調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 人材マネジメント

「人材マネジメント」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月23日カオナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「社内コミュニケーションと働き方」に関する調査

【調査】社内から「顔と名前を覚えてもらっている」と感じる人ほど 離職意向は低下傾向に。「覚えられていない」と感じる人に比べ、3割以上も低いことが判明~顔と名前が覚えられている人ほど、会社への満足度、仕事へのモチベーションが高い傾向に~ 働き方改革をリードする株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役社長 柳橋 仁機)が運営する、HRテクノロジーや組織・人事領域の先端研究機関「カオナビHRテクノロジー総研」は、20代~50代の会社員、男女600名を対象に「社内コミュニケーションと働き方」に関す

PwCのレポートです。

成長に向けた新たな視点 人材マネジメントの最新動向2014年

成長に向けた新たな視点 人材マネジメントの最新動向2014年 先般発行したレポート『未来の働き方‐2022年までの変遷と展望』でも指摘されたように、雇用や労働の世界がどこへ向かっているのか、それが企業や人材マネジメントにとって何を意味するのかについて慎重に検討しなければならない時期にきています。例えば、景気回復期における新興市場の本質や労務管理、多様性と信頼関係が果たす役割、さらには人事部門のあり方についてすら見直す必要があります。今回の調査では、過去の習慣を打破して考え直すことで、他社

2015年2月13日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

これから求められるリーダー像と、その見極め・育成の方法

これから求められるリーダー像と、その見極め・育成の方法 経営人材をどのようにして見極めていくのか日本企業の人事が最も重要視し、しかし取り組み成果が最も不十分だと認識しているテーマが、次期経営人材の選抜と育成である。このテーマに関してコンサルタントとして長きにわたり携わってきた身としても、まだまだ力不足を感じる次第である。HRプロが発表した最新の「人事白書2014」では、次世代リーダーの育成(対象者は主に事業部長~課長)に関して、大企業では54%の企業が取り組んでいることが明らかになっている。10

2014年11月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2025年 人材マネジメントの大転換

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>ヒューマンリソース 2025年 人材マネジメントの大転換『ベビー&キッズサポート』の時代! 2014年11月7日経営コンサルティング部 主任コンサルタント 柳澤 大貴◆本5回シリーズでは、第1回から第3回までが2025年へ向けての人口動態、消費動向、労働力市場の変遷について、第4回はライフスタイルの変貌について考察した。最終回は人材に注目して考察を行う。◆

2014年9月3日日本政策投資銀行フィードバック数:0ビジネス

バリューチェーンコア企業の「長期的視点」と「人材マネジメント」~地域活性化の「コア」となり得るバリューチェーンコア企業の重要性~

バリューチェーンコア企業の「長期的視点」と「人材マネジメント」~地域活性化の「コア」となり得るバリューチェーンコア企業の重要性~

CEO調査です。

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題

技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、それに伴って事業環境も変化しています。こうした流れは、人材マネジメントにもはっきりと大きな影響を及ぼしています。メガトレンドによって、グローバル企業のスキルマップが書き換えられているのです。特定のスキルに対する需要が高まり、それと同時に供給側も大きく変化しているこの時代、CEOにとって長年の悩みの種であった優秀人材の確保をさらに難しくしています。世界のメガトレンドから予測すると事態は厳しさを増す一方だと思われます。小手先の対

グローバル人材マネジメントの視界

2014/05 (2014 Vol.2) 「季刊 政策・経営研究」は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの機関誌です。特集:グローバル人材マネジメントの視界第1回地域経営グローバル化戦略シンポジウムパネルディスカッション議事録「留学生が活躍できる未来をつくるために」 【パネリスト】学校法人立命館 総長特別補佐 モンテ・カセム 氏日東電工株式会社 人財統括部人事部採用グループ長 中村 亜津子 氏九州グローバル産業人材協議会 事務局長・学校法人麻生塾 高録 秀敏 氏大阪府 府民文化部 国際交流監 

未来の人材マネジメントを、人事はどのように考えているのか(2)

私たちが行った2つの調査結果から見えてきたことを紹介(4)中高年人材について、期待以上に活躍しているという認知は低い出典:小社(2013) 『今後の人材マネジメントに関する調査』  多くの企業が今以上に活用していきたいと考えている「中高年人材」だが、現状は、期待を上回る活躍をしているとはあまり考えられていない。図8によれば、中高年社員の働きぶり(年収カーブ変化後)は期待どおりが半数以上で、期待以下という回答も30%を超えている。中高年人材の活躍の場が減っている企業も多い(図9)。中高年人材は

未来の人材マネジメントを、人事はどのように考えているのか(1)

私たちが行った2つの調査結果から見えてきたこと 国内での人口減少、高齢化、またグローバル化が進む現代では、日本企業の人事的な課題も一昔前とは様変わりしつつある。そのようななか、未来に向けて人材マネジメントをどのように変革していくか。今後、どのような課題が出てきて、それに対してどのような施策が必要になると考えているか。人事担当者の認識を知りたいと思い、2013年、私たちは2つの調査を実施した。『今後の人材マネジメントに関する調査』※1と『人材マネジメント実態調査』※2である。2030年の「働く」に

2013年7月21日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

新しい事業を創造するための企業内の人材マネジメントの在り方を考える研究会 報告書

新しい事業を創造するための企業内の人材マネジメントの在り方を考える研究会 報告書

CEO対象の調査です。

人材マネジメント戦略への挑戦-従来にない卓越した指導力が求められる時代-

人材マネジメント戦略への挑戦‐従来にない卓越した指導力が求められる時代‐ PwC「第16回世界CEO意識調査」は、世界の企業のリーダーがこれまで同様に困難な市場の状況に直面していることを明らかにしました。向こう1年で世界経済が改善すると予想するCEOは5人に1人に過ぎず、70%のCEOがコスト削減を決意しています。市場間の差が顕著になる中で、CEOは、成長の速度が異なる世界市場の舵取りをしていかねばならず、人材の需給マッチに常に頭を悩ませています。そればかりでなく、あたかも彼らの取り組み

従業員の意識と人材マネジメントの課題に関する調査

従業員の意識と人材マネジメントの課題に関する調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ