「住宅地」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「地価公示・地価調査マップ」Version3

2016年の地価公示・2016年の地価調査(基準地価) - 土地の価格 - 2016年 地価公示 の地価マップや推移・ランキング! [2016年(平成28年)]の[地価公示]は、全国25,255地点で調査され平均金額は「190,667円/m²」、坪単位は「630,304円/坪」です。過去3年を見ると、2015年(平成27年)からの変動率は102.84%で下落(↓)、2014年(平成26年)からの変動率は102.26%で下落(↓)、2013年(平成25年)からの変動率は100.19%で下落(

2015年3月19日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

今年の地価公示です。

平成27年地価公示

【平成27年3月19日】 平成27年地価公示を公表しました ホーム【平成27年3月19日】 平成27年地価公示を公表しました【平成27年3月19日】 平成27年地価公示を公表しました  3月18日に、平成27年地価公示(1月1日時点の地価)の公表を行いました。平成26年1月から1年間の地価の動きは、全国平均では、住宅地は下落率が縮小し、商業地は7年ぶりに下落から横ばいに転換しました。また、東京・大阪・名古屋の三大都市圏平均では、住宅地、商業地ともに2年連続で上昇となりました。<平成27年地価公

2014年10月8日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇

2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇(Vol.122)- 不動産コラム 【Vol.122】 2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇国土交通省は9月18日、2014年都道府県地価調査の結果を公表しました。全国平均で過去1年間の変動率は、住宅地が▲1.2%、商業地は▲1.1%の下落でした。全国の全用途平均の変動率は▲1.2%と23年連続で下落となりましたが、下げ幅は昨年の▲1.9%から縮小し、三大都市圏(東京・大阪・名古屋)の全用途平均は+0.8%と、昨

2014年9月23日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年東京都基準地価格の概要

平成26年 東京都基準地価格の概要平成26年9月19日財務局 国土利用計画法に基づく平成26年7月1日時点の東京都の基準地価格については、都内1,268地点の選定基準地の調査を行い、各地点の価格を平成26年9月19日付告示で公表する。用途区分ごとの地点数は、住宅地771地点、商業地466地点、工業地14地点、宅地見込地6地点、林地11地点である。地区の分類及び地点数の配分は、次の内訳のとおりである。[区部]都心5区千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区(5区:162地点)その他区文京区、台東区、

2014年9月15日東京カンテイフィードバック数:0大型消費/投資

関西版〈9) / 駅別中古マンション価格

東京カンテイ|リリース2014年9月9日号 関西版 < 9 >2014/09/08東京カンテイのデータベースに登録された首都圏の中古マンション(ファミリー)の売り希望価格をもとに、鉄道路線の駅ごとに平均坪単価(3.3m2)を算出 単位:万円 カッコ内の数値は事例物件の平均築年数/同専有面「現状価格」は14年4月〜6月までの3ヵ月間を集計阪神間主要駅は上昇 兵庫西部は横ばいに 今回は、兵庫県東部(神戸市以外の阪神間6市。尼崎、芦屋、西宮、宝塚、川西、三田)と西部(明石、加古川、高砂、姫路)の2エリ

2014年7月4日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年地価公示にみる地価動向3

リサーチ・メモ平成 26 年地価公示にみる地価動向 32014 年 7 月 2 日今回は、前回に引き続き、平成 26 年の地価公示をもとに、地方圏の地価動向を概括したい。地方圏の 中の地方ブロックの中心都市であるいわゆる「札仙広福」を含む各都県の状況、来春に北陸新幹線の開 業が予定される北陸地方の各県の状況などを順次見てみたい。また、東日本大震災の被災地の状況にも 触れてみたい。 まずは、 「地方圏」全体の状況を概括したい。 1. 「地方圏」の状況 三大都市圏を除く「地方圏」の平均変動率は、住宅

2014年3月20日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年 地価公示価格(東京都分)の概要

平成26年 地価公示価格(東京都分)の概要平成26年3月19日財務局 地価公示は、地価公示法に基づき、国土交通省の土地鑑定委員会が標準地を選定し、毎年1月1日時点の調査を行い、価格を判定して、一般の土地の取引価格の指標等として公表するもので、昭和45年以降毎年実施している。平成26年の東京都分の地点数は2,162地点で、平成25年の2,606地点から444地点の削減となった。用途区分ごとの地点数は、住宅地1,371地点(平成25年1,737地点)、商業地760地点(同824地点)、工業地31地点

2013年11月2日東京カンテイ★フィードバック数:0大型消費/投資

新築分譲マンションの価格は賃料24年分が目安とのことです。

マンションPER 2013

東京カンテイ|分譲マンション価格・住宅地の地価データ、不動産鑑定から土壌汚染調査まで東京カンテイは不動産専門のデータバンクです。不動産市況情報の発信だけでなく、全国の分譲マンションの間取図、建築・設備概要等の図面集、価格表、賃貸・売買事例の情報を提供するほか、土地・建物の担保評価算出プログラムや査定システムを提供しています。不動産鑑定評価およびエンジニアリングレポート作成業務、土壌汚染調査も行っております。

2013年3月26日東京都フィードバック数:4社会/政治

平成25年 地価公示価格(東京都分)の概要

平成25年 地価公示価格(東京都分)の概要平成25年3月22日財務局 地価公示は、地価公示法に基づき、国土交通省の土地鑑定委員会が標準地を選定し、毎年1月1日時点の調査を行い、価格を判定して、一般の土地の取引価格の指標等として公表するもので、昭和45年以降毎年実施している。以下、平成25年の東京都分2,606地点の概要である。本年地価公示より、準工業地、市街化調整区域内宅地の用途区分が廃止され、住宅地、商業地、工業地のいずれかに振り分けられた。その結果、用途区分ごとの地点数は、住宅地1,737地

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ