調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 会社カンター

「会社カンター」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

企業幹部の72%が1970・80年代生まれ

WHAT'S NEW市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の価値観や生活態度・意識などを調査しています。この中には、企業幹部を対象にしたものも含まれます。中国にあるグループ会社のシーティーアール(CTR)社が、都市部の企業幹部を対象に2013年に実施した調査によると、対象者のうち1970年代・80年代生まれの人の割合が72%を占めました。また、2004年に行った調査と比較すると、以前よりもワークライフバランスを考慮する企業幹部

BBクリームを使う女性、中国都市部で増加の傾向

WHAT'S NEWBBクリームを使う女性、中国都市部で増加の傾向- 2年前調査時よりも使用者の割合が高まる -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の生活態度や意識などを調査しています。このうち、中国では、グループ会社のカンター・ワールドパネル社が、女性の化粧品(スキンケア含む)の使用状況や肌に対する意識の変化を毎年調べています。その調査の中で、中国都市部の女性(13-55歳が対象)でBBクリーム*を使う人が数年前よりも増加

日本が最下位です。

SNSの利用度で日本は49ヵ国(地域)中最下位

WHAT'S NEWソーシャルネットワークサービスの利用度で日本は49ヵ国(地域)中最下位- 写真・動画などのアップロードでも日本は最下位 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、消費者のモバイル・タブレットなどのデジタル機器やデジタル関連サービスの消費・利用動向を調べ、そのデータや分析レポートを企業に提供しています。今年の3月から6月にかけて、49ヵ国(地域)のインターネットユーザー約55,000人(日本は996人)を対象に実施した調査(名

ワールドカップに1番興奮している国はインドネシア

WHAT'S NEW21ヵ国でワールドカップへの興奮度合いを比較。1番興奮している国は「インドネシア」。「日本」は21ヵ国中「17番目」市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の価値観や態度に関する調査を行っています。現在最も注目されているスポーツの祭典の一つ「2014 FIFAワールドカップブラジル大会」に関して、今年の2月に21ヵ国の消費者に大会に関する興奮度合いを聞きました。その結果、「とてもエキサイト(興奮)している」と

2014年6月4日カンター・ジャパンフィードバック数:0ライフスタイル海外

アメリカの10代が得るお金の主役は、「親からもらうお金」と「ギフトカード」

WHAT'S NEW[トピックス]アメリカの10代が得るお金の主役は、「親からもらうお金」と「ギフトカード」- フルタイムの仕事からお金を得ると回答する人の割合が2007年調査よりも減少 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の価値観や態度に関する調査を行っています。グループ会社のザ・フューチャーズ・カンパニー社が、昨年アメリカで10代、20代の男女計4,000名を対象に実施した調査によると、10代の人が得るお金(又はそれに

5歳以下の子供を持つ母親は、熱心なSNSユーザー

WHAT'S NEW5歳以下の子供を持つ母親は、熱心なソーシャルメディアユーザー- イギリス、フランス、ドイツ、スペインでの調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の行動や態度に関する調査を行っています。グループ会社のカンター・メディア社がイギリス、フランス、ドイツ、スペインでソーシャルネットワーキングサイトの利用について昨年実施した調査によると、インターネットユーザーである母親たちはソーシャルメディアサイトを定期的に訪

ソーシャルメディアの影響は好ましい(中国)

WHAT'S NEWソーシャルメディアを使う人の約77%はその影響を好ましいと感じている(中国)- 現実のプレッシャーから解放してくれるのがソーシャルメディア。中国人のソーシャルメディアへの向き合い方 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、ソーシャルメディアでのつぶやき・投稿の収集・分析やソーシャルメディアを使う人の動向調査などを行っています。昨年末から今年初めにかけて、グループ会社のシーティアール社(CTR)が中国のソーシャルメディア使用者1

2014年2月5日カンター・ジャパンフィードバック数:0ライフスタイル海外

同じパーソナルケア製品を使う50歳以上の女性の割合は65%(アメリカ)

WHAT'S NEW同じパーソナルケア製品を使う50歳以上の女性の割合は65%(アメリカ)市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、世界各地にあるグループ会社と協力して、消費者の日々の生活や行動について調査を行っています。グループ会社のカンター・ワールドパネル社が行っている定期調査によると、アメリカの50歳以上の女性には、パーソナルケア製品*を購入する際、それが同じ製品である場合が多いことがわかりました。*パーソナルケア製品とは、洗顔・スキンケア用品

インドネシア世帯の86%が同じ製品を買う

WHAT'S NEW- 都市部に暮らす5,000世帯の1年間の買い物の記録 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、世界各地にあるグループ会社の事業所と協力して、海外の消費者の実態を様々な方法で把握しています。東南アジア最大の経済国であるインドネシアでは、グループ会社のカンター・ワールドパネル社がその都市部に住む5,000世帯を対象に日用品に関する購買記録を取っています。彼らは、その購買記録から、消費者がどの程度日用品のブランドにこだわりを持って

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ