「介護保険」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年9月20日エス・エム・エスフィードバック数:0社会/政治

介護をする家族の生活についての意識調査

【介護をする家族の生活についての意識調査】介護により生活や仕事の中で変化したこと1位「時間(82%)」介護保険、高収入者の自己負担3割の認知は半数にとどまる 〜「介護離職者・予定者」は約3割、勤務先制度活用派が主流で介護離職は最終手段、一方、離職後の生活費は半数以上が「自分の貯金」でまかなっている実態も明らかに〜 介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部、以下「当社」)は、介護にかかわる家族394名を対象に「介護をする家族の生活変化についての

「看取り」に対するケアマネジャーの意識調査

[株式会社インターネットインフィニティー] ,介護 介護保険 ケアマネジャー ケアマネ

訪問介護における「調理」に関する調査

[株式会社インターネットインフィニティー] ,介護 介護保険 ケアマネジャー 生活支援 宅配弁当 訪問介護 介護食品

診療所調査です。

2014年度診療報酬改定に係る診療所調査

2014 年度診療報酬改定に係る診療所調査結果-かかりつけ医機能と在宅医療を中心に- 2014 年度診療報酬改定の影響を把握するため、2014 年 10 月~11 月に診療所開設者・管理者にアンケート調査を実施した。回答数は 1,519人(回答率 44.5%)である。かかりつけ医機能かかりつけ医にとって、あるいはかかりつけ医機能として、健康相談・管理、介護保険との関わりが重視されている。なお、診療科によって重視している項目が異なっており、すべての患者に対して必要なかかりつけ医機能のほか、患者特性

2014年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

介護問題:外国人に来てもらうか、それとも自分が出ていくか

トップレポート・コラムアジアンインサイト介護問題:外国人に来てもらうか、それとも自分が出ていくか ここから本文です介護問題:外国人に来てもらうか、それとも自分が出ていくか核家族化や少子化が進行する社会では、要介護者を施設に入所させて、専門家が集中的にケアを提供する方が効率的である。しかしながら我が国では、訪問介護や訪問看護といった居宅サービスが中心であり、特別養護老人ホームのような施設サービスは補完的な役割にとどまっている。介護保険における施設サービスは居宅サービスに比べて高額であり、増えすぎる

新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備-

新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備-新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備- 社会研究部 准主任研究員 青山 正治基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせ

介護についての調査です。

介護に対する不安と介護資金の準備状況

介護に対する不安と介護資金の準備状況 | ニッセイ基礎研究所 介護に対する不安と介護資金の準備状況 保険研究部 准主任研究員 村松 容子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 介護状態になることへの不安が高まっている。しかし、介護費用の問題が不安の大きな要因であるにもかかわらず、経済的な準備をしている割合は低く、民間生保の介護保険の加入率も高まっていないようだ。そこで

新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる- 開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備 -

新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる- 開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備 - | ニッセイ基礎研究所 新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる- 開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備 - 社会研究部 准主任研究員 青山 正治基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 近年、公共施設や公共交通機関などの社会インフラのバリアフリー化が進展し、車

2013年3月2日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:4ライフスタイル

仕事と介護についてのレポートです。

働く人による介護の実態 -男性介護者に注目して

働く人による介護の実態 -男性介護者に注目して | ニッセイ基礎研究所 働く人による介護の実態 -男性介護者に注目して 松浦 民恵1――働く人、特に男性による介護に注目する理由2――男女別にみた、介護への関わり方や負担感、仕事と介護の両立への苦悩3――仕事と介護の両立支援に向けて~分析結果から得られた示唆65歳以上の要介護・要支援の認定者数は2010年度には491万人まで増加し(2001年度は288万人)、75歳以上に限ってみると、29.9%が要介護・要支援の状況にある(要介護は22.2%)1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ