「人民銀行」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国インターバンク市場―二つの謎とその意味とは?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国インターバンク市場―二つの謎とその意味とは? 中国では昨年6月、インターバンク市場で資金が逼迫し(中国では‘銭荒’、カネがない状態と呼ばれている)短期金利が急騰したが、年末にも再び同様の状況が生じる等、流動性に対し市場関係者が敏感になる状況が続いている(コラム「中国:2013年の2度の銀行間金利急上昇はグローバル要因orシャドーバンキング対策? 」)。6月、12月の金利急騰には、四半期毎、および年

2013年7月30日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年7月号

みずほ中国経済情報2013年7月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 2013年4~6月期の実質GDP成長率は前年同期比+7.5%と、昨年10~12月期をピークに緩やかな減速が持続。◆ 6月の主要経済指標も、回復力の弱さを示す。CPIは概ね安定、PPIはマイナス圏での推移が続く。住宅価格は上昇が続く。◆ 6月下旬以降、銀行間短期金利が急上昇。政府・人民銀行は、短期金融市場に依存した資金繰りを行っているシャドーバンキングに対して、意図的な引き締めを行った模様。[注目点:貸出金利の下限撤廃とその狙い]

2013年7月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:灰色の住宅ローン

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:灰色の住宅ローン住宅価格抑制策の抜け穴 中国では2009年から2010年にかけての不動産バブルとも言われた住宅価格の急騰を受け、国務院常務会議は、2010年‘国十条’、2011年‘新国八条’と呼ばれる価格抑制策を導入、住宅価格は2011年から12年初にかけて落ち着きを見せたが、12年半ば以降再び上昇し始め、本年2月、常務会議は‘(新)国五条’を決定、4月から実施している。(注)保障性住宅を含まな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ