「人民元」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

遂にギリシャがユーロ離脱へ向かうのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 遂にギリシャがユーロ離脱へ向かうのか?次の脅威は「Spexit」や「Italexit」。ギリシャ情勢の今後の見通し 2015年6月26日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆2015年6月25日、緊急のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)が前日に続きブリュッセルで開催され、ギリシャへの第2次支援プログラムの最終合意について協議が行われた。債権団側は、ギリシャの新改革案に対する修正案

2015年6月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アジア経済と中国リスク

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年6月25日経済調査部 主席研究員(アジアリサーチ・ヘッド) 児玉 卓アジア各国・地域の1-3月期の成長率はまちまちながらも、数で言えば「減速組」が勝る結果となった。そこには中国、韓国、台湾、香港、インドネシア、フィリピンが含まれる。「加速組」はインド、タイ、シンガポールなどに留まる(変化率は断りのない限り前年比)。一方、「地域」単位で見ると、比較的強さが感じられるのが中東欧である。例えばチェ

2015年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

大詰めを迎えたギリシャ問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 大詰めを迎えたギリシャ問題第2次支援延長の最後のハードルはギリシャ議会? ◆ギリシャの財政支援問題が、6月30日の期限切れを前にいよいよ大詰めを迎えている。6月22日のユーロ圏財務相会合とユーロ圏首脳会議は結局、大きな進展なく終わった。ただ、その直前にギリシャが新たな改革案を提示しており、これをたたき台として24日に改めてユーロ圏財務相会合が開かれることになった。ここで協議をまとめ、25日と26日の日

2015年6月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2015.6)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2015年6月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRBは生産性低下をどのように捉えているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FRBは生産性低下をどのように捉えているのか FRB(連邦準備制度理事会)が年内に利上げを実施する可能性が高くなったが、利上げペースは非常にゆっくりとしたものになるという見方が大勢のようだ。ただし、米国でインフレ圧力が増しているとされる根拠は、雇用の回復で労働市場のスラック(余剰資源)が減少していることだけでなく、潜在GDPの下方修正が続き、供給側の要因からGDPギャップが縮小していることによる。FO

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景気は2015年7~9月に下げ止まりも

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:景気は2015年7~9月に下げ止まりも金融緩和効果発現と不動産投資の底打ち・緩やかな回復に期待 ◆2015年1月~5月の固定資産投資は前年同期比11.4%増と、1月~4月の同12.0%増から一段と減速し、輸出も5月まで3ヵ月連続で前年割れとなるなど冴えない状況が続いている。◆大和総研は、中国の景気は7月~9月にも下げ止まると見ているが、その後の回復力は強くないであろう。◆地方政府融資平台(中国版

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 内需が主役の景気回復

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 内需が主役の景気回復デフレ懸念は後退したが、インフレ懸念にはまだ早い ◆ユーロ圏の2015年1-3月期のGDP成長率は、前期比+0.4%の堅調な伸びとなった。個人消費(同+0.5%)のみならず、固定資本形成(同+0.8%)と政府消費(同+0.6%)も成長に貢献した。消費回復には原油安効果に加えて、就業者増と賃金上昇率の加速も追い風となっている。なお、4月以降の消費者信頼感は改善が頭打ち

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済 労働市場の改善で年内利上げへ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済 労働市場の改善で年内利上げへ製造業の停滞と期待される家計関連需要の増加 ◆6月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策が維持された。今回のFOMCからいつでも政策変更を判断するとされていたが、1-3月期の実質GDP成長率が下方修正されてマイナス成長に転じ、想定通りの結果となった。◆年内に利上げ開始の可能性が高いことが強調されたが、イエレン議長の記者会見では、最初の利上げ時期

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC ハト派の印象を与えたイエレン議長

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC ハト派の印象を与えたイエレン議長景気認識は上方修正、先行きの見方も明るさを増す ◆2015年6月16日-17日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策を維持し、保有する資産規模を維持することを決定した。今回のFOMCからいつでも政策変更を判断するとされていたが、1-3月期のGDP成長率が下振れし、ゼロ金利政策維持は想定通りの結果である。◆今回のFOMCにおける米国

2015年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年6月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2015年6月号)2015年6月8日発表分までの主要経済指標 GDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェ

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年内利上げ開始の可能性が高まる

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 年内利上げ開始の可能性が高まる2015年5月の米雇用統計:雇用者数の増加ペースが加速 ◆5月の非農業部門雇用者数は前月から28.0万人増加した。過去分についても上方修正され、減速していた雇用者数の増加ペースが加速する結果となった。業種別では、天候要因による下押しからの揺り戻しで、企業向けサービス、娯楽・レジャーなどのサービス業で雇用が大幅に増加した。一方、鉱業・林業などでは雇用者数は引き続き減少した。

2015年6月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2015年6月号)

最近の人民元と今後の展開(2015年6月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2015年6月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎○ 5月の人民元相場(対米国ドル)は基準値・現物実勢ともにほぼ横這いで推移した。5月は米国ドルが全面高の様相を呈していたが、その中で人民元(現物実勢)が下落しなかった背景には中国人民銀行が基準値を高めに設定し続けたことがある。○ 当面の人民元(現物実勢)はボックス圏での推移を予想している(取引レンジは1米国ドル=6.12~6.27元)。米国では

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国の金融政策の現状と問題点、必要とされる将来への備え

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国の金融政策の現状と問題点、必要とされる将来への備え『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 中国人民銀行はマーケット機能を重視した金融政策体系の構築に取り組んできたが、それでもなお中国で最も有効な金融政策は窓口指導や貸出総量規制である状況に変わりはない。足元の景気下振れリスクの増大に対応するため、中国は金融緩和を実施している。中小・零細企業向けの貸出を増やすという中国人民銀行の政

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の出口に向けた課題と展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国金融政策の出口に向けた課題と展望『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 FRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和の第3弾であるQE3は、2014年10月に終了した。FRBは市場にショックを与えないよう、FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文を徐々に修正し、利上げに向けた環境整備を進めている。米国の労働市場の改善は進み、残る賃金上昇などの課題はばらつきがあって、さらなる改善には

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

未知の世界に挑むECB

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 未知の世界に挑むECB~ついに国債買取を開始~『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 1999年に設立されたECB(欧州中央銀行)は現在、欧州19カ国の金融政策を一機関で担当しているユニークな中央銀行である。2007年以降、ECBは金融危機、ユーロ圏債務危機、そしてデフレ懸念と次々に新しい問題に直面し、事態打開のために様々な「非伝統的な金融政策」を繰り出してきた。2015年1月には

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

景気底割れ回避に腐心する中国

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の低調な1-3月期のGDP統計の結果を受け、当社では2015年の米国の実質GDP成長率の見通しを2.8%から2.3%に下方修正した。ただし米国の停滞は一時的なものと予想され、6月の利上げの可能性は低いにせよ、「年内のある時期に利上げ開始が適当」というイエレンFRB議長の発言からも、FRBが金利正常化に着手するタイミングは徐々に近づいている。一方、1-3月期に6年ぶりの低成長となった中国では、その後

2015年5月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2015.5)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 反動増は起きているが

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 反動増は起きているが悪天候などの一時的要因からの回復はまちまち 2015年5月22日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、想定通り、事実上のゼロ金利政策が維持された。声明文と同会合の議事録からは、FOMC参加者は、1-3月期の経済の軟調さを認め、先行きの不透明感が増したことを懸念している。◆FOMC議事録では、やや長期的

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景気底割れ回避に必死の下支え

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.0%と、6年ぶりの低い伸びとなったが、これはあくまでも平均である。地方別には遼寧省同1.9%、山西省同2.5%など重工業依存度や資源・素材依存度の高い一部地方の景気は失速といえる状況に落ち込んでいる。◆その後も中国の景気は一段と減速している。2015年1月~4月の固定資産投資は前年同期比12.0%増と、1月~3月の同13.5%増からも減速。4月の

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追い風ときどき向かい風

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 追い風ときどき向かい風ECBは資産買取プログラムを粛々と継続 ◆ユーロ圏の2015年1-3月期のGDP成長率(速報値)は、前期比+0.4%に加速した。ドイツ、フランス、イタリア、スペインの主要4ヵ国がほぼ5年ぶりにそろってプラス成長となったが、原油価格下落という追い風を得た個人消費が牽引役となり、ユーロ圏における景気回復が広がりを持ってきたと判断される。ただ、原油安、ユーロ安、金利低下

2015年5月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャ、デフォルトへのタイムリミット

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ギリシャ、デフォルトへのタイムリミット6月上旬が事実上の期限に。ギリシャ情勢の今後の見通し 2015年5月20日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆ギリシャの債務再編問題が大詰めを迎えている。バルファキス財務相は、年金給付金のカットや退職年齢の引き上げなど、票田となる高齢有権者に影響を与える政策に関しては未だ反対を表明。現実的には5月末~6月上旬に、ユーロ圏財務相会合を緊急開催し

2015年5月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年5月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2015年5月号)2015年5月11日発表分までの主要経済指標 GDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウ

2015年5月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

進展する人民元の国際化と今後の展望-資本取引の自由化との関係

進展する人民元の国際化と今後の展望-資本取引の自由化との関係

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2015年5月)ドル高収束が新興国にもたらすメリット

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2015年5月)ドル高収束が新興国にもたらすメリット~歓迎すべき欧州金利の上昇~ ◆ユーロ圏を中心に長期金利の上昇が目立っているが、デフレ懸念にベットした極端な金利低下の反動に他ならず、マイナス金利が跋扈する異常事態が解消、少なくとも緩和に向かうのは喜ばしいことである。オーバーキルで景気回復が阻害されるとか、そういう懸念を要する状況ではない。◆また、米国のみをけん引役とした状況から、

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

英国総選挙が終了、Brexitに一歩近づく

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 英国総選挙が終了、Brexitに一歩近づく2015年総選挙の結果、保守党勝利のサプライズ 2015年5月11日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆2015年5月7日、英国では5年に一度の総選挙が実施された。8日午後に発表された最終結果によると、キャメロン首相率いる保守党が、過半数を上回る331議席を確保し第1党の座を守った。この結果、事前の予想では、ハングパーラメント(“宙吊り国

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

悪天候要因から回復してきた米国の雇用

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 悪天候要因から回復してきた米国の雇用2015年4月の米雇用統計:製造業の回復は緩慢なまま 2015年5月11日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4月の非農業部門雇用者数は前月から22.3万人増加した。雇用者数の増加ペースは回復したが、過去分は大幅に下方修正された。業種別では、企業向けサービス、教育・医療、建設などで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は引き続き減少した。◆失

2015年5月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 悪化が続く景況感と政策対応の行方 ~事態打開に向けて一段の金融緩和に踏み切る可能性も~

1/3Asia Trends中国 悪化が続く景況感と政策対応の行方~事態打開に向けて一段の金融緩和に踏み切る可能性も~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2015年5月8日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主席エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) 中国の景気動向を示すPMIは政府版と民間版の2つが存在し、足下で双方は真逆の方向を示している。 民間版は実態に近いとされるなか、足下の低下基調は景気の減速感が収まっていないことを現す。こうし たことを受けて、昨年末以降政

2015年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2015年5月号)

最近の人民元と今後の展開(2015年5月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2015年5月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 4月の人民元相場(対米国ドル、現物実勢)は1米国ドル=6.20元前後で横這いとなった。世界的な米国ドル安の流れは3月に始まり4月に入っても続いたが、人民元は他の通貨ほど売り込

2015年4月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国のGDPに一時的要因とドル高などの影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国のGDPに一時的要因とドル高などの影響2015年1-3月期の実質GDP成長率は大きく減速 2015年4月30日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年1-3月期の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で前期比0.2%増と2014年10-12月期の同2.2%増から減速し、2014年1-3月期以来の低成長となった。◆輸出が減少し、輸入が小幅に増えたことで純輸出が最大の

2015年4月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げにはドル高是正も必要に

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げにはドル高是正も必要にエネルギー以外の輸入物価の下落を懸念 2015年4月30日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年4月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。3月のFOMCで4月の利上げ開始の可能性が低いとしたことで、ゼロ金利政策維持は想定通りの結果となった。◆経済の現状認識は下方修正された。一時的要因を一部

2015年4月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2015.4)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界経済のリスク要因

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 IMFは4月の世界経済見通しで、世界経済の成長率は2015年に加速するとし、先進国では日本とユーロ圏の成長率を1月の見通しから上方修正した。一方、新興国の成長率については2015年も低下するとし、2011年から5年連続となる減速を予想している。日本とユーロ圏の成長加速要因は、主に原油価格下落と為替レートの減価によるものだが、それらは世界経済にとってのリスク要因としても位置付けられている。原油価格の急落

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 一時的要因剥落後

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 一時的要因剥落後悪天候などからの下振れの反動増と海外経済動向を見極めへ 2015年4月21日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆利上げ開始時期は経済情勢次第となっているが、3月のFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録では、FOMC参加者間において、GDP見通し、インフレ見通しと利上げペースに関する意見が収斂していないことが明らかにされた。◆経済情勢は、一時的な

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

進むアジアの統合と日本企業への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 進むアジアの統合と日本企業への影響ASEANを生産拠点としたインド市場へのアクセス拡大か ◆ASEAN経済共同体の発足は、東アジア地域における経済統合の深化へと波及するものとして期待されている。その代表例が、RCEPである。東アジアにおけるサプライチェーンの拡大により、2国間FTAを超えた包括的な経済統合の必要性が高まっている。特に、日本、中国、韓国、ASEANがつながることで現地調達率の基準を満たし

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:一段と減速する景気と難しい舵取り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:一段と減速する景気と難しい舵取り4月20日に預金準備率を追加引き下げ ◆国家統計局によると、2015年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.0%と、2014年10月~12月の同7.3%から低下した。3月の全人代(国会)で発表された2015年の政府目標である7.0%前後と同じ成長率とはいえ、2009年1月~3月の同6.6%以来6年ぶりの低い伸びとなった。1月~3月の前期比は1.3%と発表され

2015年4月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ECB国債買い入れ型量的緩和は順調にその効果を発揮?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ECB国債買い入れ型量的緩和は順調にその効果を発揮?ECBは独裁者と化したのか 2015年4月16日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆2015年4月15日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会を開催し、政策金利である主要オペ金利(短期買いオペ:売出し条件付き債券買いオペ=レポ)を0.05%に据え置く決定をした。さらに上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金

2015年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年4月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2015年4月号)2015年4月6日発表分までの主要経済指標 GDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェ

2015年4月6日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増勢に一服感

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数の増勢に一服感2015年3月の米雇用統計:雇用環境は明らかに悪化 2015年4月6日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆3月の非農業部門雇用者数は前月から12.6万人増加した。雇用者数の増加ペースは鈍化し、過去分も大幅に下方修正された。業種別では、企業向けサービス、教育・医療、小売などで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は減少した。◆失業率は5.5%と前月と変わら

2015年4月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2015年4月)アジアインフラ投資銀行への期待

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2015年4月)アジアインフラ投資銀行への期待~外からの牽制よりも内からの変革~ ◆英国をはじめとした欧州勢のアジアインフラ投資銀行(AIIB)への出資表明の意義は大きい。英独仏伊の名目GDP合計は中国のそれを上回っており、当初中国が過半を握ると見られていた出資比率、議決権シェアが大きく変わる可能性が出てきた。その結果、米国や日本が問題視するAIIBのガバナンスや融資政策(人権問題や

2015年4月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の人民元と今後の展開(2015年4月号)

最近の人民元と今後の展開(2015年4月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2015年4月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 3月の人民元相場(対米国ドル、現物実勢)は、「米国利上げの接近に伴う資金流出懸念で弱含む」との事前予想に反して、堅調な展開となった。米国FOMCで早期利上げ予想が後退したこと

2015年3月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

英国議会選挙がやって来る

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 英国議会選挙がやって来る鍵を握る少数政党、英国のEU離脱「BREXIT」が争点 2015年3月30日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆2015年5月7日(木曜日)、英国では5年に一度の総選挙が庶民院(House of Commons:米国の下院に相当)で実施される。2010年の前回総選挙では、1974年以来初めて2大政党である保守党と労働党がいずれも単独過半数を得られなかったこ

2015年3月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2015.3)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2015年3月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

回復に向かう欧州が引きずるギリシャ問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ユーロ圏に関する朗報の一つは、スペインや、ポルトガルなど財政問題で揺れていた南欧諸国の一部で、過去数四半期にわたり実質成長率がプラス成長を続けていることである。またユーロ圏全体としても、来年にかけて成長率が上向くことが予想される。ただ、それでもリーマン・ショック前のGDP水準のピークと比べ、14年第4四半期時点で、スペインは5.9%、ポルトガルは6.8%、イタリアは9.6%、さらにギリシャでは26.4

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:高まる景気下振れリスクへの対応

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:高まる景気下振れリスクへの対応李克強首相はより強力な政策の用意を示唆 ◆国家発展改革委員会の「2014年の国民経済・社会発展計画の執行状況と2015年の国民経済・社会発展計画」によると、2015年の固定資産投資目標は前年比15.0%増と、2014年実績である同15.7%増を下回る想定である。一方、小売売上は2014年実績の同12.0%増⇒2015年目標は同13.0%増へと伸びの加速が計画されてい

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し なおも金融政策が下支え

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し なおも金融政策が下支え悪天候にさらされ、企業は熟練労働者不足 2015年3月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆3月のFOMC(連邦公開市場委員会)で実質上のゼロ金利政策が維持される一方、「忍耐強く」なれるとする文言は削除された。FOMC参加者の政策金利の見通しが下方修正されたことで、想定される利上げ開始時期は先送りされ、利上げは経済情勢次第ということに

2015年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げに向けた環境作りが進む

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げに向けた環境作りが進む政策金利の見通しは下方修正 2015年3月19日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年3月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文のうち、金融正常化に至るまで「忍耐強く」なれるという表現を削除し、6月以降の利上げ開始の環境を整えた。利上げは経済情勢次第ということになる。◆声明文における

2015年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年3月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2015年3月号)2015年3月9日発表分までの主要経済指標 GDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェ

2015年3月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ECB国債型量的緩和の追加詳細を発表

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ECB国債型量的緩和の追加詳細を発表ギリシャとは喧嘩別れか? 2015年3月6日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆2015年3月5日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会をキプロスで開催し、注目されていた国債買い入れ型の量的緩和策(以下、QE)の追加詳細を発表した。一方、対象となる政府系機関債、EU機関債の発行体は示されたものの、最終的な個々の買い入れ金額は発表されず、シティで

2015年3月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:成長目標引き下げも達成難度は増す

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:成長目標引き下げも達成難度は増す2015年の政府成長率目標は7%前後 ◆2015年3月5日~15日の予定で第12期全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)第3回会議が開催される。初日の5日には李克強首相による政府活動報告が行われた。注目された2015年の政府経済成長率目標は7%前後と、2012年~2014年の目標7.5%前後から引き下げられた。◆昨年秋口までのような分野を限定した下支えでは、

2015年3月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新興国マンスリー(2015年3月)景気拡大のすそ野の広がりに期待

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2015年3月)景気拡大のすそ野の広がりに期待~世界経済の不確実性が緩和~ ◆ギリシャのユーロ圏離脱というリスクが遠のいたことは、当面の世界経済、金融市場の不確実性の緩和に貢献している。ギリシャ支援の延長が問題の先送りにすぎないことは確かだが、今回の一連の交渉は、ギリシャ、EUともにギリシャのユーロ圏離脱回避に高いプライオリティを置いていることを示した。4月末、4か月後などのイベント

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ