「会員企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月26日パソコン3R推進協会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年度の使用済パソコンの回収再資源化実績は446千台

平成28年度のパソコンメーカーによる使用済パソコンの回収再資源化実績は446千台 一般社団法人 パソコン3R推進協会の会員企業が、平成28年度に回収した使用済パソコン(表示装置を含む。以下同じ。)は、表1のとおり446千台となり、前年度比69.7%に止まりました。このうち、家庭から回収したパソコン(以下、家庭系パソコンという。)は前年度比89.2%の306千台で、法人から回収したパソコン(以下、事業系パソコンという。)は前年度比47.1%の140千台となっています。また、製品リユースのための回

PR業実態調査

> PR業実態調査を実施 PR業実態調査を実施PR業売上高(2016年度)は1,016億円前回調査(2015年)に比べ7.2%の伸び公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会は通算6回目となるPR業実態調査を実施いたしました。調査は204社を対象に行われ、76社から回答が得られました。本調査は、当協会会員社と非会員社合わせて204社を対象に行われ(有効回収率は37.3%)、PR業各社の業務傾向などからPR業界の最新の潮流を探るとともに、PR業全体の売上規模を推計(※)いたしました。PR業界全

2017年6月22日東京商工会議所フィードバック数:0ビジネス

「会員企業の防災対策に関するアンケート」2017年調査

「会員企業の防災対策に関するアンケート」2017年調査結果を取りまとめました 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、災害対策委員会(委員長=山田隆持・NTTドコモ顧問)において、会員企業における帰宅困難者対策やBCPの策定状況等の防災対策の実態を把握するために標記アンケート調査を実施し、このたび調査結果がまとまりましたのでお知らせします。調査結果のポイントは以下のとおりです。 ● 帰宅困難者対策条例の認知度は64.4%で、過去3回の調査から大きな変動は見られず、6割台を維持している。認知度は、従

事務機械の2016年の会員企業の出荷実績

事務機械の2016年の会員企業の出荷実績を発表しました。 当協会では、統計委員会を設置して、事務機械の各種統計調査事業を行っております。このたび事務機械の2016年の会員企業の出荷実績をとりまとめましたので発表いたします。内容は添付ファイルをご覧下さるようにお願いいたします。-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+本件に関するお問い合わせ先:TEL: 03-6809-5010(代表)FAX: 03-3451-1770統計委員会事務局: 岡野 聖史広報担当: 横森 

事務機械の2016年上半期(1~6月)会員企業出荷実績

事務機械の2016年上半期(1~6月)出荷実績を発表しました。 当協会では、統計委員会を設置して、事務機械の各種統計調査事業を行っております。このたび2016年上半期(1~6月)会員企業の出荷実績をとりまとめましたので発表します。内容は添付ファイルをご覧下さるようにお願いいたします。-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+本件に関するお問い合わせ先:TEL:03-6809-5010(代表)FAX:03-3451-1770統計委員会事務局: 岡野 聖史広報担当: 横

事務機械の2015年の会員企業の出荷実績

事務機械の2015年の会員企業の出荷実績を発表しました。 当協会では、統計委員会を設置して、事務機械の各種統計調査事業を行っております。このたび、2015年の会員企業の出荷実績をとりまとめましたので発表します。内容は本ページの添付ファイルをご覧下さるようにお願いいたします。-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+本件に関するお問い合わせ先:TEL:03-6809-5010FAX:03-3451-1770統計委員会事務局: 岡野 聖史広報担当: 横森 聡、冠野 博信

市場データです。

事務機械の2014年の会員企業の出荷実績

事務機械の2014年の会員企業の出荷実績を発表しました。 当協会では、統計委員会を設置して、事務機械の各種統計調査事業を行っております。このたび、2014年の会員企業の出荷実績をとりまとめましたので発表します。内容は本ページの添付ファイルをご覧下さるようにお願いいたします。-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+本件に関するお問い合わせ先:TEL:03-6809-5010FAX:03-3451-1770統計委員会事務局: 岡野 聖史広報担当: 横森 聡、冠野 博信

2014年9月9日東京商工会議所★★フィードバック数:0社会/政治

企業の防災です。

「会員企業の防災対策に関するアンケート」調査

「会員企業の防災対策に関するアンケート」調査結果を取りまとめました 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、震災対策特別委員会(委員長=佐々木隆副会頭・ジェイティービー相談役)において、会員企業における帰宅困難者対策やBCPの策定状況等の防災対策の実態を把握するために標記アンケート調査を実施し、このたび調査結果がまとまりましたのでお知らせします。 調査結果のポイントは以下のとおりです。 <調査結果のポイント> ● 帰宅困難者対策条例の認知度は6割。従業員規模が小さくなるほど認知度は低下する。● 条

2014年7月1日パソコン3R推進協会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度の使用済パソコンの回収再資源化は892千台

平成25年度の使用済パソコンの回収再資源化実績は893千台 一般社団法人 パソコン3R推進協会の会員企業が、平成25年度に回収した使用済パソコン (表示装置を含む。以下同じ。)は、表1のとおり前年度比105.9%の893千台となりました。 このうち、家庭から回収したパソコン(以下、家庭系パソコンという。)は前年度比106.8% の474千台、法人から回収したパソコン(以下、事業系パソコンという。)も前年比105.5%の419千台で、ともに前年度を上回りました。 なお、家庭系パソコンは、リサイ

2014年5月23日東北経済連合会フィードバック数:0ビジネス

第73回企業経営に関するアンケート調査

一般社団法人 東北経済連合会東経連からのお知らせ「第73回企業経営に関するアンケート調査」の実施結果について - 25年度下期実績BSIは大幅に上昇し、来期の見通しは大幅低下 -(一社)東北経済連合会では、東北経済の動向と企業経営の実態を把握し、国の政策に対する要望など今後の当会活動に資するため、毎年4月と10月の年2回、当会会員企業を対象に「企業経営に関するアンケ-ト調査」を実施しております。今回の調査は、287社の会員企業に対して送付し、213社から回答を得ています。今回の調査結果は別添のと

広報・PR会社についての調査です。

2013年PR業実態調査

> 2013年度売上高予想は前年比116%。推計市場規模は901億円。 2013年度売上高予想は前年比116%。推計市場規模は901億円。2013年度売上高予想は前年比116%。推計市場規模は901億円。~2013年PR業実態調査を実施~公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会(理事長:森 健)はこのほど、PR業に関する実態調査を実施しました。本調査は2007年から隔年で実施され今回は4回目(※1)、当協会に加盟する会員企業と非会員企業合わせて202社の広報・PRを取り扱う企業各社を対象に

事務機器の市場データです。

事務機械の「2012年会員企業の出荷実績」

事務機械の「2012年会員企業の出荷実績」

複合機に代表される事務機器の市場データです。

事務機械の「全世界出荷に関する2012年の見込み及び2013年・2014年の予測」

事務機械の「全世界出荷に関する2012年の見込み及び2013年・2014年の予測」の発表 この度、全世界市場を対象に新たに事務機械の出荷に関する見込み及び予測をとりまとめましたので発表致します。なお、この出荷見込み及び予測の調査にあたっては、外部の調査機関に委託し取りまとめを行いました。掲載しています事務機械出荷実績(JBMIA集計)、複写機・複合機出荷実績(JBMIA集計)は、会員企業の出荷実績のみであることから、今回の予測に用いている数値とは異なりますのでご注意ください。

Winny、Share等の利用状況です。

ファイル共有ソフトの利用に関する調査

不正コピー発覚の機械メーカーとACCS会員が約4,100万円で和解平成24年4月16日ACCS会員企業によると、機械メーカーの従業員が業務遂行にあたり、会員企業が著作権を持つソフトウェア324本を不正にインストール(不正コピー)していたとして、機械メーカーとの間で和解交渉を続けていたところ、損害賠償金約4,100万円を支払うことなどを内容とする和解が3月27日に成立したとの報告がありました。 この問題は、ACCS不正コピー情報窓口に寄せられた情報に基づき、会員企業が代理人弁護士を通じて対応したと

2011年6月29日アイティメディア★フィードバック数:7モバイル

TechTargetによるスマートフォンやタブレットなどスマートデバイスについての調査結果です。

44.6%の企業はスマートデバイス導入も、「端末の紛失・盗難」に不安

TechTargetジャパンは2011年6月6日から20日、会員を対象に「企業のスマートデバイス利用」に関するアンケート調査を実施した。調査からは、会員企業でのスマートデバイス導入状況や同デバイス向けに導入予定のIT製品・サービスなどが明らかとなった。本稿では、調査の一部を抜粋して紹介する。 なお本調査で扱うスマートデバイスとは、スマートフォンやタブレットなどの端末を示し、従来の携帯電話(フィーチャーフォン)やノートPCは含まない。調査概要目的:TechTargetジャパン会員のスマートデバイス

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ