「企業人事」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年7月24日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

就活に関する調査

社会人10年目までの約4割が「就活を後悔している」ことが判明!後悔しないための「新しい就活」とは?『CAMP SUMMIT 2017』登壇企業が決定! 7/24(月)の大阪会場では関西電力やパナソニックなど4社の現役人事が参加 総合人材サービスのパーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)は、日本の就活を変え「はたらくを楽しむ」人をさらに増やすため、学生限定イベント『CAMP SUMMIT 2017 ~はたらくを楽しむ人の流儀~』を7月下

2017年1月16日リザーブリンクフィードバック数:0企業情報システム

人事・総務担当者に聞いた!クラウド導入の課題と成果

>> 人事・総務担当者に聞いた!クラウド導入の課題と成果人事・総務担当者に聞いた!クラウド導入の課題と成果優秀な人材を確保する取り組みの一つ「ワークライフバランス」は、クラウドシステムの浸透と共に広く認知されるようになりました。インターネットとPC・スマホなどのデバイスがあればどこからでもアクセスでき、作業を共有できるクラウドシステムは、働く時間や場所を選ばない在宅勤務・モバイルワーク・サテライトオフィス勤務などのテレワークの普及を後押しする仕組みとして注目されています。またクラウドシステムはワ

2016年2月13日産労総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2015年 育児・介護支援制度に関する調査

2015年 育児・介護支援制度に関する調査育児休業取得前後の面談等、復帰支援制度を設けている企業は約5割 人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、このたび「2015年 育児・介護支援制度に関する調査」を実施しました。本調査は2011年以来の実施となります。 調査の結果、①育児休業を取得できる期間は、大企業(1,000人以上規模)では5割以上が法定以上、②円滑な育児休業明けの職場復帰のための支援制度を設けているのは全体の5割、大企業では8割、③育児短時間勤務者が担当する仕事

2015年5月18日ペイロールフィードバック数:0企業情報システム

企業人事・総務担当者の「マイナンバー制度」の対応に関する意識調査

企業人事・総務担当者の「マイナンバー制度」の対応に関する意識調査

2015年3月31日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

厚労省の研究会です。

平成26年度「キャリア・コンサルティング研究会報告書」の取りまとめ

平成27年3月31日【照会先】職業能力開発局 育成支援課キャリア形成支援室室長藤浪 竜哉キャリアコンサルティング専門官亀田 敦志(5908)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3502)8931 平成26年度「キャリア・コンサルティング研究会報告書」の取りまとめ 〜企業経営からみたキャリア・コンサルティングの意義や効果の現状把握と企業の好事例を収集〜 厚生労働省では、このほど、「平成年度キャリア・コンサルティング研究会」(座長:小杉 礼子 独立行政法人労働政策研究・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ