調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 介護サービス

「介護サービス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年6月15日マイナビフィードバック数:0大型消費/投資

ひとり暮らししている人に、家賃がいくらか聞いてみた

Q.家賃はいくらですか?ひとり暮らしをするうえでネックになるのがお金の問題。とりわけ毎月の「家賃」は生活の中で最も大きな出費のため、負担に感じている人も多いのではないだろうか。マイナビニュース会員のうち「ひとり暮らししている」という66人に、現在の家賃と満足度を聞いた。Q.家賃はいくらですか? 1位 3万円台 25.8% 2位 5万円台 22.7% 3位 4万円台 10.6% 4位 8万円台 9.1% 5位 7万円台 7.6% Q.今の部屋に満足ですか? その家賃についてどう思っていますか? ■

2015年12月30日ソニー生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

ダブルケアに関する調査2015

ニュースリリース(平成27年度)ダブルケアに関する調査2015注:第5弾ダブルケア実態調査(ソニー生命連携調査)2015年12月22日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)と横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 相馬 直子准教授、ブリストル大学(英国) 社会・政治・国際学研究科 山下 順子講師は、2015年8月19日~8月21日の3日間、全国の大学生以下の子どもを持つ母親に対し、初の全国規模での「ダブルケアに関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有

2015年4月30日オウチーノフィードバック数:0大型消費/投資

サ高住に「住みたくない」25.1%。サ高住は「老後の住まい」の受け皿になり得るのか?

サ高住に「住みたくない」25.1%。サ高住は「老後の住まい」の受け皿になり得るのか?4人に1人が65歳以上の超高齢社会を迎えた日本では高齢世帯も年々増加。一方で高齢者が安心して暮らせる住まいが不足している状況を踏まえ、2011年に創設されたのがサービス付高齢者向け住宅(サ高住)です。便利で快適な暮らしを形成するための取り組みである一方、実際はまだ課題も多いのではないか――。そこで、サ高住のターゲットである60代以上のアクティブシニアにアンケートを実施。その結果から現状と課題が見えてきました。「老

在宅医療・介護関連システムの市場展望と課題

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング在宅医療・介護関連システムの市場展望と課題 ◆ 在宅医療・介護関連システムの市場規模✓ 2012年の約118億円から2020年には2.2倍の約260億円に。✓ 多職種間での連携・情報共有システムが市場を牽引。◆ ICTシステムを導入している医療機関などは、システムの利便性を理解しつつも、顔を合わせたコミュニケーションの必要性を認識。◆ ベンダー、システム導入先双方から出てきている課題は「何の情報を共有するのか」の定義づけ。市場調査・コンサルティング

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ