調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 企業ユーザー

「企業ユーザー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年1月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ネットワーク仮想化市場企業ユーザー動向調査

13 Dec 2018国内ネットワーク仮想化市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 Japan, 2018年12月13日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、ネットワーク仮想化に関する国内企業ユーザー動向調査の調査結果を発表しました。同調査は、国内企業795社を対象に、SDN(Software-Defined Network)やNFV(Network Functio

2019年1月8日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果

05 Dec 2018国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 Japan, 2018年12月5日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内IoT(Internet of Things)市場の企業ユーザー動向調査結果を発表しました。IDCでは2018年8月~9月、全国の従業員規模100名以上の企業を対象に、「IoT利用企業動向調査」と「IoT担当者深堀調査」

2018年12月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 パブリッククラウドを利用している企業の68.2%が、企業ネットワークの何らかの変更を実施。企業ネットワークを見直す重要な機会 SaaS利用企業の74.1%がインターネットトラフィックの増加を認識。クラウド利用が企業のインターネットトラフィックに影響 無線LANの利用拡大が続き、3年後には従業員の45.4%が無線LANを利用 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13

2017年10月29日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 企業ネットワークの運用管理の実態は、実施しているか実施していないかに明確に分かれる クラウド管理型の受容性はネットワーク規模と関連が強く、無線LANなら「アクセスポイント21~50台」がスイートスポット 「配線の複雑化」、「管理者不在拠点のルーター運用管理」といった根強い課題解決こそがベンダーの市場機会 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長

2017年9月22日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 国内企業のIoT利用率は6.0%。組立製造、運輸/運輸サービス、公共/公益の大手企業を中心に、IoTの利用率は継続的に向上 IoTの導入/運用窓口は、事業部門の方がIT部門より多い。IT以外の特定業種事業者や制御系システム/FA事業者などと、事業部門が連携することでIoTの広がりが見込まれる 社内の業務効率化や費用削減目的でIoTを利用する企業の課題は、人材不足、先進技術への対応の遅れ、費用対効果の明確化の難しさ I

2013年5月15日ガートナーフィードバック数:16企業情報システム

国内の企業ユーザーのビッグ・データに対する意識に関する調査

ホーム − 2013年 プレス・リリース −ガートナー、「国内の企業ユーザーのビッグ・データに対する意識に関する 調査結果」を発表2013年5月13日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、「国内の企業ユーザーのビッグ・データに対する意識に関する調査結果」を発表『ガートナー ビジネス・インテリジェンス&情報活用 サミット2013』(5月27〜28日、東京・品川) において知見を提供ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「国内の企業ユーザー

2011年2月2日ガートナー★★フィードバック数:17企業情報システム

ガートナーによるIT投資動向調査結果です。

国内企業のIT投資動向

2011年2月2日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー ジャパン「国内企業のIT投資動向」を発表2011年度のIT投資は、維持費は縮小するが、新規投資は増加傾向にユーザー企業向けの最新のIT投資動向調査により、サーバ仮想化とモバイルへの需要が高まり、アプリケーション投資も再開することが明らかにガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:日高 信彦) のリサーチ部門は、国内企業のIT投資動向に関する最新の調査 (備考1参照) 結果を発表しました。それによると、20

2010年9月14日日経BPフィードバック数:3ビジネス

Windows 2000の「延命ビジネス」

Windows 2000のサポートが2010年7月14日に終了した。Windows 2000のユーザーは、別のOSへの移行が急務だ。だが企業ユーザーの中には、すぐには移行できないところが少なくない。そこで、移行までの時間を稼ぎたいユーザーを対象にした、Windows 2000の「延命ビジネス」が登場している。 Windows 2000がリリースされたのは、その名の通り2000年。以降、企業を中心に導入が進み、現在でも多くのパソコンやサーバーで使われている。日経パソコンが実施した調査では、回答した

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ