調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 人民元上昇

「人民元上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年3月10日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済レビュー:人民元下落誘導を促したマクロ経済的背景

平成 26 年(2014 年)3 月 7 日人民元下落誘導を促したマクロ経済的背景【要旨】— 2014 年 2 月後半、人民元の対ドル相場が急落した。中国では 2005 年 7月のドルペッグから管理フロートへの移行以来、人民元はドルに対して上昇基調であっただけに国内外に驚きをもって受け止められた。もっとも、これは中国人民銀行(中央銀行)の介入が主導したもので、全国人民代表大会における人民元変動幅拡大宣言に伴う元高期待の抑制を図るためとみられている。— 人民銀行の元安誘導を促すに足るマクロ経済的背

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の中国経済を展望する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国経済が構造改革を進めていくべき時期にさしかかっているという認識は、注目された11月の三中全会、その後の党政治局会議、党と国務院による中央経済工作会議(以下、工作会議)で強く打ち出され、特に三中全会では、改革の実行を担保するための改革指導チーム(領導小組)も立ち上げられた。2014年は、三中全会の決定に沿って‘全面深化改革’が進み、中期的に中国がうまく転換期を乗り越えられるかどうかを占う重要な1年目

2013年12月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2013年人民元相場、回顧と展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年人民元相場、回顧と展望‘5元時代’の到来? 2013年に入ってからの人民元相場は、第1四半期まで、前年後半の急激な上昇の後を受け(2012年12月7日コラム「人民元相場急騰は続くのか?」)、上下変動を伴いつつも、上海市場スポットレート(CNY)で対米ドル6.21-6.24元程度の水準で安定的に推移したが、第2四半期以降年末にかけ、5-7月頃を除き一貫して急上昇を続け、いよいよ‘破6’、1米ド

2013年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

最近の人民元と今後の展開(2013年5月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年5月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年5月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 4月の人民元は、基準値・現物実勢・NDFともに米国ドルに対して上昇した。現物実勢と上下限との関係を見ると、現物実勢は基準値+1%の上限にほぼ張り付く形での推移となった。また、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ