「人生設計」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月13日全研本社フィードバック数:0キャリアとスキル

フリーで年収500万と独立で1,000万ならどっち?

フリーで年収500万と独立で1,000万ならどっち?フリーで年収500万と独立で1,000万ならどっち?「自由」と「お金」ならどっち人生設計はしっかり立てていますか?。新年度が始まり、新社会人となった人も多いことと思います。いまは、がむしゃらに頑張るしかありませんが、それでも不安定な時世ですから、中長期ビジョンも必要です。今回の瓦版「働き方白書」では、お金と働き方について調査しました。対象は瓦版ユーザー。回答者は190人。男性105人、女性85人。年代は、20代95人、30代50人、40代38人

2014年4月15日東京大学★フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢者の社会活動についての調査です。

高齢者の社会参加の実態とニーズを踏まえた社会参加促進策の開発と社会参加効果の実証に関する調査研究

「鎌倉リビングラボ」が日経新聞夕刊に取り上げられました<「鎌倉リビングラボ」が日経新聞夕刊に取り上げられました> 4月4日、秋山弘子先生が進める産学官民のプロジェクト「鎌倉リビングラボ」が日経新聞夕刊に取り上げられました。こちらからご覧になれます。3月23日、学位授与式が行われました<3月23日、学位授与式が行われました>3月23日17時から工学部8号館ライブラリで、平成28年度学位授与式が行われました。GLAFSから送り出す初の修了生は、小南友里さん(農学生命科学研究科水圏生物化学専攻)、土

2014年2月4日NTTレゾナントフィードバック数:0大型消費/投資

自分たち夫婦が他の夫婦と違うなと感じることランキング

2014年02月03日 00:00 自分たち夫婦が他の夫婦と違うなと感じることランキング 夫婦の内情は他人にはわからないもの。いつもラブラブに見えるあのご夫婦も、実は意外な悩みや生活形態があることも……。今回は、自分たちが他の夫婦と違うなと密かに思っているのはどんなことか、教えてもらいました。1位は《お互いの貯金額を把握していない》、そして3位は《財布・使っている口座が別々》になりました。共働きが主流になってきた今の世の中、夫婦が別財布でそれぞれが生活費を出し合い、残りは各自で管理とい

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

高校生・大学生にとってのライフデザイン

FRONTOFVIEW高校生・大学生にとってのライフデザイン●第一生命経済研究所 専務取締役江﨑 正志本年1月 30 日、当研究所の加藤寛名誉所長が享年 86 歳で永眠されました。加藤寛名誉所長には、1988 年9月のライフデザイン研究所の設立と同時に所長にご就任いただき、これまで親身に私たちをご指導いただきました。心より感謝申し上げます。ここに、名誉所長のお考えを示された一文をご紹介します。「私が経済学の道を歩むようになったのは、イギリスの経済学者、A・C・ピグーが言った社会的情熱、つまり自分

2013年6月13日アットホーム★フィードバック数:0大型消費/投資

夫婦の人生設計についての調査です。

新婚夫婦の人生設計とお金事情

新婚夫婦の人生設計とお金事情

2013年5月2日第一生命保険フィードバック数:34社会/政治

何を「標準」とするか

WATCHING①研究開発室何を「標準」とするか北村 安樹子<日本の男女の平均的な「ライフサイクル」>平成24年版の厚生労働白書には、大正期の1920年(大正9年)、高度成長期の1961年(昭和36年)、直近の2009年(平成21年)という3つの時代における、日本の男女の平均的な「ライフサイクル」が掲載されている(図表1)。これをみると、結婚、子どもの誕生、子どもの結婚や初孫の誕生、夫の引退といったライフイベントを経験する平均的な年齢が、時代とともに大きく変化してきたことがわかる。例えば1920

2013年2月19日第一生命保険★フィードバック数:18ライフスタイル

震災以降の生活や人づきあいについての意識の変化に着目しています。

今後の生活に関するアンケート

2013年2月18日「今後の生活に関するアンケート」の結果概要~『ライフデザイン白書 臨時調査』より~第一生命保険株式会社(社長 渡邉 光一郎)のシンクタンク、株式会社第一生命経済研究所(社長 長谷川 公敏)では、全国の 18~69 歳男女約 1,700 名を対象に、標記についてのアンケート調査を実施いたしました。この程、その調査結果がまとまりましたのでご報告いたします。≪調査結果のポイント≫【地域】近所づきあいの変化(P.2)● 2010 年から 12 年にかけて、近所づきあいは増えてはいない

2012年4月11日ソニー生命保険★フィードバック数:1大型消費/投資

子育てが一段落した親という観点での調査です。

新社会人の子を持つ親300 人アンケート

平成 24 年 4 月 10 日ソニー生命保険株式会社ソニー生命調べ 新社会人の子を持つ親 300 人アンケート報告子育てが一段落した親、2人に1人がこれからの人生で「やってみたいことがある」これからの人生をあらわす言葉、1位は「期待」3 月は卒業式、4 月は入社式と、前途洋々の卒業生や新社会人を見かけますが、一方その親たちはどのような気持ちで今後を考えているのでしょうか。このたびソニー生命は、新社会人の子を持つ親 300 名に「これからの人生設計」と題して意識調査を実施しました。アンケート結果

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ