調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 住宅ローン金利

「住宅ローン金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月11日MFSフィードバック数:0大型消費/投資

2017年3月の主要銀行の住宅ローン金利

「新しい住宅ローン選びの形、ユーザーに常にベストな選択を」 |株式会社MFS 3月の住宅ローン金利動向報道関係者各位2017年3月7日株式会社MFS3月の主要行住宅ローン金利は10年固定でやや上昇傾向 フィンテックを活用した住宅ローンファイナンスサービスを提供する株式会社MFS(東京都新宿区、代表取締役CEO:中山田 明、以下MFS)は、3月の主要銀行の住宅ローン金利をまとめましたのでお伝え致します。ハイライト・ 変動金利と長期固定は前月と同じ水準・ 10年固定は10年スワップレート上昇に伴い上

住宅購入に関する意識調査(第12回)

「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた44.6%が「買い時」と回答し、前回調査(2016年7月)と比べると3.5ポイント減少した。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く68.7%、「今後、消費税の引き上げが予定されている」44.9%、「今後、住宅ローンの金利が上がると思われる」32.3%と続く。 今後の不動産の価格については、「上がると思う」は23.2%となり前回比で1.4ポイント減少した。 「横ばいで推移すると思う」は35.1%で前回

2017年2月7日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

第36回マンション購入に対する意識調査

第36回マンション購入に対する意識調査の公表【要旨】■「意欲が増した」は前回より10ポイント増加。購入意欲アップの一因は住宅ローン金利の安さ■買い時DIは11ポイント回復するも、依然マイナスの-16.1不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、自社が運営する「住まいサーフィン」にて、マンション購入検討者の定例意識調査を実施いたしましたので公表します。本調査は、自社インターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員のうち、直近3か月間に新築マ

2016年12月14日MFSフィードバック数:0大型消費/投資

12月の主要銀行の住宅ローン金利

[株式会社MFS] ,金利 住宅ローン レポート 借換 フィンテック Fintech モゲチェック MFS モーゲージ・ネクスト モゲチェック・プラザ

住宅購入に関する意識調査(第11回)

2016 年 8 月 3 日野村不動産アーバンネット株式会社報道関係者各位不動産情報サイト「ノムコム」住宅購入に関する意識調査(第 11 回)を実施~「不動産は買い時」との回答は 48.1%となり、前回比 6.8 ポイント上昇~マイナス金利導入に伴う住宅ローン金利の低下が、購入検討者のマインドに影響野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:前田 研一)は 2016 年 7 月 8 日(金)~7 月 14 日(木)、不動産情報サイト「ノムコム」(http://www.nom

不動産購入に関する意識調査アンケート 第10回調査

住宅購入に関する意識調査アンケート - ノムコムby野村不動産 アーバンネット「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた41.3%が「買い時」と回答し、前回調査(2015年7月)と比べると4.9ポイント減少した。 居住地別の回答結果を見ると、埼玉県、千葉県においては「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた約5割の方が「買い時」と回答している。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く69.1%(前回比4.7ポイント増加)、「

住宅購入に関する意識調査アンケート第9回

住宅購入に関する意識調査アンケート - ノムコムby野村不動産 アーバンネット不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ46.2%が「買い時」と回答し、前回調査(2015年1月)と比べると7.3ポイント減少した。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く64.4%、「今後、10%への消費税の引き上げが予定されている」40.2%、「今後、不動産価格が上がると思われる」39.6%と続く。 買い時だと思わない理由については、「不動産価格

第7回-住宅購入に関するアンケート調査

ハイアス・アンド・カンパニーがお届けする、住宅・土木・不動産業界の経営革新情報サイト 第7回−住宅購入に関するアンケート調査 (ページ:1/1)景況感は回復せずとも、住宅の買い時感は回復傾向 マイホームは“夢の実現”より“現実思考”調査概要1) 調査名 :「住宅購入に関するアンケート調査」2) 調査方法 :「ハッピーリッチ・アカデミー」、「二世帯住宅大作戦」、「住宅ローン大作戦」 「土地活用大作戦」上でのアンケートにて選択式にて回答を得た。3) 調査対象 :住宅購入前、住宅購入後のそれぞれのイ

住宅の購入やローンについての調査です。

第8回 住宅購入に関する意識調査アンケート[ 2015年1月 ]

不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ53.5%が「買い時」と回答し、前回調査(2014年7月)と比べると0.1ポイント増加した。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く73.4%。「10%への消費税の引き上げが予定されている」41.5%、「今後、不動産価格が上がると思われる」34.2%と続く。 今後の不動産の価格については、「上がると思う」が最も多く39.6%と前回比で4.6ポイント減少した。 「横ばいで推移すると思う」が30

2014年10月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:国慶節の礼物は住宅市場テコ入れ策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:国慶節の礼物は住宅市場テコ入れ策住み替えのための2軒目の住宅ローンは1軒目と同様に優遇 ◆中国人民銀行と中国銀行業監督管理委員会は2014年9月29日付けで、低迷する住宅市場のテコ入れを目的とした通知を発表した。①居住目的の1軒目の一般住宅を購入する家計が利用する住宅ローンについては、頭金比率を最低30%以上、ローン金利の下限は基準金利の0.7倍とし、具体的な貸出条件は銀行がリスク状況を鑑みて自

2014年7月22日東新住建フィードバック数:0大型消費/投資

分譲住宅購入予定者の考える「住宅&土地価格」「住宅ローン金利」の動向

分譲住宅購入予定者の考える「住宅&土地価格」「住宅ローン金利」の動向

【3月米住宅販売】新築一戸建て販売は38.4万件、市場予想を大幅に下回る低迷

【3月米住宅販売】新築一戸建て販売は38.4万件、市場予想を大幅に下回る低迷 | ニッセイ基礎研究所 【3月米住宅販売】新築一戸建て販売は38.4万件、市場予想を大幅に下回る低迷 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:新築販売が予想を大きく下回る4月22日に全米不動産協会(NAR)が3月の中古住宅販売件数を、23日には米国商務省と住宅都

2014年3月31日内閣府フィードバック数:0大型消費/投資海外

米英:住宅価格をめぐる動向

今週の指標 No.1093 米英;住宅価格をめぐる動向 ポイント2014年3月31日 米国、英国の景気は、消費の堅調な増加などから緩やかに回復している。 この要因の一つは、住宅価格の上昇による資産効果である。 ここでは、両国の住宅価格の動向について概観し、今後の景気動向に対する意味合いを整理したい。 米英の住宅バブル崩壊後の住宅価格の比較 世界金融危機以後の住宅価格の動きを比較すると、米国の下落幅が英国に比べ大きい (危機前ピーク比:米国▲31.9%、英国▲13.6%(危機前のピークは米国が0

消費税もテーマになっています。

住宅購入に関する意識調査(第6回)

2014 年 1 月 22 日野村不動産アーバンネット株式会社報道関係者各位不動産情報サイト「ノムコム」住宅購入に関する意識調査(第 6 回)を実施~「不動産は買い時」と 62.4%が回答~東京五輪開催は「不動産価格を押し上げる効果がある」と 68.1%が回答野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島 青史)は、2014 年 1 月 7 日(火)~1 月 13 日(月)、不動産情報サイト「ノムコム」(http://www.nomu.com/)の会員を対象とした「住宅購

2013年12月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~15年度住宅着工戸数の見通し ~駆け込み需要はピークアウトへ~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013~15年度住宅着工戸数の見通し~駆け込み需要はピークアウトへ~発表日:2013年12月4日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(要旨)○10 月の住宅着工戸数は 103.7 万戸(季節調整済年率換算値)となった。住宅着工は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の本格化に伴い、100 万戸台の高水準で推移している。○足元の着工を取り巻く環境は引き続き良好だ。着工の押し上げ要因として

2013年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

再び水面下に沈んだ米住宅需要のこれから

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 再び水面下に沈んだ米住宅需要のこれから供給増により住宅市場は緩やかな回復軌道に復する見込み ◆FRBの融資担当者調査によれば、足下の住宅ローン需要の低下が見られた。新築・中古住宅販売の増勢にも陰りが見られ、住宅市場の腰折れが懸念する見方もある。◆住宅取得可能指数は住宅ローン金利や住宅価格の上昇によって低下している。特に、家計所得の増加ペースが伸び悩む中、住宅価格の上昇ペースが速すぎることが、住宅需要を

2013年8月22日東新住建フィードバック数:0大型消費/投資

住宅・土地価格や住宅ローン金利の愛知県での見通し

住j宅 市 場 デ ー タ2013 年 8 月 2 0 日 版ショートこ の レ ポ ー ト は 、住 宅 市 場 の 把 握 に 欠 か せ な い 各 種 デ ー タ や 経 済 指レポート標 に よ り 親 し み を 感 じ て い た だ く た め の も の で す 。気 軽 に お 読 み いただければ幸いです。住宅・土地価格や住宅ローン金利の愛知県での見通し~愛知県住宅購入者(希望者含む)のウェブアンケートより~住 宅 市 場 研 究 室 小 間 幸 一 kouichi- ko

住宅購入についての意識調査です。

住宅購入に関する意識調査(第5回)

2013 年 7 月 24 日野村不動産アーバンネット株式会社報道関係者各位不動産情報サイト「ノムコム」住宅購入に関する意識調査(第 5 回)を実施~「不動産は買い時」と 63.3%が回答~「不動産価格は上がる」、「住宅ローン金利は上がる」の回答が大幅増加野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島 青史)は、2013 年 7 月 2 日(火)~7 月 8 日(月)、不動産情報サイト「ノムコム」(http://www.nomu.com/)の会員を対象とした「住宅購入に関

2013年7月3日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:住宅価格は若干スピードオーバー

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.Economic Research Group (New York)Toshiki Iwaoka 岩岡 聰樹Managing Director & Chief Economist+1(212)782-5701, tiwaoka@us.mufg.jpHUJuly 2, 2013U<FOCUS>住宅価格は若干スピードオーバー 住宅市場の回復が鮮明となっている。5 月の中古住

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ