「企業価値」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目

リサーチ TODAY2015 年 6 月 22 日海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本株の投資主体別の売買動向推移である。最近の動きについて一般的な説明では、機関投資家の「ポートフォリオ・リバランス効果で、国債から株式市場に流れた」ためとするものが多い。ただし、日本の金融機関がポートフォリオ・リバランスを率先させたかというと、そうではなかった。2013年は海外投資家の15兆円の大幅買い越しで、国内は売りばかりだった。国内に

2015年6月9日三菱UFJ信託銀行★フィードバック数:0ビジネス

企業価値についてのレポートです。

資本コストと企業価値

資本コストと企業価値

2014年9月18日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

(論文)企業の海外進出と収益力

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 企業の海外進出と収益力2014年9月18日近藤崇史*1中浜萌*2一瀬善孝*3要旨本稿では、わが国企業の海外進出の積極化が収益力や企業価値に与える影響について、実証的に分析した。具体的には、上場企業のマイクロデータを用いて、海外進出の程度を収益率や企業価値に回帰したパネル推計や、国内・海外部門の補完性(一方の事業がもう一方の事業の収益性を向上させる効果)を明示的に考慮した利潤関数の推計を行った。分析の結果、企業が海外進出

2014年5月22日大和総研フィードバック数:0ビジネス

企業価値を創出するグループ統制

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>コーポレートガバナンス 企業価値を創出するグループ統制自社に独自かつ最適なグループ統制の構築に向けて 2014年5月22日コンサルティング・ソリューション第二部 主任コンサルタント 吉田 信之◆国内経済の成熟化や企業間競争の激化等を背景に、M&A等を活用した企業規模の拡大、新規事業への進出、さらには海外展開(グローバル化)が進展してきている。特に、2005

「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造-

「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造-「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造- 川村 雅彦基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこ

2013年10月27日日本政策投資銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

CSR経営が企業価値に及ぼす効果

CSR経営が企業価値に及ぼす効果

2013年9月26日大和総研フィードバック数:0ビジネス

2013年株主総会シーズンの議決権行使結果~TOPIX Core30構成企業の分析~

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年株主総会シーズンの議決権行使結果~TOPIX Core30構成企業の分析~資本市場のガバナンスに対する期待は「形」から「企業価値」に進展 2013年9月26日経営コンサルティング部 主任コンサルタント 藤島 裕三◆2013年の機関投資家による議決権行使のスタンスを確認するため、TOPIX Core30構成銘柄を対象として、臨時報告書による議決権行使結果の開示を分析する。◆社外取締役ゼロの経営

2013年9月19日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

省エネルギー技術開発と企業価値

ノンテクニカルサマリー 省エネルギー技術開発と企業価値 枝村 一磨 (科学技術政策研究所) 岡田 羊祐 (一橋大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新しい産業政策プログラム (第三期:2011~2

2013年8月18日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成24年度総合調査研究(持続的な企業価値向上のためのIR戦略に関する調査)企業報告ラボ(Corporate Reporting Lab)活動報告

平成24年度総合調査研究(持続的な企業価値向上のためのIR戦略に関する調査)企業報告ラボ(Corporate Reporting Lab)活動報告

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ