調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 企業サイト

「企業サイト」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月19日あとらす二十一フィードバック数:0マーケティング

世界・国内主要企業 グローバルナビゲーション調査2016年8月版印刷ボタン編

2016年12月7日世界、日本ともに主要企業の3割強が印刷ボタンを導入企業サイトのグローバルナビゲーションの現況について主要企業サイトを対象に調査しました。 前回のソーシャルシェアボタン編に続き、今回は印刷ボタンについてご紹介します。 印刷ボタンの導入状況主要企業の3割強が導入しているものの、地域による偏りがある。欧州では主要企業の約半数が導入している。トップページには掲載されないことが多い。商品詳細ページ、レシピページ等、特定のページのみに掲載しているサイトも多い。印刷ボタン導入率 ※スマホサ

2016年11月17日あとらす二十一フィードバック数:0マーケティング

世界・国内主要企業 グローバルナビゲーション調査2016年8月版追従型ナビゲーション編

2016年11月14日世界主要企業のスマホサイトの3割、PCサイトの2割が追従型ナビゲーションを導入企業サイトのグローバルナビゲーションの現況について主要企業サイトを対象に調査しました。 前回のPCサイトのメガドロップダウンメニュー編に続き、今回は追従型ナビゲーションについてご紹介します。 追従型ナビゲーション導入状況世界主要企業のスマートフォンサイトの3割、PCサイトの2割が追従型ナビゲーションを導入。スマートフォンサイトへの導入率がPCサイトよりも高い傾向にある。利便性が高いために、国や地

2016年11月14日あとらす二十一★フィードバック数:0マーケティング

世界、日本ともに主要企業サイトの4割がメガドロップダウンメニューを導入

ホーム世界・国内主要企業 グローバルナビゲーション調査2016年8月版メガドロップダウンメニュー編2016年11月8日世界、日本ともに主要企業サイトの4割がメガドロップダウンメニューを導入企業サイトのグローバルナビゲーションの現況について主要企業サイトを対象に調査しました。 前回のスマートフォンサイトのハンバーガーメニュー編に続き、今回はPCサイトのメガドロップダウンメニューについてご紹介します。 PCサイトのメガドロップダウンメニュー導入状況世界、日本の主要企業の4割がメガドロップダウンメニ

2016年11月9日あとらす二十一フィードバック数:0ライフスタイル

世界主要企業サイトの8割がハンバーガーメニューを採用

2016年11月1日世界主要企業サイトの8割がハンバーガーメニューを採用 企業サイトのスマートフォン対応※が進む中、グローバルナビゲーションの現況について主要企業サイトを対象に調査しました。 その結果、目的の情報への誘導を強化するメニューや機能が多く利用されていることが分かりました。今回はスマートフォンサイトのハンバーガーメニューについてご紹介します。※世界主要企業 65%、日本主要企業 69% 2016年8月当社調べ スマートフォンサイトのハンバーガーメニュー導入状況世界主要企業サイトの8割

2016年8月25日グリーゼフィードバック数:0ビジネス

BtoB製品購入プロセスの実態調査

77%の顧客が営業担当と会う前に製品絞り込みを終えている- BtoB製品購入プロセスの実態調査を発表 -コンテンツマーケティング事業を手掛ける、株式会社グリーゼ(所在地: 東京都世田谷区、代表取締役:江島 民子)は、BtoB製品購入プロセスの実態調査を実施しましたので結果を発表します。■アンケート調査結果 :2016年8月22日(月)報道関係各位株式会社グリーゼ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━77%の顧客が営業担当と会う前に製品絞り込みを終えている- Bt

2016年6月10日あとらす二十一フィードバック数:0マーケティング

世界・国内主要企業サイトの常時SSL対応状況

2016年6月8日世界主要企業サイトの約4割が常時SSLに対応Google、Yahoo!JAPANを始め、主要Webサイトが続々と取り組む「常時SSL化」。さらにGoogleは、SSLに対応したサイトを検索結果で優遇し、常時SSL化を推奨しています。こうした常時SSL化への機運が高まってきている現状における、世界主要企業および国内主要企業サイトの常時SSL対応について、当社が独自に調査しました。 世界・国内主要企業サイトの常時SSL対応状況常時SSL対応率は、世界と国内の主要企業に大差はないh

2016年5月12日あとらす二十一フィードバック数:0ビジネス

世界主要企業サイトの約半数がレスポンシブデザインを採用へ

2016年5月2日世界主要企業サイトの約半数がレスポンシブデザインを採用へ2015年5月の前回調査に続き世界企業番付「GLOBAL500」2015年版(米経済誌フォーチュン)に掲載された500社の企業サイトを、当社が独自に調査しました。その結果、マルチデバイス対応サイトは前回調査から約1.2倍に増加し、その内レスポンシブデザインが約1.5倍に増加した一方で、スマートフォン専用サイトは約2割の減少となりました。前回調査以降、レスポンシブデザインを採用する企業が急速に増加したことがわかりました。

主要企業Webユーザビリティランキング2015<企業サイト編>

Webユーザビリティランキング 2015 企業サイト編 トライベック・ブランド戦略研究所では、「主要企業Webユーザビリティランキング2015<企業サイト編>」を実施し、全15業界・150サイトのユーザビリティを評価しました。※ A軸:アクセス性、B軸:サイト全体の明快性、C軸:ナビゲーションの使いやすさ、D軸:コンテンツの適切性、E軸:ヘルプ・安全性※ 総合スコアは、5軸に傾斜配分をかけて割り出したものであり、5軸の単純平均ではありません。(満点=100点)※ Webサイトへのリンクは調査

2015年5月29日あとらす二十一フィードバック数:0マーケティング

世界主要企業マルチデバイス対応調査2015年5月版

2015年5月28日世界主要企業サイトのレスポンシブデザインが1年半で3倍に2014年11月の調査に続き世界企業番付「GLOBAL500」2014年版(米経済誌フォーチュン)に掲載された500社の企業サイトを、当社が独自に調査しました。その結果、レスポンシブデザインに対応する企業が35社増加しました。また新たにレスポンシブデザインに対応した企業の約4割がスマートフォン専用サイトをレスポンシブデザインに変更。同年4月調査から11月調査の期間では、スマートフォン専用サイトからレスポンシブデザインへの

企業情報の情報源としての企業サイトの位置付け

企業情報サイト調査結果分析2014第1回:企業情報の情報源としての企業サイトの位置付け企業Webサイトが新聞に接近「企業情報について、あなたが信頼できると思う情報源をお答えください(複数回答)。」という形式の質問で、最も回答者の割合が高かったのは新聞だが、その割合は前年の64.4%から63.6%へとわずかだが減少している。次いで企業Webサイトの割合が高いが、その割合は前年58.9%から61.7%へとわずかだが増加している。その結果、新聞63.6%に対し企業Webサイト61.7%と、両者の差は非

2015年2月2日ネグジット総研フィードバック数:0ライフスタイル

薬剤師が選ぶ製薬企業医療従事者向けサイト評価調査2014

トッププレスリリース【薬剤師が選ぶ製薬企業医療従事者向けサイト評価調査2014】薬剤師が総合的に評価する製薬企業医療従事者向けサイト1位は「アステラス製薬」2015/02/02独自調査 <薬剤師が選ぶ製薬企業医療従事者向けサイト評価調査2014>薬剤師を対象としたプロモーション及び調査を行う株式会社ネグジット総研・薬剤師調査MMPR (所在地: 兵庫県神戸市、 代表取締役社長:八田 光)は、この度、保険薬局勤務薬剤師300名、病院勤務薬剤師150名を対象に製薬企業55社の医療従事者向けサイトにつ

2014年12月9日あとらす二十一フィードバック数:0マーケティング

各国の主要企業サイトマルチデバイス対応状況とデバイス普及状況

ホーム主要企業サイトのマルチデバイス対応とスマートフォン・タブレット普及状況を国別に比較2014年12月8日国内主要企業サイトのマルチデバイス対応率、スマートフォン・タブレット個人保有率ともに諸外国を下回る主要企業公式サイトのマルチデバイス対応状況とスマートフォン・タブレットの普及状況について、国別に比較しました。 各国の主要企業サイトマルチデバイス対応状況とデバイス普及状況日本はマルチデバイス対応率、スマートフォン・タブレット個人保有率ともに低い。日本はスマートフォンの個人保有率は低いが、そ

主要企業Webユーザビリティランキング2014<企業サイト編>

全面リニューアルのKDDIが使いやすいサイト初の1位に輝く! ~トライベックが主要企業Webユーザビリティランキング2014<企業サイト編>を発表~ 全面リニューアルのKDDIが使いやすいサイト初の1位に輝く! ~トライベックが主要企業Webユーザビリティランキング2014<企業サイト編>を発表~トライベック・ストラテジー株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋)は、「主要企業Webユーザビリティランキング2014<企業サイト編>」を実施し、全15業界・150サイトのユーザビリテ

2014年11月19日あとらす二十一★フィードバック数:0マーケティング

グローバルでのスマホ対応の進捗です。

世界主要企業サイトのマルチデバイス対応状況第3回

2014年11月18日世界主要企業サイトのレスポンシブデザイン対応が1年で2倍強に世界企業番付「GLOBAL500」2014年版(米経済誌フォーチュン)に掲載された500社の企業サイトを、当社が独自に調査しました。その結果、113社がレスポンシブデザインに対応、第2回調査(2013年版)から38社増加しました。また、同調査以降に、新たにレスポンシブデザインを採用した企業の内、約3割がスマートフォン専用サイトをレスポンシブデザインに変更、レスポンシブデザインが選択される傾向が、さらに強まっているこ

業務上の情報源における企業サイトの位置付け

BtoBサイト調査結果分析2014第1回:業務上の情報源における企業サイトの位置付けグラフはBtoBユーザーがふだん、仕事で参考にしている情報源を示したものである(図1)。【図1】仕事上の製品・サービスの情報源(2013-14年)(回答者の割合、複数回答)企業のウェブサイトを利用すると答えた人の割合が最も高く、54.2%を占める。また、昨年の54.4%と数値はほとんど変わらなかった。(ただし、これはPCユーザーの値で、PCまたはスマートフォン、タブレット端末のいずれかを合わせると65.7%となる

2014年5月9日あとらす二十一フィードバック数:0マーケティング

世界主要企業サイトのレスポンシブデザインが150%増加

2014年5月9日世界主要企業サイトのレスポンシブデザインが150%増加世界企業番付「GLOBAL500」2013年版(米経済誌フォーチュン)に掲載された500社の企業サイトを、当社が独自に調査しました。その結果、75社がレスポンシブデザインに対応、2013年11月に実施した前回調査から150%増加しました。また、レスポンシブデザインを採用した25社の内、スマートフォン専用サイトをレスポンシブデザインに変更した企業も10社あり、レスポンシブデザインが選択される傾向が強まっていることが伺えます。

企業情報の情報源としての企業サイトの位置付け

企業情報サイト調査結果分析2013第1回:企業情報の情報源としての企業サイトの位置付け「企業情報について、あなたが信頼できると思う情報源をお答えください(複数回答)。」という形式の質問で、最も回答者の割合が高かったのが新聞(64.4%)、次いで企業のWebサイト(58.9%)で、この両者の間には大きな数値の開きはなかった。さらにこれらにテレビ(46.4%)、ニュースサイトやポータルサイト(41.8%)が続くが、前2者と比べ、かなり数値が落ちる。【図1】ユーザーが信頼する企業情報の情報源(2013

2013年12月24日あとらす二十一フィードバック数:0マーケティング

世界主要企業サイトの業界別マルチデバイス対応

2013年12月20日世界主要企業、通信/流通・小売/金融でマルチデバイス対応が拡がる世界企業番付「GLOBAL500」2013年版(米経済誌フォーチュン)に掲載された500社の企業サイトを当社が独自に調査した結果、前回記事のように36%がマルチデバイスに対応していますが、業界別では、通信業界の約6割、流通・小売/金融業界の約5割がマルチデバイス対応していることが分かりました。 世界主要企業サイトの業界別マルチデバイス対応マルチデバイス対応が多い業界は、通信/金融・流通/小売でほぼ半数を超える

2013年12月19日あとらす二十一フィードバック数:0マーケティング

世界主要企業、欧州でレスポンシブデザインが拡がり、北米・東アジアはスマホ専用サイトが主流

2013年12月18日世界主要企業、欧州でレスポンシブデザインが拡がり、北米・東アジアはスマホ専用サイトが主流世界企業番付「GLOBAL500」2013年版(米経済誌フォーチュン)に掲載された500社の企業サイトを当社が独自に調査した結果、前回記事のように36%がマルチデバイスに対応していますが、本社がある地域別、国別の傾向を見ると、欧州ではレスポンシブデザインが比較的多く、米国と韓国・日本といった特定の国ではスマートフォン専用サイトが圧倒的に多いことが分かりました。 世界主要企業サイトの地域

2013年12月12日あとらす二十一フィードバック数:0マーケティング

「世界主要企業サイトのマルチデバイス対応状況」調査

2013年12月12日世界主要企業サイトの36%がマルチデバイスに対応世界企業番付「GLOBAL500」2013年版(米経済誌フォーチュン)に掲載された500社の企業サイトを当社が独自に調査した結果、180社がマルチデバイスに対応していることがわかりました。内訳は、スマートフォン専用サイトでの対応が130社、レスポンシブWebデザインでの対応が50社でした。 世界主要企業サイトのマルチデバイス対応状況マルチデバイス対応率は、3割を超えスマートフォンの普及率が伸びているため、さらに拡大することが

主要企業Webユーザビリティランキング2013<企業サイト編>

Web戦略策定からサイト構築、オペレーションまで、最適なワンストップのソリューションを提供します。 お気軽にお問い合わせください。 当社は「プライバシーマーク」使用の許諾事業者として認定されています

コミュニケーション力ランキング2013<企業サイト編>

Web戦略策定からサイト構築、オペレーションまで、最適なワンストップのソリューションを提供します。 お気軽にお問い合わせください。 当社は「プライバシーマーク」使用の許諾事業者として認定されています

2013年5月1日ステージグループフィードバック数:0マーケティング

企業サイトについてのリサーチ

ステージグループのプレスリリース/広報・PR情報企業サイトについてのリサーチ、半数が運営に課題。ネット広告などへの興味は大きいが、Web集客・販促ができない中小企業の現状。企業サイトについてのリサーチ、半数が運営に課題。ネット広告などへの興味は大きいが、Web集客・販促ができない中小企業の現状。成果へつなぐための企業サイトを専門に企画・制作するステージグループは、企業サイトを制作した企業にその活用状況についてアンケートを実施。ホームページ活用に成功する企業が増加している中で、半数は関心が高いもの

海外進出している上場企業サイトの多言語化状況です。

企業サイトの多言語化状況調査

2013年04月16日アウンコンサルティング株式会社 【TPP緊急アンケート】 企業サイトの多言語化状況調査を実施~上場企業の英語サイト保有率は9割以上~ アウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティング)は、このたび、日本のTPP※参加を巡り、7月からの交渉参加にめどが立ったという見方が出たことから、すでに海外へ輸出、販売、サービス提供している日本の上場企業1,075社をピックアップし、企業サイトの海外対応の状況を

企業サイト ユーザーとのコミュニケーション力診断

Web戦略策定からサイト構築、オペレーションまで、最適なワンストップのソリューションを提供します。 お気軽にお問い合わせください。 当社は「プライバシーマーク」使用の許諾事業者として認定されています

上場企業コーポレートサイト中国語(簡体字)対応サイトのサーバー拠点調査

Web制作事業と翻訳事業で多言語展開している株式会社アークコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:大里 真理子)は、2012年3月8日、東証一部上場企業1687社のうち、中国語(簡体字)サイトを設置している422社を対象に、『上場企業コーポレートサイト 中国語(簡体字)対応サイトのサーバー拠点調査』を作成いたしましたので、ここにご報告いたします。調査の背景当社では、一昨年より、東証一部上場企業を対象に「企業のWebサイトが何ヵ国語の外国語に対応しているか」という調査を行っています。2

2011年11月16日Jストリーム★★★フィードバック数:21モバイル

スマートフォンでのネット利用にフォーカスした調査です。

スマートフォン時代のネットユーザー調査

Jストリームは、スマートフォン時代のネットユーザー調査を実施 ~ スマートフォンでの活発なネット利用により、ネット総利用時間は拡大傾向 ~ 2011年11月16日 【調査の背景】 2011年通期のスマートフォン出荷台数は前年比2.7倍、全体の56.0%との予想がされており、2015年3月には、スマートフォンの契約数はフィーチャーフォンの契約数を上回る普及見通しとの予測がされています(※1)。 Jストリームでは、今後のスマートフォン、PCをはじめとしたマルチデバイスによるインターネットアクセスの拡

2011年5月18日セラクフィードバック数:3マーケティング

続報:東日本大震災における企業サイト運営調査報告

データの収集から可視化までIoTでもとめられるサービスサイクルを提供 Salesforce.comの導入・構築およびアドミニストレーションサービスを提供 TOPICSINFORMATIONPICK UP確立した人材育成・最新の研究開発を主軸とし、イノベーションフィールドでITの未来を創造 教育型モデル×蓄積型ナレッジで、世の中に新たな価値を創造する データの収集から可視化までIoTでもとめられるサービスサイクルを提供 地域とITの結びつきを考えるイベントを開催 社会の発展に貢献する

2009年7月6日アイシェアフィードバック数:0モバイル

携帯は「空メール」から「空電」へ?2割が「利用に前向き」~「安全性」と「利用方法の周知」が利用者増加のカギに?

空電に関する意識調査 携帯は「空メール」から「空電」へ?2割が「利用に前向き」~「安全性」と「利用方法の周知」が利用者増加のカギに?2009年6月15日、株式会社エヌ・ティ・ティメディアクロスが「空電(からでん)」を開始した。このサービスは携帯電話で企業サイトを閲覧する際に、URLの入力や二次元バーコードの読み取りなどの作業を行うことなく、電話をかけるだけで携帯サイトのURLなどを自動的にメールで受信できるというものだ。ドコモ、au、ソフトバンクの携帯3キャリアに対応し、流通している携帯電話端末

2009年6月29日アイシェアフィードバック数:5マーケティング

1位「NTTドコモ」、2位「東芝」~好感が持てるポイントは『使い勝手の良さ』

企業サイト好感度ランキングに関する意識調査 1位「NTTドコモ」、2位「東芝」~好感が持てるポイントは『使い勝手の良さ』会社概要や商品情報などを掲載した企業サイトは今や企業にとって欠くことのできないツールとなっているが、サイトを閲覧する立場にあるネットユーザーは、どのような企業サイトに好感を持っているのだろうか。20代から40代の男女に調査を実施し、564名の回答を集計した。インターネットで企業サイトを見たことがあると答えた65.2%の人に、企業サイトにどんな情報を求めているかを複数回答で聞いた

2009年1月5日Jストリーム★フィードバック数:0マーケティング

JストリームによるPC・携帯のネット利用動向調査です。

“クロスデバイス”時代のネット利用動向調査

Jストリームは“クロスデバイス”時代のネット利用動向調査を実施 ~ パソコンではじっくりと、携帯電話では手軽にアクセス ~ 2008年12月19日 株式会社Jストリーム (東証マザーズ:4308)株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役会長兼社長:白石 清)では、個人の利用目的を対象とした「ネット利用に関するユーザー動向調査」を実施いたしました。本調査結果について発表いたします。【調査の背景】 総務省が2008年4月に発表した「平成19年通信利用動向調査」によると、インターネット利用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ