「企業統治」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年10月9日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

経済政策と企業経営に関するアンケート調査

H27-1-03経済政策と企業経営に関するアンケート調査 Survey of Corporate Management and Economic Policyプロジェクトサービス産業の生産性に関する動態分析 調査の目的少子高齢化が進み、労働力人口の減少が続くことが確実な中、企業の収益性の改善、労働者のスキル向上等を通じた生産性の引き上げやイノベーションの活発化が、日本経済の重要課題となっています。一方、企業活動のグローバル化が進む中、中国経済の成長鈍化など経済の先行き不透明感も高まっています。政

2015年2月5日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

再考 成長戦略 サービス業 生産性向上を

再考 成長戦略 サービス業 生産性向上を消費増税後の景気鈍化にもかかわらず、失業率は2000年代以降の最低水準にある。潜在成長率の引き上げが日本経済の重要課題であることは明らかである。景気対策は所与の潜在成長率のもとで需要を拡大し、需給ギャップを埋めるのが役割であり、中長期の成長力を高めるのは難しい。完全雇用下で成長の天井を引き上げるには、供給力を高める政策が必要になる。労働力人口が減るなかで、潜在成長率を高めるカギは生産性の向上が握る。既に先進国ではサービス産業の生産性がマクロ経済全体の成果を

企業の「稼ぐ力」向上に向けた気運の高まり~スチュワードシップ・コードの導入およびJPX日経400の創設

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月17日企業の「稼ぐ力」向上に向けた気運の高まり ~スチュワードシップ・コードの導入およびJPX日経400の創設 アベノミクスの成長戦略に絡んで、法人税率の引き下げが市場の注目を集める中、同様に重要なテーマとして、政府は経営者の意識改革を促すコーポレート・ガバナンス(企業統治)の強化を掲げています。法人減税で得られた資金を、既に高水準にある手元資金の積み増しではなく、企業の「稼ぐ力」の向上に向け、有効に活用するよう促す必要があ

2014年5月25日東洋経済新報社フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

最新「CSR企業ランキング」未上場トップ20

最新「CSR企業ランキング」未上場トップ201位富士ゼロックス、4位サントリー、7位日本IBM 岸本 吉浩1996年東洋経済新報社入社。各種企業調査に関わる。現在は『CSR企業総覧』編集長として、CSR調査、各種企業評価を担当。著書に『週1回株スクリーニングで資産10倍をめざす本』、『実証会計学で考える企業価値と株価』、『指標とランキングでわかる! 本当のホワイト企業の見つけ方』(共著含む)、ほか関連電子書籍など。 首位は、富士ゼロックスが獲得。サントリーHDは4位にランクイン。大型買収で企

2014年5月18日東洋経済新報社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業種別ランキングです。

最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20小売はセブン、商社は三井物産が首位に 岸本 吉浩1996年東洋経済新報社入社。各種企業調査に関わる。現在は『CSR企業総覧』編集長として、CSR調査、各種企業評価を担当。著書に『週1回株スクリーニングで資産10倍をめざす本』、『実証会計学で考える企業価値と株価』、『指標とランキングでわかる! 本当のホワイト企業の見つけ方』(共著含む)、ほか関連電子書籍など。 セブンが宅配で使用するのは電気自動車。環境にもやさしい(撮影:梅谷秀司) 信頼される会社

2013年2月18日東洋経済新報社★フィードバック数:715社会/政治

東大、京大、慶応の順です。

2013年版「大学ランキング」トップ300

2013年版「大学ランキング」トップ300東大が連覇。続くは京大、慶応、豊田工業 ※最新の大学関連ランキングはこちら財政的な基盤を背景に、充実した教育を実践し、就職の実績もある、「本当に強い大学」はどこか――。その問いに答えるべく「週刊東洋経済」が毎年行ってきたのが「独自ランキング日本の大学」だ。今回は、ランキングの対象大学を拡大。掲載大学も300位まで増やしている。対象は、東洋経済が約750の大学に対して2012年8~9月に行ったアンケートに回答し、かつ11年度の財務諸表が入手できた大学。な

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ