「企業所得」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月29日鹿児島県フィードバック数:0社会/政治

平成24年度市町村民所得推計

ここから本文です。市町村民所得推計結果の概要:平成26年度平成26年度の市町村内総生産は,5兆3,303億円で,対前年度増加率1.1%です。 市町村内居住者(企業等を含む)に分配された市町村民所得は,3兆9,846億円で,対前年度増加率△0.8%です。 市町村民所得を鹿児島県の総人口で割った人口一人当たり市町村民所得は,238万9千円で,対前年度増加率△0.1%です。注1:市町村民所得とは,各市町村の雇用者報酬,財産所得,企業所得の合計額です。注2:人口一人あたり市町村民所得とは,各市町村の市町

2015年2月12日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

大きなトピックの影響を見ています。

円安・原油安・法人税改正・消費税増税延期が日本経済に与える影響を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円安・原油安・法人税改正・消費税増税延期が日本経済に与える影響を検証する論点整理と影響試算 ◆2015年2月3日、大和総研では「日本経済中期予測(2015年2月)―デフレ脱却と財政再建、時間との戦い―」を発表した。本予測に当たっては、日本経済を大きく左右する四つの環境変化を織り込んでいる。それらは大幅な円安の進行、原油価格の大幅な下落、法人税制の見直し、そして消費税増税の延期である。本稿ではこれらの変

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス海外

新興国における課税問題に関する調査報告書

平成23年度アジア拠点化立地推進調査等事業新興国における課税問題に関する調査報告書平成24年3月■■■目次■■■I. 調査の背景と目的 ....................................................... 1II. 調査の実施概要 ......................................................... 21. アンケート調査実施概要........................................

2013年6月4日みずほ総合研究所★フィードバック数:1社会/政治海外

韓国経済についてのレポートです。

転機にある韓国経済と新政権の経済政策

みずほ総研論集 2013年Ⅱ号転機にある韓国経済と新政権の経済政策*アジア調査部 主任研究員 苅込 俊二▲要  旨 1.韓国は、米国や日本をベンチマークとするキャッチアップ型発展を遂げてきた。韓国企業は米国や日本などが開発した技術にいち早く適応し、それをベースに製品開発を進めるファストフォロワー戦略で競争力を高め、2000年代に入るとサムスン電子や現代自動車を筆頭にグローバル市場で存在感を格段に高めた。2.しかし、韓国企業がグローバル市場で躍進する一方で、国内経済に目を転じると、家計部門を中心に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ