「人的資本」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年9月28日経済産業研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

男女の所得差の要因分析です。

ホワイトカラー正社員の男女の所得格差―格差を生む約80%の要因とメカニズムの解明

ホワイトカラー正社員の男女の所得格差―格差を生む約80%の要因とメカニズムの解明概要本稿はホワイトカラ―正社員の男女の所得格差について傾向スコアによる標準化に依拠するDFL法を用いて要素分解をする。結果は年齢、学歴、勤続年数の人的資本3変数の男女差で男女所得格差の35%を、職業、労働時間、職階の3変数合わせて追加の43%を、合計6変数で格差の78%を説明することを示す。単独では職階の男女差が最も大きな説明力を持つ。また用いた傾向スコアの妥当性について診断を行うとともに、多変量線形回帰分析に基づく

2014年7月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

EUの移民政策と英国への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 EUの移民政策と英国への影響欧州の移民政策は日本の成長戦略の参考になるのか 2014年7月24日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆5月22日から25日に行われた欧州議会選挙では、反EUを公約に掲げる各国の極右勢力が躍進した。彼らは若年層失業率の上昇や、社会保障費の増大等を理由に移民排斥を主張し、現行のEUの移民政策の廃止を訴えている。◆英国では労働党政権下(1997年~2010

2014年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

人的資本・人材改革-鳥瞰図的視点-

人的資本・人材改革-鳥瞰図的視点-概要急速な高齢化の進行、グローバル競争の強まりなど内外の厳しい環境の下で資源小国である日本が経済活力を維持・強化し、成長力を高めていくためには、女性、若者・高齢者を問わず人的資源の活用が重要である。本稿では人的資本・人材力に関して統合的・包括的な視点から検討するため、ライフ・サイクル全体を通じた人的資本・人材力に焦点を当てる。就業前の教育については産業界・企業が求める人材像(グローバル人材など)を明確化し、そうした人材を育成するための教育のあり方を検討すべきだ。

2013年8月30日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

地域間の人的資本格差と生産性

地域間の人的資本格差と生産性概要本論文は、Caves, Christensen, Diewert (1982)が提案した指数作成方法を使って、学歴だけでなくその他の労働投入属性も同時に考慮しながら地域間の人的資本の量と質を相対比較する方法を提案し、「国勢調査」のデータを使って地域間の人的資本の質格差指標を作成し、その要因を中心に幾つかの分析を行った。主な結果は次のとおりである。1)1970年から2008年までの約40年間で人的資本の質の地域間格差は縮小してきているものの、なお3割程度の格差が残存

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC:QE3は年後半から縮小か

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC:QE3は年後半から縮小か2013年12月会合での縮小決定を見込む ◆2013年4回目のFOMCが実施され、政策金利を「異例の低水準」とする事実上のゼロ金利政策と、いわゆる「QE3(量的緩和第3弾)」が継続された。◆米国経済は引き続き緩やかな改善ペースを維持しており、FOMCメンバーの雇用の見通しが上方修正された。FOMCメンバーによる利上げ見通しでは開始時期を2015年とする者が増え、一層の

2013年3月25日経済産業研究所フィードバック数:1ビジネス

起業活動と人的資本:RIETI起業家アンケート調査を用いた実証研究

DPRIETI Discussion Paper Series 13-J-016起業活動と人的資本:RIETI 起業家アンケート調査を用いた実証研究馬場 遼太東京大学元橋 一之経済産業研究所独立行政法人経済産業研究所http://www.rieti.go.jp/jp/RIETI Discussion Paper Series 13-J-0162013 年 3 月起業活動と人的資本:RIETI 起業家アンケート調査を用いた実証研究1馬場遼太(東京大学工学系研究科)元橋一之(経済産業研究所、東京大学

2013年3月6日大和総研★フィードバック数:6キャリアとスキル

男女の差に注目しています。

日本の女性就業率は欧州より低い?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の女性就業率は欧州より低い?注目すべきは就業率の男女差 ◆日本において今後の生産年齢人口が大幅に縮小していく中、女性の労働力の一層の活用が期待されている。そこで、本レポートを通じて女性の活躍が目覚ましい欧州の就業状況について考察し、日本の状況との比較をしてみたい。◆日本の女性就業率はEU諸国と比較して、それほど低くない。しかし男女の就業率の差に注目すると、EU諸国に比べて非常に大きな男女差が見られ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ