調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 企業経営者

「企業経営者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月12日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

これが「金持ち企業」トップ500社だ

最新!これが「金持ち企業」トップ500社だ1位ソニー、2位任天堂・・・財務健全なのは? いざというときのおカネが多いと安心なのは家庭も企業も同じ(写真:KY / PIXTA) 年の瀬が近づいてきた。企業にとって12月は従業員への冬のボーナス(賞与、一時金)の支給のほか、取引先への支払いなどがかさむ時期。神経を尖らせている企業経営者や財務・経理担当者もいるだろう。一般家庭もそうだが企業もカネがなければ極端な話は破綻してしまう。そんな企業の財務健全性を示すのがネットキャッシュだ。現預金と短期保有

第9回 企業経営者・緊急アンケート調査「経済成長の課題~現下の経済と企業経営~」

第9回 企業経営者・緊急アンケート調査「経済成長の課題~現下の経済と企業経営~」

第8回 企業経営者・緊急アンケート調査「TPPの影響と対応 ~現下の経済と企業経営~」

第8回 企業経営者・緊急アンケート調査「TPPの影響と対応 ~現下の経済と企業経営~」

2015年10月22日Weber Shandwickフィードバック数:0キャリアとスキル

世界の企業経営者におけるジェンダー平等性

世界の企業経営者におけるジェンダー平等性 ウェーバー・シャンドウィックとKRCリサーチ社は、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が実施した“世界の企業経営者におけるジェンダー平等性~” 調査を後援しました。この調査は、ビジネスへの多様な視点の活用方法を模索するため、世界55ヶ国の企業の経営者と企業幹部(役員、マネージャー以上)327名を対象に実施されました。ウェーバー・シャンドウィックは、女性経営者を企業レピュテーション(評価・評判)に大きな影響を与える “ジェンダー平等性(Ge

経営者調査です。

第7回 企業経営者・緊急アンケート調査「成長戦略実行への課題~現下の経済と企業経営~」

第7回 企業経営者・緊急アンケート調査「成長戦略実行への課題~現下の経済と企業経営~」

2015年4月22日EY Japan★フィードバック数:0ビジネス

セミナー参加者の調査です。

「持続可能な経営」セミナー申込者事前アンケート

経営の最優先は人材戦略、グローバル課題は関心低く~持続可能な経営に向けた経営上の優先課題を調査~新日本有限責任監査法人などが構成するEY Japanは、持続可能な経営に向けた経営上の優先課題について、企業経営層や経営企画、IR、CSR担当者などにアンケート調査を実施しました。その結果、経営者の最優先課題は「人材戦略」であり、激しく変化する経営環境に対応できる人材の育成、労働力不足など、人材に関する課題解決が急務であることを裏付けています。一方で、社会課題は国内志向が強く、「紛争鉱物」や「貧困」「

2015年1月8日産業能率大学★フィードバック数:0ビジネス

企業ランキングです。

社長が選ぶ今年注目の会社2015

従業員数が10人以上の企業経営者(経営トップ)を対象に、2015年に注目している会社を自由記述で1社回答してもらい、その結果を「社長が選ぶ今年注目の会社2015」としてまとめました。調査は、11月13日から11月19日までの7日間、インターネット調査会社を通じて559人の経営者を対象に行いました(有効回答4400)。結果概要企業経営者が今年最も注目している会社は「トヨタ自動車」(65票)。理由として、好調な業績に加え、世界に先駆けて販売が開始された燃料電池車などの新製品に期待する声が多くあげら

経営者調査です。

第6回 企業経営者・緊急アンケート調査「成長戦略実行への課題 ~現下の経済と企業経営~」

第6回 企業経営者・緊急アンケート調査「成長戦略実行への課題 ~現下の経済と企業経営~」

2014年9月8日鳥取県フィードバック数:0社会/政治

平成26年第3回企業経営者見通し調査

平成26年第3回企業経営者見通し調査

2014年6月8日経済成長フォーラム★フィードバック数:0ビジネス

経営者調査です。

第5回 企業経営者・緊急アンケート調査結果「成長戦略への期待~現下の経済と企業経営~」

企業経営者 緊急アンケート調査報告 成長戦略への期待~現下の経済と企業経営~2014年6月6日経済成長フォーラム<調査結果①>今後の日本経済について・今後の実質経済成長率は、「1~2%未満」が6割(58.5%)を占め、 「2%以上」を見込む回答は12.8%だった。 ・名目・実質ともに、「2~3%未満」・「3~4%未満」の回答が前回調査 (2013年11月)より減少している。今後5年間の日本の経済成長率の見込み (名目経済成長率)0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80%

2014年2月4日インターリスク総研フィードバック数:0社会/政治

2014年度ソーシャル・イシュートップ10

2014年1月31日2014年度ソーシャル・イシュートップ10発表~第1位は激甚化する自然災害!~MS&ADインシュアランス グループの株式会社インターリスク総研(社長:近藤 和夫)が事務局を務めるレピュテーショナル・リスク研究会(※)は、1月31日に、「2014年度ソーシャル・イシュー トップ10」を選定しました。ソーシャル・イシューとは、社会において「現在、高い関心を集めている」、もしくは「近い将来に関心が高まると見込まれる」テーマや課題のことで、同研究会では、政治、経済、災害等の各分野にお

経営者アンケートです。

第4回 企業経営者・緊急アンケート調査結果 「安倍政権発足1年~現下の経済と企業経営~」

第4回 企業経営者・緊急アンケート調査結果 「安倍政権発足1年~現下の経済と企業経営~」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ