「介護経験」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

未来のアクティブシニアへのアンケート調査

未来のアクティブシニアへのアンケート調査 “食事の摂り方”と“幸福度”は密接な関係に!「毎日朝食を摂ることは幸せを感じる傾向がある」「複数で食事を摂る人は幸福度が高い」回答多数。また、“介護”をきっかけに自身の健康のために栄養成分を気にする傾向も。 アクティブシニア「食と栄養」研究会では、健康意識の高い未来のアクティブシニア(45~64歳の男女)を対象に、食と栄養を中心とした現在の生活状況と意識を把握するため、アンケート調査を実施いたしました。年齢で朝食への“意識”が変わる!?本アンケートにより

2016年3月9日日本能率協会フィードバック数:0キャリアとスキル

第6回「ビジネスパーソン1000人調査」【仕事と介護編】

第6回「ビジネスパーソン1000人調査」【仕事と介護編】2016年03月07日報道関係各位各位日本能率協会グループ 広報委員会第6回「ビジネスパーソン1000人調査」【仕事と介護編】「就業時間に制約が出ること」が最大の懸念 〜仕事と介護の両立には、職場の理解や柔軟な働き方を支援する制度の整備が求められる〜 企業の人材育成やものづくり革新、調査・システム開発などの経営支援サービスを提供する日本能率協会グループは、このたび、全国のビジネスパーソン1000人に対して、仕事と介護についての意識調査を行い

老後の準備です。

介護経験の有無別にみた自分の介護のための準備状況

介護経験の有無別にみた自分の介護のための準備状況 | ニッセイ基礎研究所 介護経験の有無別にみた自分の介護のための準備状況 保険研究部 准主任研究員 村松 容子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 高齢期において、「自分自身の介護」は不安事項の1つだ。生命保険文化センターの「平成25年度生活保障に関する調査」によると、自分の介護に対する不安を持つ人の割合はおよそ9割

「介護食」及び「嚥下食」に関する調査

「介護食」及び「嚥下食」に関する意識調査を実施 「食べる時間...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 「介護食」及び「嚥下食」に関する意識調査を実施「食べる時間がかかる」、「むせて飲み込めない」… しかし 嚥下(えんげ)食「知っている」23%、「利用経験」11%に留まる“誤嚥性肺炎”の予防について誤った認識も 株式会社ソーシャルサービス(本社:東京都千代田区霞が関、代表取締役社長 白形 知津江、以下 ソーシャルサービス)は、主に病院・福祉施設向けの栄養・嚥下(えんげ)

介護や資金の準備についての調査です。

老後の準備についての実態

保険クリニックからのお知らせ保険相談ホーム保険クリニックからのお知らせ> 約半数が介護を“自分ごと”と回答! しかし資金の準備は10%どまり ―30%を超える“老後資金”としての準備状況と開きが―約半数が介護を“自分ごと”と回答! しかし資金の準備は10%どまり ―30%を超える“老後資金”としての準備状況と開きが― 11月11日は“介護の日”、11月30日は“年金の日”です。11月は老後について考えるのにふさわしい月。ニュースなどでも度々、年金や介護について取り上げられていますが、実際の生活者

2013年11月7日ソニー生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

ネットエイジア協力の調査です。

親の介護と認知症に関する意識調査

ニュースリリース(平成25年度)親の介護と認知症に関する意識調査2013年11月7日 このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 井原 勝美)は、2013年10月23日~10月27日の5日間、全国の40歳~69歳の男女に対し、「親の介護と認知症に関する意識調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社) 調査結果 概要アンケート調査結果介護は「誰の身にも起こり得る普通のこと」との約7割が認識自分の親は”長生

2013年11月4日ファンケル★フィードバック数:0ライフスタイル

ファンケルの調査です。

「健康寿命」とそのための対策に関するアンケート調査

横浜市中区山下町 89-1 〒231-8528TEL : 045-226-1230FAX : 045-226-1202報道関係者各位(調査)2013年(平成25年)10月31日株式会社ファンケル 「健康寿命」とそのための対策に関するアンケート調査 実施“自分だけは死ぬまで元気”「寿命」と「健康寿命」が同じだと信じている人が60%!「健康寿命」伸長のための「血管トレーニング」に潜在需要?健康寿命とは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義され、介護等を必要とせずに、自立

2009年11月17日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

自分の親を介護する立場になった場合、最大の不安は「経済的な負担」~それでも「介護サービスを併用しつつ自分でも介護」圧倒的多数

親の介護に関する意識調査 自分の親を介護する立場になった場合、最大の不安は「経済的な負担」~それでも「介護サービスを併用しつつ自分でも介護」圧倒的多数誰にとっても介護問題は切実だ。実際に家族や自分自身の介護について、人々はどのような意識を持っているのだろうか。ネットユーザーに調査を行い、20代から40代の男女456名の回答を集計した。回答者のうち、親の介護経験を持つ家族(自分は除く)や親せきがいたことが「ある」人は211名(46.3%)、「ない」人は245名(53.7%)。自分自身が親を介護した

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ