「企業景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月28日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年5月月例経済報告

(平成27年5月)−景気は、緩やかな回復基調が続いている。−先行きについては、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、原油価格下落の影響や各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある。平成27年5月27日内閣府[参 考 ]先 月 か ら の 主 要 変 更 点4月月例基調判断政策態度景気は、企業部門に改善がみられるなど、緩やかな回復基調が続いている。・個人消費は、総じてみれば底堅い動きとなっている。・

2015年4月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年4月月例経済報告

(平成27年4月)−景気は、企業部門に改善がみられるなど、緩やかな回復基調が続いている。−先行きについては、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、原油価格下落の影響や各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある。平成27年4月20日内閣府[参 考 ]先 月 か ら の 主 要 変 更 点3月月例基調判断政策態度4月月例景気は、企業部門に改善がみられるなど、景気は、企業部門に改善がみられるなど、緩やか

2015年2月19日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年2月月例経済報告

(平成27年2月)−景気は、個人消費などに弱さがみられるが、緩やかな回復基調が続いている。−先行きについては、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、原油価格下落の影響や各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、消費者マインドの弱さや海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある。平成27年2月19日内閣府[参 考 ]先 月 か ら の 主 要 変 更 点1月月例基調判断政策態度2月月例景 気 は 、個 人 消 費 な ど に 弱 さ が み

2014年3月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年3月)

(平成26年3月)−景気は、緩やかに回復している。また、消費税率引上げに伴う駆け込み需要が強まっている。−先行きについては、輸出が持ち直しに向かい、各種政策の効果が下支えするなかで、家計所得や投資が増加し、景気の回復基調が続くことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動が見込まれる。平成26年3月17日内閣府[参考]先月からの主要変更点基調判断政策態度2月月例景気は、緩やかに回復している。・個 人

2014年2月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年2月)

(平成26年2月)−景気は、緩やかに回復している。−先行きについては、輸出が持ち直しに向かい、各種政策の効果が下支えするなかで、家計所得や投資が増加し、景気の回復基調が続くことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、消費税率引上げに伴う駆け込み需要及びその反動が見込まれる。平成26年2月19日内閣府[参考]先月からの主要変更点基調判断1月月例景気は、緩やかに回復している。・輸出は、このところ弱含んでいる。生産は、緩やかに増加している。・

2013年4月15日内閣府フィードバック数:1社会/政治

月例経済報告(平成25年4月)

(平成25年4月)-景気は、一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる。-先行きについては、輸出環境の改善や経済対策、金融政策の効果などを背景に、マインドの改善にも支えられ、次第に景気回復へ向かうことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、雇用・所得環境の先行き等にも注意が必要である。平成25年4月12日内閣府[参考] 先月からの主要変更点基調判断政策態度3月月例4月月例景気は、一部に弱さが残るものの、このとこ景気は、一

2012年9月14日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成24年9月)

(平成24年9月)--景気は、世界景気の減速等を背景として、回復の動きに足踏みがみられる。-先行きについては、当面は弱めの動きも見込まれるものの、復興需要が引き続き発現するなかで、海外経済の状況が改善するにつれ、再び景気回復へ向かうことが期待される。ただし、欧州政府債務危機を巡る不確実性が依然として高いなかで、世界景気のさらなる下振れや金融資本市場の変動が、我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、収益や所得の動向、デフレの影響等にも注意が必要である。平成24年9月14日内閣府[参考]

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ