「住宅地」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月19日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

今年の地価公示です。

平成27年地価公示

【平成27年3月19日】 平成27年地価公示を公表しました ホーム【平成27年3月19日】 平成27年地価公示を公表しました【平成27年3月19日】 平成27年地価公示を公表しました  3月18日に、平成27年地価公示(1月1日時点の地価)の公表を行いました。平成26年1月から1年間の地価の動きは、全国平均では、住宅地は下落率が縮小し、商業地は7年ぶりに下落から横ばいに転換しました。また、東京・大阪・名古屋の三大都市圏平均では、住宅地、商業地ともに2年連続で上昇となりました。<平成27年地価公

2014年11月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

26年都道府県地価調査の結果について ~地価、バラツキが拡大?~

リサーチ・メモ月26 年都道府県地価調査の結果について~地価、バラツキが拡大?2014 年 10 月 31 日毎年、全国 47 都道府県が実施している都道府県地価調査の結果が 9 月に公表された。国土交通省が全国集計し、取りまとめの結果を公表すると共に、各都道府県でも管内の状況を中心に取りまとめ公表したものである。都道府県地価調査は、各年の 7 月 1 日現在の各基準地の「正常な価格」を判定するものであり、国土交通省の土地鑑定委員会が実施している地価公示とは半年分の時間差を持つものでもあり、両者

2014年10月8日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇

2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇(Vol.122)- 不動産コラム 【Vol.122】 2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇国土交通省は9月18日、2014年都道府県地価調査の結果を公表しました。全国平均で過去1年間の変動率は、住宅地が▲1.2%、商業地は▲1.1%の下落でした。全国の全用途平均の変動率は▲1.2%と23年連続で下落となりましたが、下げ幅は昨年の▲1.9%から縮小し、三大都市圏(東京・大阪・名古屋)の全用途平均は+0.8%と、昨

2014年9月23日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年東京都基準地価格の概要

平成26年 東京都基準地価格の概要平成26年9月19日財務局 国土利用計画法に基づく平成26年7月1日時点の東京都の基準地価格については、都内1,268地点の選定基準地の調査を行い、各地点の価格を平成26年9月19日付告示で公表する。用途区分ごとの地点数は、住宅地771地点、商業地466地点、工業地14地点、宅地見込地6地点、林地11地点である。地区の分類及び地点数の配分は、次の内訳のとおりである。[区部]都心5区千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区(5区:162地点)その他区文京区、台東区、

2014年3月20日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年 地価公示価格(東京都分)の概要

平成26年 地価公示価格(東京都分)の概要平成26年3月19日財務局 地価公示は、地価公示法に基づき、国土交通省の土地鑑定委員会が標準地を選定し、毎年1月1日時点の調査を行い、価格を判定して、一般の土地の取引価格の指標等として公表するもので、昭和45年以降毎年実施している。平成26年の東京都分の地点数は2,162地点で、平成25年の2,606地点から444地点の削減となった。用途区分ごとの地点数は、住宅地1,371地点(平成25年1,737地点)、商業地760地点(同824地点)、工業地31地点

2013年10月4日インサイトフィードバック数:0ライフスタイル

クマについて [2011.10.14]

「クマ」についてのアンケート<調査概要>調査方法:分析対象者:調査実施期間:有効回答者数:インサーチモニターを対象としたインターネット調査札幌市内在住の15歳以上の男女2011年10月13日(木)~10月14日(金)N=500全体男性女性実施機関:500名235名265名100%47%53%株式会社インサイト※それぞれの項目で、年代別/同居している子供の有無別について顕著な差がない場合記載を省略する。<結果の要約>・2011年10月初旬に発生した住宅地中心部でのクマ出没についての関心度は9割弱(

2013年8月21日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年7月分不動産業業況等調査

不動産業業況等調査結果(平成25年7月)平成25年8月20日一般財団法人 土地総合研究所Ⅰ.不動産業の経営状況不動産業を営む企業を対象としたアンケート調査をもとに、平成 25 年 7 月 1 日現在の経営状況および 3 ヶ月後(「不動産流通業(商業地)」は 6 ヶ月後)の経営の見通しについて、「住宅・宅地分譲業」「不動産流通業(住宅地)」「ビル賃貸業」「不動産流通業(商業地)」の4つの業種毎に不動産業業況指数を算定した。現在の経営状況については、「住宅・宅地分譲業」は、前期比 5.0 ポイント

2013年3月26日東京都フィードバック数:4社会/政治

平成25年 地価公示価格(東京都分)の概要

平成25年 地価公示価格(東京都分)の概要平成25年3月22日財務局 地価公示は、地価公示法に基づき、国土交通省の土地鑑定委員会が標準地を選定し、毎年1月1日時点の調査を行い、価格を判定して、一般の土地の取引価格の指標等として公表するもので、昭和45年以降毎年実施している。以下、平成25年の東京都分2,606地点の概要である。本年地価公示より、準工業地、市街化調整区域内宅地の用途区分が廃止され、住宅地、商業地、工業地のいずれかに振り分けられた。その結果、用途区分ごとの地点数は、住宅地1,737地

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ