社会対応」型から「人口“減少” 社会対応」型に向けて、大きく舵を切り始める。日本を300以上の地域に分割した構想地域ごとに、各構想地域の「医療資源量」と「将来の医療需要」をもとに、構想地域ごとの医療提供体制のあるべき姿を考える地域医療構想会議が2015年度から始まる。この事態は、筆者が2010年の春頃に夢見た光景そのものと言

2015年4月24日参議院フィードバック数:0社会/政治

人口減少による消滅可能性都市の衝撃

人口減少による消滅可能性都市の衝撃

2015年4月21日野村総合研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

NRIのレポートです。

人口減少下における人手不足問題の見通し

人口減少下における人手不足問題の見通し

2015年4月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

人口減少と地域疲弊の関係 ~都道府県別・年代別の人口移動分析~

人口減少と地域疲弊の関係 ~都道府県別・年代別の人口移動分析~

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年「全国社長 出身地・出身校」調査

公開日付:2015.04.08 都道府県別の社長「輩出率」では徳島県がトップになった。ただし、輩出率の高止まりには歯止めがかからない地方の人口減少が影を落としている。社長の出身地と会社所在地を対比した「地元率」では、最も高率を示したのは沖縄県の94.4%だった。本調査は、東京商工リサーチの企業データベース約269万社(2014年12月時点)の代表者データ(個人企業を含む)から、出身地や出身校を抽出し集計した。本調査は2010年から5回目。 社長の出身地の都道府県別では、最多は東京都の7万4,86

2015年4月7日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

プロダクト・イノベーションと経済成長 PartⅣ:高齢化社会における需要の変化

ノンテクニカルサマリー プロダクト・イノベーションと経済成長 PartⅣ:高齢化社会における需要の変化吉川 洋 (ファカルティフェロー) 安藤 浩一 (中央大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新

2015年4月3日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

国土交通政策研究所のレポートです。

空地等の発生消滅の要因把握と新たな利活用方策に関する調査研究

空地等の発生消滅の要因把握と新たな利活用方策に関する調査研究◆要旨 人口減少・高齢化社会が進行する中、増加が懸念される空地等が引き起こす様々な問題について解決するとともに、未然に問題の発生を防ぐことが必要とされる。また、東日本大震災を受け、自然災害に強い国土・地域づくりが喫緊の課題となっているとともに、低炭素型社会形成の必要性などから、集約型都市構造への転換が急務となっている。空地等を活用し、これらの問題への対処方策を考えようとするとき、時間的、空間的、地勢的に正確に現象を把握しなければ空地等の

将来推計です。

「中部5県マクロ計量モデル」の開発と応用 人口減少社会における地域経済の長期予測2015-2040

「中部5県マクロ計量モデル」の開発と応用 人口減少社会における地域経済の長期予測2015-2040

2015年3月29日中部経済連合会★★フィードバック数:0社会/政治

人口減少についてのレポートです。

中部圏の人口減少に関する調査報告 ~データから見た中部圏の現状、将来の姿、未来からの警鐘~

ホーム > 提言・要望活動 > 中部圏の人口減少に関する調査報告 ~データから見た中部圏の現状、将来の姿、未来からの警鐘~提言・要望活動中部圏の人口減少に関する調査報告 ~データから見た中部圏の現状、将来の姿、未来からの警鐘~ (一社)中部経済連合会 調査部 井神いかみ

2015年3月29日岩手県フィードバック数:0社会/政治

岩手県の人口

岩手県の人口岩手県の人口について 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、本県の総人口は2040年には93万8,104人になると見込まれており、2010年の133万147人と比較してマイナス29.5%と大幅な減少が見込まれています。 岩手県では、以前から人口減少問題を重要な政策課題と捉え、「いわて県民計画」アクションプランにおいて人口の社会減を減らす取組を進めてきました。 今後も、定住や少子化対策、子育て支援などの施策について、全庁を挙げて取り組んでいくこととしています。岩手県の人口

2015年3月8日電通フィードバック数:0マーケティング

動画視聴に変化をもたらしたインターネット環境

動画視聴に変化をもたらしたインターネット環境加速する動画の「オムニ視聴」 №12015/02/26動画視聴に変化をもたらしたインターネット環境激動の時代を迎えている情報メディア産業。電通総研では、多様化する情報メディアに関して、産業と利用動向の今を追い、毎年1冊の白書にまとめ続けている。このほど22冊目となる最新版『情報メディア白書2015』がダイヤモンド社から刊行された。これを記念し、同書の巻頭特集「加速する『動画のオムニ視聴』」を当連載で紹介したい。通信の高速化と大容量化をベースにしたインタ

韓国労働研究院(KLI)が2015年の雇用展望を公表

韓国労働研究院(KLI)が2014年10月末までの統計を基にとりまとめた、2015年の雇用展望の概要を紹介する。2014年の労働市場についてKLIによる2014年の労働市場の評価は次のとおりである。2014年1月から10月までの間の就業者の増加数は、前年同期比で554,000人であった。年齢別の内訳では、10代(15~19歳)では24,000人の増加、20代では59,000人の増加、30代では19,000人の減少、40代では45,000人の増加、50代では246,000人の増加、60歳以上で19

2015年2月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

地方創生に対する東北6県企業の意識調査

2015/2/10地方創生に対する東北6県企業の意識調査企業の約7割が地方創生に関心〜 地方創生に向けた政策、若年世代の支援を重視 〜はじめに日本経済の発展には地域経済の活性化が欠かせない。2014年11月21日に可決・成立した「まち・ひと・しごと創生法案」及び「地域再生法の一部を改正する法律案」では、人口減少・超高齢社会への取り組みとして地方創生を掲げている。また、1月20日には内閣府地方創生推進室が設置され、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部とともに安倍政権における地方創生の動きが本格化して

2015年2月11日岩手県フィードバック数:0社会/政治

岩手県の人口

岩手県の人口岩手県の人口について 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、本県の総人口は2040年には93万8,104人になると見込まれており、2010年の133万147人と比較してマイナス29.5%と大幅な減少が見込まれています。 岩手県では、以前から人口減少問題を重要な政策課題と捉え、「いわて県民計画」アクションプランにおいて人口の社会減を減らす取組を進めてきました。 今後も、定住や少子化対策、子育て支援などの施策について、全庁を挙げて取り組んでいくこととしています。岩手県の人口

2015年1月26日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

TDBの調査です。

地方創生に対する企業の意識調査

2015/1/26地方創生に対する企業の意識調査企業の半数超が地方創生に関心、人口減少地域で高水準 〜 地方創生に向けた政策、若年世代の支援を重視 〜はじめに日本経済の発展には地域経済の活性化が欠かせない。2014年11月21日に可決・成立した「まち・ひと・しごと創生法案」及び「地域再生法の一部を改正する法律案」では、人口減少・超高齢社会への取り組みとして地方創生を掲げている。また、1月20日には内閣府地方創生推進室が設置され、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部とともに安倍政権における地方創生の

2015年1月21日日本政策投資銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

都市、人口の動向です。

人口減少時代における広島都市圏の現状と女性の就業状況 -国勢調査にみる人口動向を中心に-

人口減少時代における広島都市圏の現状と女性の就業状況 -国勢調査にみる人口動向を中心に-

妊産期を逃さない女性活用を。- 未来へ続く、限りある時間を知るために

妊産期を逃さない女性活用を。- 未来へ続く、限りある時間を知るために | ニッセイ基礎研究所 妊産期を逃さない女性活用を。- 未来へ続く、限りある時間を知るために 生活研究部 研究員 天野 馨南子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 【人口減少→労働力減少→女性活用→人口減少、では意味がない】総務省の人口推計をもとに厚生労働省が作成した「日本の人口の推移」の図を下に

2014年11月30日信金中央金庫★フィードバック数:0社会/政治

人口減、高齢化の影響検討です。

都道府県の経済構造からみた資金流出入-人口減少・超高齢化に伴う地方からの資金流出について検討-

都道府県の経済構造からみた資金流出入-人口減少・超高齢化に伴う地方からの資金流出について検討-

2014年11月20日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

地方の人口減少についての調査です。

人口減少時代の地方創生の鍵は雇用創出

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート 地域活性化・地方創生 2014年11月20日コンサルティング・ソリューション第三部 主任コンサルタント 米川 誠◆政府の人口減少対策の基本理念を示した「まち・ひと・しごと創生法案」など地方創生関連2法案が今国会中に成立する見通しとなった。現在、「まち・ひと・しごと創生本部」において、人口減対策について国や自治体が取り組む「総合戦略」と、50年後を見越した「長期ビジ

「野村資本市場クォータリー」2014年秋号

プライマリー・バランス 赤字半減目標から逃げてはならない 増田寛也 日本創成会議・人口減少問題検討分科会座長/ 東京大学大学院客員教授に聞く 「人口減少・地方消滅危機とこれからの日本」 本格的に動き出す個人金融資産:相続に着目して 地域教育資金形成制度 −米国529プランの発展に見る州政府発の知恵− 一極集中・少子高齢化の進む東京都民のライフ・プランニング 人口減少時代の地域銀行に求められる経営課題 −地域銀行の再編の背景と論点− フランスにみる協同組合金融機関改革 −ク

2014年11月9日農林水産省★フィードバック数:0社会/政治

農村、農業集落についての調査です。

人口減少下における集落の小規模化・高齢化と集落機能~農業集落の動態統計分析と将来推計から~

人口減少下における集落の小規模化・高齢化と集落機能~農業集落の動態統計分析と将来推計から~

2014年11月6日商工中金★フィードバック数:0社会/政治

人口減少についてのレポートです。

地方を襲う人口減少

地方を襲う人口減少

人口問題研究  第70巻 第3号 (2014年9月刊)

刊行物(シリーズ別)目次ページ人口問題研究【特集:第18回厚生政策セミナー「国際人口移動の新たな局面〜『日本モデル』の構築に向けて」】 人口減少下の国際人口移動の意味―第18回厚生政策セミナーに寄せて― 国際人口移動の現代的展望―日本モデルは可能か― 近年の世界の国際人口移動から見た日本への含意―オーストラリアからの視座― 日本の国際人口移動―人口減少問題の解決策となりうるか?― 国際人口移動に対する政策的管理の実効性と限界 日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)―2010(平成22)年

2014年10月20日内閣府★★フィードバック数:0社会/政治

人口減少など将来についての世論です。

人口、経済社会等の日本の将来像に関する世論調査

人口,経済社会等の日本の将来像に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.日本の未来像について(1) 日本の未来に対する意識(2) 目指すべき社会像(3) 自身の将来に対する意識2.人口減少・少子高齢化について(1) 人口減少に対する

2014年10月2日山梨総合研究所フィードバック数:0社会/政治

人口減少社会(2)

人口減少社会(2)

2014年9月29日岩手県フィードバック数:0社会/政治

岩手県の人口

岩手県の人口岩手県の人口について 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、本県の総人口は2040年には93万8,104人になると見込まれており、2010年の133万147人と比較してマイナス29.5%と大幅な減少が見込まれています。 岩手県では、以前から人口減少問題を重要な政策課題と捉え、「いわて県民計画」アクションプランにおいて人口の社会減を減らす取組を進めてきました。 今後も、定住や少子化対策、子育て支援などの施策について、全庁を挙げて取り組んでいくこととしています。岩手県の人口

人口1億人目標と地方経済~地方は千差万別ながらも集積、独自性の共通課題も

人口1億人目標と地方経済~地方は千差万別ながらも集積、独自性の共通課題も | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 人口1億人目標と地方経済~地方は千差万別ながらも集積、独自性の共通課題も人口1億人目標と地方経済~地方は千差万別ながらも集積、独自性の共通課題も 経済研究部 研究理事 チーフエコノミスト 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら

2014年9月16日Huffington Postフィードバック数:0社会/政治

人口減少に関する住民意識

人口減少に関する住民意識~独自アンケートの調査結果(一井暁子) 日本創成会議が5月に発表した人口推計を、一つのきっかけとして、人口減少問題が、一気にクローズアップされています。まち・ひと・しごと創生本部の設置や、石破地方創生担当大臣の就任といった国の動きは、皆さん、既にご承知だと思いますし、全国の自治体でも、対策本部やプロジェクトチームの設置が進んでいます。都道府県や市町村の議会においても、多くの議員が、危機感を持ってこの問題を取り上げ、活発な議論が行われています。来年度予算では、国も地方も、多

2014年9月15日一橋大学フィードバック数:0社会/政治

人口減少・超高齢化を乗り切るための地域包括ケアコンパクトシティ構想 - 財政の視点から -

人口減少・超高齢化を乗り切るための地域包括ケアコンパクトシティ構想 - 財政の視点から -

2014年9月4日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:0社会/政治

地方の人口減少についてのレポートです。

地方圏・東京圏における若年層の人口移動

地方圏・東京圏における若年層の人口移動 | ニッセイ基礎研究所 地方圏・東京圏における若年層の人口移動 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1― はじめに2― 東京圏と地方圏の人口移動の現状-地方圏からの若者の転出超過3― 東京圏と地方圏の長期的な人口移動の特徴-東京圏の転入超過は転出者数の減少による4― 東京圏と地方圏の

千葉県の人口は増加基調を持続-自然増減の影響には差

わたしの意見 ― 水野 創千葉県の人口は増加基調を持続−自然増減の影響には差(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」8月7日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 千葉県の7月1日現在の人口、6月中の人口動態が発表された(8月1日)。4月以降の増加基調を維持しており、グラフを見ると、前年の動きとともに、東日本大震災前の2010年の動きともほぼ同様の動きになっていることが分かる(図表1) 。今年は2010年に比べ多少勢いが弱いように見えるが、これは自然増減(出生―死亡)が減

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ