調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 会計ソフト利用

「会計ソフト利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年8月10日J.D. Powerフィードバック数:0ビジネス

2017年日本会計ソフト顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 事業法人向け会計ソフトの満足度は弥生が第1位 報道用資料2017年日本会計ソフト顧客満足度調査 現状は従来のインストールタイプが主流、クラウドタイプの会計ソフト利用率は1割にとどまるクラウドタイプ利用企業の満足度は従来型には及ばず、製品、サポート領域での改善が望まれるスモールオフィス市場における事業法人向

2017年1月26日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの利用状況調査(2016年12月末)

クラウド会計ソフトの利用状況調査(16年12月末) 2017年01月18日■ 個人事業主の会計ソフト利用率は32.7%、その内、クラウド会計ソフトは9.7%■ クラウド会計ソフトの認知度は65.7%に上昇、帳簿や申告書作成の負担軽減等を評価■ クラウド会計ソフトの事業者シェアでは弥生が52.8%、freeeが22.3%  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は、個人事業主(1万6,453事業者)を対象にWebアンケート調査を実施し、2016年12月末時点のクラウド会計ソフトの利用状況をま

2016年10月6日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

2016年09月29日■ 会計ソフト利用者のうち、クラウド型の利用率は17.2% ■ 設立1年未満の中小企業・団体では、クラウドの利用率が5割超 ■ クラウド会計ソフトの導入シェアは「freee」が36.6%で首位 ■ クラウド会計ソフトの導入メリットは情報の集約管理とコスト削減  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は9月29日、国内法人におけるクラウド会計ソフト(※1)の導入実態について調査結果を発表した。この調査は、従業員300人以下の中小企業等5,015社を対象にWebアンケートを実

第二回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査

◆パッケージ型・クラウド型を合わせた会計ソフト利用率は約31.3%。会計ソフトのクラウド化率は半年で5.2ポイント増加し、10%に到達。◆法人、個人事業主合わせて最も利用されているクラウド型会計ソフトはfreee、事業者別シェアは大手3社で全体の3/4以上を獲得。◆クラウド型会計ソフトのサービス選定時には、ユーザー全体の約7割が「簡単」であることを重要視、価格を重要視する傾向が拡大、全体の約半数が「価格が安い」ことを重視すると回答。 デジタル領域専門の市場・サービス評価機関、デジタルインファク

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ