「企業割合」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2016年3月卒「新規学卒者決定初任給調査

2016 年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」2016 年 10 月 13 日 (一社)日本経済団体連合会 (一社)東京経営者協会 Ⅰ.調査の基本事項 調査目的:新規学卒者の初任給の実態と動向を把握し、今後の初任給対策の参考と するために 1952 年より毎年実施(東京経営者協会との共同調査) 調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,918 社 調査時期:2016 年 6 月 7 日~7 月 1 日 回答状況:集計企業数 493 社(有効回答率 25.7%) (製造業 51

2015年9月18日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度 退職給付サーベイ

マーサー「2015年度 退職給付サーベイ」調査結果を発表 | プレスリリース | マーサージャパン株式会社本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 プレスルーム マーサー「2015年度 退職給付サーベイ」調査結果を発表参加企業数が大幅に増加(206社。2014年:109社)退職一時金制度・厚生年金基

「労働時間管理と効率的な働き方に関する調査」(企業調査)結果 「労働時間や働き方のニーズに関する調査」(労働者調査)結果」

平成27年 7月27日(月)独立行政法人労働政策研究・研修機構 (理事長 菅野 和夫)調査・解析部長 主任調査員補佐 荻野 渡辺 登 木綿子(電話) 03-5903-6286 (URL) http://www.jil.go.jp/半数弱の企業が今後、年間総実労働時間を「短縮していく」と回答 朝型勤務については約2割の企業が「検討余地あり」 、約3割の労働者が「希望する」と回答 ―「労働時間管理と効率的な働き方に関する調査」 (企業調査)結果 「労働時間や働き方のニーズに関する調査」 (労働者調査

千葉県での調査です。

千葉県企業のダイバーシティ経営の動向と今後の課題

「千葉県企業のダイバーシティ経営の動向と今後の課題」千葉経済センター【公益財団法人ひまわりベンチャー育成基金】はじめに21 世紀に入ってからさまざまな場所で徐々に聞かれるようになってきた「ダイバーシティ経営」とは、「多様な人材を活かし、その能力が最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」(経済産業省の定義)である。これまで、実際にダイバーシティを拡大する企業は、外資系企業やIT・通信関連業種など一部に留まってきたが、ここにきて次の2つの理由から、

2015年5月24日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年4月実績、5月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 5 月 2 2 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年4月実績、5月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~5 月もマイナス幅が縮小する見通し~」1 売 上2015 年 4 月の売上 DI は、3 月(▲24.2)からマイナス幅が 13.6 ポイント縮小し、▲10.6 となった。5 月は、▲5.5 とマイナス幅がさらに縮小する見通しとなっている。業種別にみると、製造業(▲19.8→▲15.2)、非製造業(▲2

2015年4月23日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年3月実績、4月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 4 月 2 2 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年3月実績、4月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス 24.3」1 売 上2015 年 3 月の売上 DI(前年同月 (※) と比べて売上が「増加」した企業割合-「減少」した企業割合)は、▲24.3 となった。4 月の見通しは、▲9.3 となっている。業種別にみると、製造業 は▲19.1、非製造業 は▲25.0 となった。(※)2014 年 3 月 は消 費 税

ものづくり現場における若年技能者及び中核的技能者の確保・育成に関する調査

ものづくり現場における若年技能者及び中核的技能者の確保・育成に関する調査 概要高い技術に支えられた「ものづくり」産業はわが国の強みの一つである。今後、わが国が持続的に発展していくためには、「ものづくり」産業において専門的な知識・技術をもった技能者を継続的に育成していくことが必要不可欠である。 機構では、「ものづくり」企業で働く技能者の育成・確保に関する実態を把握するため、2010年度、2011年度の両年度にわたり、調査を実施した。 2010年度は「ものづくり」企業が若手技能者を安定的に採用・

2015年3月20日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年2月実績、3月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 3 月 1 9 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年2月実績、3月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~製造業、非製造業ともにマイナス幅が縮小 ~」1 売 上2015 年 2 月の売 上 DI は、1 月(▲19.7)からマイナス幅が 11.1 ポイント縮小し、▲8.6 となった。3 月の見通 しは、▲18.8(DIは前年同月 比の数値 。昨年 3 月の DI はプラス 4.0)。業種別にみると、製造 業

2015年2月20日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年1月実績、2月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 2 月 1 9 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年1月実績、2月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が拡大~2 月はマイナス幅が縮小する見通し~」1 売 上2015 年 1 月の売上 DI は、2014 年 12 月(▲13.0)からマイナス幅が 6.7 ポイント拡大し、▲19.7 となった。2 月は、▲16.0 とマイナス幅が縮小する見通しとなっている。業種別にみると、製造業 (▲15.0→▲8.7)ではマ

2015年1月22日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2014年12月実績、2015年1月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 1 月 2 2 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2014年12月実績、2015年1月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~製造業はマイナス幅が拡大、非製造業はマイナス幅が縮小 ~」1 売 上2014 年 12 月の売上 DI は、11 月(▲18.8)からマイナス幅が 5.8 ポイント縮小し、▲13.0 となった。2015 年 1 月は、▲11.3 とマイナス幅がさらに縮小する見通しとなっている。業種別にみると

女性の管理職登用についての調査です。

採用・配置・昇進とポジティブ・アクションに関する調査<速報版>

採用・配置・昇進とポジティブ・アクションに関する調査結果 ※データを精査したこと等に伴い、平成26年10月14日に公表した<速報版>から数値及び表記の見直しを行ったものである。概要研究の目的女性の管理職登用の促進に有効と考えられるポジティブ・アクションへの取り組みの実態と背景を明らかにするため、以下の点を明らかにすることを目的とする。 男女を偏って配置する職場がある企業割合、その増減と理由。 男女中途採用者の管理職登用の状況。 女性の活用指標についての実績公表、目標設定・公表の状況。 再雇用

2014年8月31日経済産業省★フィードバック数:0キャリアとスキル

大手企業の賃上げについての調査です。

平成26年 企業の賃上げ動向に関するフォローアップ調査最終集計

平成26 年 企業の賃上げ動向に関するフォローアップ調査最終集計結果の概要等を公表します 経済産業省では、安倍政権の「経済の好循環」実現に向けた施策の一環として、内閣府をはじめとする関係省庁とも連携し、企業の賃上げ動向に関するフォローアップ調査を行いました。この度、5 月30 日に中間集計結果の公表を行った大企業に係る調査について、最終集計結果の概要等をとりまとめましたので、公表します。 1.調査概要 平成26 年の春闘結果等を踏まえた大手企業の賃上げ状況等を把握し、公表するため、本年3 月に

人事制度についての調査です。

企業の諸手当等の人事処遇制度に関する調査

企業の諸手当等の人事処遇制度に関する調査 概要研究の目的本調査は、今まで明らかになっていなかった小規模企業を含めた諸手当の支給実態について把握することを目的としている。研究の方法郵送による調査票の配布・回収。常用労働者1人以上を雇用している全国の民間企業20,000社(農林漁業、公務除く)を対象に産業・規模別に層化無作為抽出。調査実施期間は2013年9月11日から9月27日。有効回収数:7,409件/有効回収率:37.0%。主な事実発見期間を定めずに雇われている常用労働者について諸手当制度があ

2014年8月22日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2014年7月実績、8月見通し)

ニュースリリース2 0 1 4 年 8 月 2 1 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2014年7月実績、8月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、実績、見通しともにマイナス幅が縮小」1 売 上2014 年 7 月の売上 DI(全業種計、季節調整値)は、6 月(▲17.0)からマイナス幅が 3.3 ポイント縮小 し、▲13.7 となった。8 月は、▲13.2 とさらにマイナス幅が縮小する見通しとなっている。業種別にみると、製造業はほぼ横ばい(▲11.2→▲11.4)

高齢者雇用についての調査です。

改正高年齢者雇用安定法の施行に企業はどう対応したか―「高年齢社員や有期契約社員の法改正後の活用状況に関する調査」結果―

改正の施行に企業はどう対応したか ―「高年齢社員や有期契約社員の法改正後の活用状況に関する調査」結果― 概要平成25年4月に施行された改正高年齢者雇用安定法に対する企業の対応状況(高年齢者雇用確保措置の整備状況等)や人事労務管理制度等への影響について調査した(注)。 (注)本調査ではまた、同時に全面施行された改正労働契約法で定める「無期労働契約への転換制度」等に対する企業の対応状況や人事労務管理制度への影響等についても調査しているが、改正労契法にかかる調査結果については調査シリーズNo.122

2014年4月8日日本政策金融公庫★フィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の従業員の増減や給与についての調査です。

中小企業の雇用・賃金に関する調査(全国中小企業動向調査2013年10-12月期特別調査)

ニュースリリース2 0 1 4 年 4 月 8 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所中小企業の雇用・賃金に関する調査結果  (全国中小企業動向調査2013年10-12月期特別調査)3割の企業で正社員は増加、 3社に1社で給与水準は上昇○ 従業員数2013年12月において、正社員が前年同月比で「増加」と回答した企業の割合は、31.5%となった。一方、「減少」は17.1%となった。正社員の「増加」割合は、契約社員・派遣社員の15.1%、パート・アルバイトの18.6%を上回る。今後1年間に正社員が「増

2014年3月27日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査結果(2014年2月実績、3月見通し)

ニュースリリース2 0 1 4 年 3 月 2 7 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2014年2月実績、3月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が拡大~3 月の売上DIは、マイナス幅が大幅に縮小 する見通し~1 売 上2014 年 2 月の売 上 DI(全 業種 計 、季 節 調整 値)は、大雪 の影 響 もあり、1 月(▲1.3)からマイナス幅が拡 大し、▲7.6 となった。3 月は、▲0.1 とマイナス幅が大 幅に縮小 する見 通しである。業 種別

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

ベアってなんだっけ?

よく分かる!経済のツボベアってなんだっけ?経済調査部ベアとは?資料1大塚 崇広ベースアップと定期昇給ベア(ベースアップ)とは、基本給の引き上げのことです。ただし、勤続年数等によって変化する部分(定期昇給)は除かれます。例えば、ある企業で 2013 年の基本給が 25 歳の人で 20 万円、26 歳の人で 21 万円であったとします。2014年になって、基本給が 25 歳の人で 20 万 2,000円、26 歳の人で 21 万 2,000 円に変化しました。この場合、2013 年に 25 歳であっ

2014年3月2日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査結果(2014年1月実績、2月見通し)

ニュースリリース2 0 1 4 年 2 月 2 8 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2014年1月実績、2月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~製造業の DI は、調査開始以来 2 番目の高さ~1 売 上2014 年 1 月の売上 DI(全業種計、季節調整値)は、2013 年 12 月 (▲8.6)からマイナス幅が縮 小し、▲1.3 となった。2 月 は、4.0 とプラスに転じる見通しである。業種別にみると、製造業では 2013 年 12 月か

大分県内の設備投資動向調査(2013年度)

大分県内の設備投資動向調査(2013年度)2013年度の設備投資計画企業割合は62.3%、1991年以来の高水準・設備投資計画額は前年度比5.2%減の1,034億円・投資額は製造業が大幅に減少、非製造業は大幅増加1.2013年度(5月31日現在で調査)における全産業の設備投資計画企業の割合は62.3%と、1991年(62.8%)1%、非製造業が以来の高水準となり、設備投資意欲が高まっている。業種別にみると、製造業が68.59.0%であった。2.設備投資を計画している理由をみると、「設備更新」が最

ものづくり人材についての調査です。

ものづくり現場における若年技能者及び中核的技能者の確保・育成に関する調査

ものづくり現場における若年技能者及び中核的技能者の確保・育成に関する調査 概要高い技術に支えられた「ものづくり」産業はわが国の強みの一つである。今後、わが国が持続的に発展していくためには、「ものづくり」産業において専門的な知識・技術をもった技能者を継続的に育成していくことが必要不可欠である。 機構では、「ものづくり」企業で働く技能者の育成・確保に関する実態を把握するため、2010年度、2011年度の両年度にわたり、調査を実施した。 2010年度は「ものづくり」企業が若手技能者を安定的に採用・

次世代育成支援の視点からの調査です。

男女正社員のキャリアと両立支援に関する調査

男女正社員のキャリアと両立支援に関する調査結果 概要第3次男女共同参画基本計画において、2015年度の民間企業の課長相当職以上に占める女性の割合を10%程度とすることされているが、ポジティブ・アクションの推進を含め女性役職者の登用上の課題等を見出すとともに、次世代育成支援対策推進法(以下「次世代法」という。)の効果を検証することである。企業と従業員に対するアンケート調査により実施した。具体的には、企業調査(従員数300人以上の企業:6,000社、100~299人の企業:6,000社)と企業調査

2011年9月29日日本経済団体連合会フィードバック数:387キャリアとスキル

新卒採用(2011年3月卒業者)に関するアンケート調査

新卒採用(2011年3月卒業者)に関するアンケート調査結果の概要 2011年9月28日(社)日本経済団体連合会1.調査要領企業の2011年3月大卒等新卒者の採用活動を総括し、 次年度に向けた動向を把握することを目的に1997年度より実施。(社)日本経済団体連合会企業会員のうち1,274社を対象無記名式アンケート(業種・企業規模のみ記入)*製造業 45.0%、非製造業 54.0%*従業員数1000人以上 75.8%、500人以上〜1000人未満 12.8%、500人未満 10.1%(業種・企業規模

経営面からの雇用・人事に関する調査結果です。

雇用システムと人事戦略に関する調査

2009年1月23日独立行政法人 労働政策研究・研修機構(理事長 稲上毅)調査・解析部主任調査員郡司 正人調査員奥田 栄二(電話)03-5903-6284、5903-6282(URL) http://www.jil.go.jp《 4 割の企業が何らかの買収防衛策を実施。規模が大きくなるほど「新株予約権の設定」割合が高まる 》《 CSR の障害は、「社員の理解不足」「教育訓練の不足」「専任部署がないこと」が上位 》――「雇用システムと人事戦略に関する調査」(2007 年調査)――Ⅰ.調査結果のポイ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ