「代替財」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月24日国立国会図書館フィードバック数:0社会/政治

法人税をめぐる最近の議論―税率引下げと代替財源を中心に―

法人税をめぐる最近の議論―税率引下げと代替財源を中心に―

2015年6月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税減税、説得の論理

BBL議事録 (2015年4月22日) 法人税減税、説得の論理 土居 丈朗 (RIETIファカルティフェロー/慶應義塾大学経済学部教授) 新居 泰人 (経済産業省経済産業政策局企業行動課長) 法人実効税率が2015年度から引き下げられた。しかし、法人実効税率の20%台への引下げの道筋はまだ描き切れていない。法人税減税の効果については、経済学的には様々に示されているが、必ずしも人口に膾炙していない。さらなる法人税減税に向けた説得に、経済学の論理をどう活用すべきかを議論する。 法人実効税率の引き

2014年3月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税率引き下げと代替財源の議論(1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 法人税率引き下げと代替財源の議論(1)課税ベース拡大編―受取配当益金不算入、繰越控除の縮小も視野に ◆2014年3月12日に、政府税制調査会に法人課税ディスカッショングループ(以下、法人課税DG)が設置され、初会合が行われた。◆法人課税DGでは、法人税の税率引き下げを行う一方、その代替財源を法人税の課税ベース拡大、地方法人税改革、他税目から求めることの検討が行われている。◆法人税の課税ベース拡大の案と

軽自動車税に関する緊急ユーザーアンケート調査

軽自動車税の増額反対に関する特別要望について 平成 25 年 11 月 22 日 一般社団法人全国軽自動車協会連合会 全国軽自動車協会連合会(会長:松村一、略称:全軽自協)は、 「軽自動車税に関する緊 急ユーザーアンケート調査」を実施し、その調査結果も踏まえ、軽自動車税の増額を求める 総務省報告書に断固反対する特別要望書を作成し、 関係者に訴えるべく要望活動を行うこと としました。 1. 「軽自動車税に関する緊急ユーザーアンケート調査結果」について 全軽自協は、11 月初旬に主に軽自動車を運転し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ