「企業活動」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「第2回企業魅力度調査」続報

INDUSTRIES & SECTORS [業界]当社のサービスを業界別にご紹介します。EXPERTISE [専門領域]当社のサービスを専門領域別にご紹介します。デジタル当社が提供するデジタル領域のソリューションについてご紹介します。ヘルスケア・メディカル当社が提供するヘルスケア・メディカル領域のソリューションについてご紹介します。マーケティングコミュニケーションズ当社のマーケティングコミュニケーションズ領域のソリューションについてご紹介します。コーポレートコミュニケーションズ当社のコーポレート

知的生産活動の集積傾向に関する分析報告

「知的生産活動の集積傾向に関する分析報告」[調査資料 No.247]の公表について科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、今後の科学技術に着目した地域政策、クラスター政策の実施に資する知見の提供を目指し、国内の知的生産活動の地理的状況について「国内の知的生産活動の地理的分布状況」、「知的生産活動の活動段階による集積傾向の相違」、「企業活動に対する知的生産活動の集積傾向の相違」、「技術間での知的生産活動の集積傾向の相違」の4つの観点から分析を実施しました。その結果、主に次のようなことが明らか

2015年8月31日リスクモンスターフィードバック数:0ビジネス

第3回「金持ち企業ランキング」調査

ページの先頭になります。ページ内を移動するためのリンクです。ここからヘッダ情報になります。リスクモンスターなら、統計に裏付けられた倒産予測や倒産確率の算出が可能 ここから本文になります。リスモン調べ:2015年第3回「金持ち企業ランキング」調査金持ち企業と儲かり企業は違う顔ぶれに!2015年8月28日与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下リスモン、本社:東京都中央区)は、第3回「金持ち企業ランキング」調査結果を発表いたしました。1.実施概要2015年8月3日時

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

岡山県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 : 岡山県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は477件、倒産件数の5.6倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割超 〜はじめに岡山県の2014年度の企業倒産は、件数が3年連続で減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持ち直し

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

中国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/5/29特別企画 :中国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は1959件、倒産件数の4.7倍に〜 代表者年齢、70歳以上が約4割 〜はじめに中国地方の2014年度の企業倒産は、2年ぶりに件数が減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

山口県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 : 山口県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は319件、倒産件数の4.3倍に〜 代表者年齢、70歳以上が99件 〜はじめに山口県の2014年度の企業倒産は、件数が2年ぶりに減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持ち直し

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

島根県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 : 島根県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は185件、倒産件数の4倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割超 〜はじめに島根県の2014年度の企業倒産は、件数が3年ぶりに上昇したものの、依然として抑制傾向で推移している。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

広島県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/5/29特別企画 :広島県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は808件、倒産件数の4.1倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割近くに 〜はじめに広島県の2014年度の企業倒産は、2年ぶりに件数が減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持ち

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

鳥取県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 :鳥取県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は170件、倒産件数の10.6倍に〜代表者年齢、60歳以上が3年連続で7割超〜はじめに鳥取県の2014年度の企業倒産は、件数が2年連続で減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持

2015年4月24日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

輸入中間財の投入と企業パフォーマンス:日本の製造業企業の実証分析

輸入中間財の投入と企業パフォーマンス:日本の製造業企業の実証分析概要開放的な市場は企業活動の効率性を高めるが、日本市場への輸入の拡大が企業にもたらす効果もその1つと考えられる。この論文では『企業活動基本調査』の企業レベルデータをもとにして、日本企業の中間財の輸入が生産性や利益率に与える効果を実証的に分析する。分析結果から、(1)生産性の高い企業は中間財を輸入する傾向にあるが、他方で(2)生産性がより高い企業ほど輸入中間財への依存の程度が低くなる傾向があること、(3)輸出比率が高い企業、外国資本が

2015年3月11日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

医療機関の休廃業・解散動向調査

2015/3/11医療機関の休廃業・解散動向調査医療機関の休廃業・解散、5年で3倍に急増 〜 医師の地域偏在や後継者難で増加 〜はじめに医療機関の倒産件数が2012年以降、減少するなか、医療機関の休廃業・解散件数は増加傾向にある。近年の医療施設数(厚生労働省発表)は、「病院」が減少する一方、「診療所」「歯科医院」は、2012年、2013年と増加。特に都市部に集中する「診療所」と「歯科医院」の競合が激化するほか、地方においては、医師の不足や地域偏在などで、廃業や撤退を余儀なくされる小規模業者が増え

2015年3月10日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

老人福祉事業者の「休廃業・解散」動向調査

2015/3/9老人福祉事業者の「休廃業・解散」動向調査老人福祉事業者の休廃業・解散、3年で3倍に急増 〜 都道府県別では「北海道」が最多 〜はじめに高齢化社会を背景に、老人福祉関連サービスは今後も需要の拡大が見込まれるが、2013年、2014年は小規模事業者を中心に老人福祉事業者(※)の倒産件数が過去最高水準となった。そうしたなか、これら事業者の休廃業・解散はどのような動向をみせているのだろうか。帝国データバンクでは、2005年から2014年までの10年間に休廃業・解散となった老人福祉事業者を

2015年2月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

岡山県 2014年 企業の休廃業・解散動向調査

2015/2/13岡山県 2014年 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は479件、倒産件数の5.4倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割超 〜はじめに消費税率8%への引き上げ前の駆け込み需要で始まった2014年。3月までは住宅、自動車、家電製品などの販売が好調に推移し、円安の進行で輸出関連企業や公共投資の増加に支えられた建設業界などで業績が大きく改善した企業が多くみられ、倒産が抑制された状況が続いた。しかし、4月以降の反動減は予想以上に長引き、業績は好転せず、借入金の返済猶予を受けてきた企業

Presence to profitability 単なる存在としての企業活動から収益獲得への転換

Presence to profitability 単なる存在としての企業活動から収益獲得への転換今日の成長市場の多様化に伴い、多くの企業が市場参入および開拓の戦略策定に多くの時間を費やし、自社の製品・サービスミックスについて、どのような消費者セグメントに焦点を当てるべきかを模索しています。このような戦略策定は成功への鍵であることは間違いありませんが、成長市場では市場へのルートが断片化しており、そのような複雑な市場構造が、戦略実行を一層困難にしています。成長市場への直接ルートの確立が困難であるこ

2015年2月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

広島県 2014年 企業の休廃業・解散動向調査

2015/2/12広島県 2014年 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は829件、倒産件数の4.25倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割近くに 〜はじめに消費税率8%への引き上げ前の駆け込み需要で始まった2014年。3月までは住宅、自動車、家電製品などの販売が好調に推移し、円安の進行で輸出関連企業や公共投資の増加に支えられた建設業界などで業績が大きく改善した企業が多くみられ、倒産が抑制された状況が続いた。しかし、4月以降の反動減は予想以上に長引き、業績は好転せず、借入金の返済猶予を受けてき

2015年2月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

中国地方 2014年 企業の休廃業・解散動向調査

2015/2/10中国地方 2014年 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は1982件、倒産件数の4.6倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割近くに 〜はじめに消費税率8%への引き上げ前の駆け込み需要で始まった2014年。3月までは住宅、自動車、家電製品などの販売が好調に推移し、円安の進行で輸出関連企業や公共投資の増加に支えられた建設業界などで業績が大きく改善した企業が多くみられ、倒産が抑制された状況が続いた。しかし、4月以降の反動減は予想以上に長引き、業績は好転せず、借入金の返済猶予を受けて

2014年12月16日財務省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境規制の企業活動への影響

環境規制の企業活動への影響

2014年12月9日大和総研フィードバック数:0ビジネス

中期経営計画プリンシプル 現場で大切にしたい8つのこと(下)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>経営ビジョン・経営計画 中期経営計画プリンシプル 現場で大切にしたい8つのこと(下)「これは、まあ、アレだから」に陥らないために 2014年12月9日経営コンサルティング部 主任コンサルタント 林 正浩◆中期経営計画の実効性に疑問符がつく理由の一つに「自分ごと化」されていないことが挙げられる。現場における達成インセンティブを具体的に提示することができれば現

2014年8月7日総務省フィードバック数:0マーケティング

O2Oが及ぼす企業活動の変化に関する調査研究

O2Oが及ぼす企業活動の変化に関する調査研究

2014年6月15日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度総合調査研究国際的な企業活動におけるCSRに対する取組の動向に関する調査報告書

平成25年度総合調査研究国際的な企業活動におけるCSRに対する取組の動向に関する調査報告書

2014年5月13日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成25年度 総合調査研究(企業活動と地方税に関する調査)報告書

平成25年度 総合調査研究(企業活動と地方税に関する調査)報告書

2013年11月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

祝アベノミクス1年、目指すは企業活動の活性好循環

リサーチ TODAY2013 年 11 月 21 日祝アベノミクス1年、目指すは企業活動の活性好循環常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所がこのほど出版した『日本経済の明日を読む2014』1の主題は、アベノミクスによる効果をどう評価するかであるが、ポイントは成長戦略を通じた企業への支援姿勢が、今後企業活動に好循環をもたらすことができるかにある。下記の図表は、『日本経済の明日を読む2014』に示された、安倍政権が目指す経済再生への好循環を示す図表である。■図表:安倍政権が目指す

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

総合調査研究等委託事業 産業界の教育支援活動実態調査 報告書

平成23年度総合調査研究等委託事業産業界の教育支援活動実態調査報告書一般社団法人キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会1総合調査研究等委託事業産業界の教育支援活動実態調査報告書1.はじめに【本事業に至る背景】21世紀型の社会は、グローバルな視野を持ち、論理的思考力を有しながら、自分の価値を積極的に見出し、様々な課題を解決していける人材を求めている。一方わが国では、若者の未就業や早期離職等の問題が顕在化し、我が国の生産性を招く原因として懸念されている。子供たちは、PISA 調査からも明らか

2013年7月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年7月号

みずほ日本経済情報2013年7月号[日本経済の概況]◆日本経済は緩やかに回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、緩やかな回復が続くとみられる。円安の数量効果が徐々に強まり、輸出は緩やかに増加する見通しである。補正予算で追加された公共事業が順次執行され、公共投資の増勢は夏場にかけて強まるであろう。雇用・所得環境や消費者マインドの改善を受けて、個人消費も緩やかな拡大を維持する見通しである。企業収益が改善

2013年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 底堅い消費と企業活動鈍化

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 底堅い消費と企業活動鈍化緊縮財政の影響が顕在化し始めたが財政問題は先送り ◆1-3月期の米GDPは底堅い民間部門に対し、政府支出が足を引っ張る構図が確認された。3月から始まった連邦政府の歳出強制削減のネガティブ・インパクトが、民間部門の随所に顕在化してきているとみられる。◆財政緊縮は、防衛関連支出の減少などにつながり、政策不透明感は、企業活動の動きを鈍らせている可能性がある。歳入の増加

グラフで見る東海経済(2013年4月)

2013年04月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車生産の増加が続いており、2月の鉱工業生産は3ヶ月連続で増加した。海外景気の回復により輸出も3ヶ月連続で持ち直している。円安・株高を背景に高額消費が好調を続ける一方、雇用環境は新規求人、有効求人ともに改善傾向が一服しており、個人消費全体は横ばい圏で推移している。設備投資は増加が一服しており、新年度の計画も慎重になっている。一方、賃金減少には歯止めがかかり、住宅投資は緩やかに持ち直している。今後も、世界経済の緩やかな回復とともに

企業のソーシャルメディア利用についてのまとまった調査です。

「企業活動におけるソーシャルメディアの活用状況」に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2012年1月30日環境省★フィードバック数:12製造業/エレクトロニクス

企業の環境関連の取り組み状況です。

環境にやさしい企業行動調査

「環境にやさしい企業行動調査」の結果について(お知らせ)環境省が、平成3年度から継続して実施している「環境にやさしい企業行動調査」について、平成22年度における調査結果を取りまとめました。調査の結果によると、環境への取組を社会的責任として実施している企業は8割以上と、高い割合を占めています。地球温暖化対策については、「方針を定め、取組を行っている」と回答した企業は約6割と、昨年度より増加しました。また、生物多様性保全への取組については、「企業活動と大いに関連があり、重要視している」と回答した企業

2011年4月8日ディスコフィードバック数:0キャリアとスキル

2012年度採用人数、震災後も92%が「当初の計画通り」

「採用活動に採用活動に関する緊急調査する緊急調査」緊急調査」アンケート結果アンケート結果~ 東北地方太平洋沖地震が東北地方太平洋沖地震が新卒採用に新卒採用に与えた影響調査えた影響調査 ~1.2012 年度採用計画への年度採用計画への影響への影響と影響と、選考開始時期の選考開始時期の変更状況今回の震災が採用活動に及ぼした影響について聞いた。2012 年度の採用計画を「当初の計画通り」と回答した企業は全体の 92.2%。現時点では、採用規模の縮小は限定的だ。ただし、首都圏を中心とした電力供給の逼迫等

2010年4月19日MMDLaboフィードバック数:154マーケティング

企業でのTwitter導入に関する動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、MMD研究所登録会員、及びTwitterで募集した一般回答者の協力の下、「企業でのTwitter導入に関する動向調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 「Twitterを企業活動に導入している」24.5%■ 「Twitter導入後、効果が出ている」50.9%■ 「Twit

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ