「住宅市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅市場の動向と見通し~2015年度は回復、2016年度は再び駆け込みへ~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続

【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:住宅着工は前月比で減少、一方、先行指標

2015年4月5日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27(2015)年3月

土地税制取引価格情報提供制度国土調査土地利用関連地価公示公共用地の取得関連不動産の鑑定評価宅地供給施策農住組合不動産価格指数の整備地価に関する有識者会合空き地等の新たな活用に関する検討会計量分析手法を用いた地価とマクロ経済の関係に関する分析業務~地価変動要因分析編~宅地供給関連調査(2008年度~)世代間資産移転の促進に関する検討不動産情報の整備・活用に関する研究公募事業 研究成果公表について地価公示のあり方に関する検討会マクロ経済に影響を与える不動産市場動向分析環境不動産の経済価値分析地価公示

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

Jリート市場は3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期

Jリート市場は3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > Jリート市場は3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期Jリート市場は3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにお

2015年2月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:米国住宅市場の現状と本格回復への課題

BTMU Focus USA Weekly:米国住宅市場の現状と本格回復への課題

2015年1月22日不動産経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

首都圏の建売住宅市場動向2014年(年間のまとめ)

首都圏の建売住宅市場動向2014年(年間のまとめ)

2015年1月21日不動産経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏の建売住宅市場動向2015年(年間のまとめ)

《首都圏の建売住宅市場動向》2016.1.19-2015 年 のまとめ-◎発 売 戸 数 は 7.3%減 の 5,036 戸 。東 京 都 、千 葉 県 、神 奈 川 県 が減 少 。◎価 格 は 1.6%アップの 4,789.0 万 円 。契 約 率 は 0.2Pアップの 47.7%。1.2015 年 1 年 間 の新 規 発 売 戸 数 は 5,036 戸 である。対 前 年 (5,433 戸 )比 で 397 戸 、7.3%の減 少 。2.2015 年 の地 域 別 発 売 戸 数 は東

マンション需要が米国の新築住宅を牽引 ~新築住宅市場が弱く見えるのは、統計や供給側にも一因~

マンション需要が米国の新築住宅を牽引 ~新築住宅市場が弱く見えるのは、統計や供給側にも一因~

2014年11月29日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年度住宅市場動向調査(訂正版)

平成26年11月28日 本調査は、住宅の建設、購入、リフォーム等の実態把握・分析を行い、今後の住宅政策の企画立案の基礎資料とすることを目的に、平成13年度より継続して実施しているものです。今般、平成25年度の調査結果をとりまとめましたので、お知らせします 。※調査結果の訂正がありました。訂正内容については、添付資料の平成25年度住宅市場動向調査報告書(訂正版)及び正誤表をご覧ください。(1)平成25年度住宅市場動向調査~調査概要~調査方法や対象地域等を示した「調査の内容」と調査結果をコンパクトに

2014年11月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 予想下振れも住宅市場の回復基調変わらず (14年10月住宅着工件数) ~人手不足が制約要因だが、販売の増加を背景に緩やかな拡大傾向~

米国 予想下振れも住宅市場の回復基調変わらず (14年10月住宅着工件数) ~人手不足が制約要因だが、販売の増加を背景に緩やかな拡大傾向~

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し中国経済見通しレポート ◆固定資産投資は一段と減速している。ただし、2014年に入り住宅販売が不振となるなか、不動産開発投資が大きく減速するのは自然である。鉄鋼やセメントなど重化学工業を中心に設備過剰感が高まっており、こうした分野の投資を厳選すること(さらには汚染物質排出量の多い老朽化設備の淘汰を行うこと)は好ましい。固定資産投資の減速は政策効果発現の面があり、投資全

長期化する中国の住宅市場の調整―住宅市場の黄金時代が終了―

長期化する中国の住宅市場の調整―住宅市場の黄金時代が終了―

2014年11月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Financial Trends 住宅市場が回復すると弱点がなくなる

Financial Trends 住宅市場が回復すると弱点がなくなる

2014年10月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国不動産市場の底入れはいつか~住宅市場の循環に基づく考察と今後の展望~

中国不動産市場の底入れはいつか~住宅市場の循環に基づく考察と今後の展望~

2014年10月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国住宅市場の供給制約は小さく、景気回復余力あり

米国住宅市場の供給制約は小さく、景気回復余力あり

2014年9月28日住宅金融支援機構★フィードバック数:0大型消費/投資

下期の見通し調査です。

平成26年度下半期における住宅市場動向調査

平成26年度下半期における住宅市場動向調査

【2014年7月米住宅着工】悲観すぎる見方はひとまず後退

【7月米住宅着工】悲観すぎる見方はひとまず後退 | ニッセイ基礎研究所 【7月米住宅着工】悲観すぎる見方はひとまず後退 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:着工、建築許可ともに予想を上回る増加8月19日に米国商務省と住宅都市開発省(HUD)が共同で7月の新築住宅建設統計を公表した。注目度の高い7月の住宅着工件数は季節調整済の年換算で1

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国不動産市場、短期調整?それとも長期化?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国不動産市場、短期調整?それとも長期化?現地取材を中心に ◆2014年7月の新築住宅価格は前年同月比2.5%上昇と、2013年12月の同9.9%上昇をピークに鈍化傾向にある。販売面積や販売金額は、住宅価格に3ヵ月~9ヵ月程度先行する傾向があり、今後、住宅価格はさらに調整し、前年比で下落に転ずる可能性は極めて高くなっている。◆今後の調整が従来のように短期で終了するのか、長期化するのかについては、現地専

2014年8月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国の建設従業員は足りないのか~米国住宅市場の供給制約に関する検証~

みずほインサイト米 州2014 年 8 月 6 日米国の建設従業員は足りないのか欧米調査部エコノミスト米国住宅市場の供給制約に関する検証03-3591-1289山崎亮ryo.yamasaki@mizuho-ri.co.jp○ 米住宅市場は改善の遅れが指摘されている。本稿では、問題とされている要因の一つである供給制約のうち、建設従業員不足について、全米、及び州別の動向を考察した。○ 建設業に関する失業率、欠員率、賃金動向を見ると、全米レベルでの建設従業員の労働需給は依然として総じて緩和的と評価でき

2014年8月6日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26(2014)年7月

土地税制取引価格情報提供制度国土調査土地利用関連地価公示公共用地の取得関連不動産の鑑定評価宅地供給施策農住組合不動産価格指数の整備地価に関する有識者会合空き地等の新たな活用に関する検討会計量分析手法を用いた地価とマクロ経済の関係に関する分析業務~地価変動要因分析編~宅地供給関連調査(2008年度~)世代間資産移転の促進に関する検討不動産情報の整備・活用に関する研究公募事業 研究成果公表について地価公示のあり方に関する検討会マクロ経済に影響を与える不動産市場動向分析環境不動産の経済価値分析地価公示

2014年8月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

足踏みが続く米国住宅市場の行方-供給制約には緩和の兆しも、本格的な回復には所得環境の改善が不可欠

足踏みが続く米国住宅市場の行方-供給制約には緩和の兆しも、本格的な回復には所得環境の改善が不可欠

2014年7月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

BTMU Focus USA Weekly:ニューヨーク経済週報:住宅市場は“短期”持ち直し局面

BTMU Focus USA Weekly:ニューヨーク経済週報:住宅市場は“短期”持ち直し局面

2014年7月16日不動産経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏の建売住宅市場動向2014年(上半期)

首都圏の建売住宅市場動向2014年(上半期)

2014年7月15日国土交通省★★★フィードバック数:0大型消費/投資

国交省の調査です。

平成25年度住宅市場動向調査

平成26年11月28日 本調査は、住宅の建設、購入、リフォーム等の実態把握・分析を行い、今後の住宅政策の企画立案の基礎資料とすることを目的に、平成13年度より継続して実施しているものです。今般、平成25年度の調査結果をとりまとめましたので、お知らせします 。※調査結果の訂正がありました。訂正内容については、添付資料の平成25年度住宅市場動向調査報告書(訂正版)及び正誤表をご覧ください。(1)平成25年度住宅市場動向調査~調査概要~調査方法や対象地域等を示した「調査の内容」と調査結果をコンパクトに

弱い動きが続く米国の住宅市場―持ち直しの兆しがみられ、先行き回復の見通し―

弱い動きが続く米国の住宅市場―持ち直しの兆しがみられ、先行き回復の見通し―

2014年7月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国出張メモ、不動産不安とアベノミクスへの関心

リサーチ TODAY2014 年 7 月 3 日中国出張メモ、不動産不安とアベノミクスへの関心常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創6月下旬、中国に出張した。今回の出張で印象的であったのは、各所で中国の不動産問題への関心が予想以上に高かったことにある。同時に、そのなかで日本の過去の不動産バブル崩壊とその後の対応に強い関心が寄せられており、その関連で過去日本が歩んできた政策対応、さらには最近のアベノミクスへも想定以上の関心があったことも印象的だった。みずほ総合研究所では中国の不動産市場に関する

2014年7月1日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年5月(解説)中国:減速する住宅市場と景気全体への影響度合い

経済マンスリー 2014年5月(解説)中国:減速する住宅市場と景気全体への影響度合い

【4月米住宅価格】住宅価格は急減速

【4月米住宅価格】住宅価格は急減速 | ニッセイ基礎研究所 【4月米住宅価格】住宅価格は急減速 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月24日にS&Pが発表した4月のケース・シラー住宅価格指数(20都市総合、以下ケース・シラー指数)は、季節調整済の前月比で+0.2%、原系列の前年同月比で+10.8%となり、3月(改定値)の前月比+1.2%、前年同

2014年6月5日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26(2014)年5月

土地税制取引価格情報提供制度国土調査土地利用関連地価公示公共用地の取得関連不動産の鑑定評価宅地供給施策農住組合不動産価格指数の整備地価に関する有識者会合空き地等の新たな活用に関する検討会計量分析手法を用いた地価とマクロ経済の関係に関する分析業務~地価変動要因分析編~宅地供給関連調査(2008年度~)世代間資産移転の促進に関する検討不動産情報の整備・活用に関する研究公募事業 研究成果公表について地価公示のあり方に関する検討会マクロ経済に影響を与える不動産市場動向分析環境不動産の経済価値分析地価公示

2014年6月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工の反動減の行方 ~改めて前回増税時を振り返る~

経済トレンド住宅着工の反動減の行方~改めて前回増税時を振り返る~経済調査部高橋 大輝(要旨)○前回、消費税率引き上げが行われた 97 年度の住宅着工は前年度比▲17.7%と大幅減少したが、この落ち込みの全てが消費税率引き上げに伴う反動減の影響や実質可処分所得の低下によるものとはいえない。需要を冷え込ませる引き金となったのは、大手金融機関の破綻やアジア通貨危機といえるだろう。こうした需要の減速に対して、供給の調整が間に合わずマンション在庫が大幅に積みあがったことも住宅着工の落ち込みを長期化させた。

米長期金利の低下傾向について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月16日米国では、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的金融緩和を縮小する中でも、長期金利が低下傾向にあり、15日には、長期金利の指標となる10年国債利回りは2.5%を下回るなど半年ぶりの低い水準となりました。量的金融緩和の縮小決定以降も、米国では雇用環境の回復基調や、緩やかな物価上昇などを示す経済指標が発表されており、一般には金利の上昇が意識されやすい状況にあります。それにも関らず、長期金利が低下傾向にある背景には、FRBのイエ

2014年5月8日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26(2014)年4月

土地税制取引価格情報提供制度国土調査土地利用関連地価公示公共用地の取得関連不動産の鑑定評価宅地供給施策農住組合不動産価格指数の整備地価に関する有識者会合空き地等の新たな活用に関する検討会計量分析手法を用いた地価とマクロ経済の関係に関する分析業務~地価変動要因分析編~宅地供給関連調査(2008年度~)世代間資産移転の促進に関する検討不動産情報の整備・活用に関する研究公募事業 研究成果公表について地価公示のあり方に関する検討会マクロ経済に影響を与える不動産市場動向分析環境不動産の経済価値分析地価公示

定置用蓄電システムの市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング定置用蓄電システムの市場予測 ◆ 2020年度の定置用蓄電システム市場は5,300億円の市場規模に。2013年比15.5倍の成長。住宅用が市場をけん引。◆ 住宅用蓄電システム出荷台数は2020年には45万台に。2013年度比33.8倍。太陽光発電設置住宅への普及、電力自由化等で需要が拡大。※ 調査対象の定義は下記同項目をご参照ください。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プラ

2014年2月28日東新住建フィードバック数:0大型消費/投資

愛知県・東京都・大阪府・宮城県版(H25年12月分) 利用関係別・新設住宅着工戸数推移グラフ

2014 年 2 月 20 日関係者各位東新住建株式会社 住宅市場研究室問合せ先 :小間 幸一、小崎 敦史Tel : 0587-23-7461(直通)0587-23-0011(代表)メール : kouichi-koma@toshinjyuken.co.jpatsushi-kozaki@toshinjyuken.co.jpホームページ : http://www.jyuseikatsu.jp/愛知県・東京都・大阪府・宮城県の「利用関係別・新設住宅着工戸数」の月別推移グラフ平成 25 年 12 月版(

2014年2月28日東新住建フィードバック数:0大型消費/投資

愛知県版(H25年12月分) 市区町村別・月別住宅着工戸数の推移グラフ

2014年2月20日関係者各位東新住建株式会社 住宅市場研究室問合せ先 :小間 幸一、小崎 敦史Tel : 0587-23-7461(直通) 0587-23-0011(代表)メール : kouichi-koma@toshinjyuken.co.jpatsushi-kozaki@toshinjyuken.co.jpホームページ : http://www.jyuseikatsu.jp/愛知県の市区町村別・月別・新設住宅着工戸数推移グラフ平成25年12月版(平成25年1月~12月)東新住建株式会社 住

2014年2月28日東新住建フィードバック数:0大型消費/投資

住宅市場天気図(H26年2月号)

住宅市場天気図(H26年2月号)

2014年2月28日東新住建フィードバック数:0大型消費/投資

愛知県版(H25年12月分) 市区町村別・月別住宅着工戸数表

2014年2月20日関係者各位東新住建株式会社 住宅市場研究室問合せ先 :小間 幸一、小崎 敦史Tel : 0587-23-7461(直通)0587-23-0011(代表)メール : kouichi-koma@toshinjyuken.co.jpatsushi-kozaki@toshinjyuken.co.jpホームページ : http://www.jyuseikatsu.jp/愛知県の市区町村別・月別・新設住宅着工戸数表平成25年12月版東新住建株式会社 住宅市場研究室では標記の資料をまとめま

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年12月(中国)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日足元は 7-9 月期並の回復基調を維持するも、金融環境は再び悪化足元の中国経済は、緩やかな回復が続いている。11 月の月次経済指標をみると、工業生産が前年比+10.0%(10 月同+10.3%)、固定資産投資(年初来累計)が同+19.9%(10 月同+20.1%)と減速するも、輸出が同+12.7%(10 月同+5.6%)、小売売上高が同+13.7%(10 月同+13.3%)と加速し、まずまずの結果。実質 GDP と連動性が高い工業生産の推移は、10

2013年12月5日東新住建フィードバック数:0大型消費/投資

住宅市場データ・ショートレポート【住まいを購入して財布の負担感を減らす方法】

住j宅 市 場 デ ー タショートレポート2013 年 11 月 25 日 版こ の レ ポ ー ト は 、住 宅 市 場 の 把 握 に 欠 か せ な い 各 種 デ ー タ や 経 済 指標 に よ り 親 し み を 感 じ て い た だ く た め の も の で す 。気 軽 に お 読 み いただければ幸いです。住 まいを購 入 して財 布 の負 担 感 を減 らす方 法~ェブアンケートにみる生 活 負 担 感 の実 際 ~住 宅 市 場 研 究 室 小 間 幸 一 kouich

2013年8月2日住宅生産団体連合会フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年7月度 経営者の住宅景況感調査報告

平成25年7月度 経営者の住宅景況感調査報告総受注戸数・総受注金額ともにプラス幅がさらに拡大!一般社団法人 住宅生産団体連合会(会長樋口武男 大和ハウス工業株式会社代表取締役会長)では、平成5年10月から住団連の法人会員に対して、低層住宅に関する『経営者の住宅景況感調査』を年4回実施しております。この調査は住宅の受注動向をタイムリーに、かつ的確に把握し、その情報を広く社会に提供することを目的としております。このほど、平成25年7月度の調査結果がまとまりましたので公表いたします。 平成25年度第1

2013年5月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 4年目の正直、“Sell In May”を崩す

Global Market Outlook4年目の正直、“Sell In May”を崩す2013年5月20日(月)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:14 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値15360.811269.5115,354.408,398.006,723.

2013年5月9日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

米国の企業金融転換・資金不足とレジーム転換

リサーチ TODAY2013 年 5 月 9 日米国の企業金融転換・資金不足とレジーム転換常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は1955年以来の米国の企業部門の資金過不足の推移を示す1。米国の企業部門では2008年以来、戦後最大の資金余剰期間が続いていたが、2012年末には既にゼロ近傍まで戻り、今年は5年振りに資金不足に転じると見込まれる。この状況は2007年以降のバランスシート調整を背景にした動きであるが、その結果、資金需要減退からの金利低下、FRBによるQE等の非伝統的金融緩

2013年4月19日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米住宅市場に変調か

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米住宅市場に変調か供給サイドのボトルネックと今後への期待と不安 ◆これまで改善してきた住宅市場関連統計は、2012年の年末あたりからやや軟調に推移。一本調子の改善ではなく、販売が軟調にもかかわらず価格が上昇した。◆住宅価格の上昇は、ファンドからの資金流入が伝えられている住宅需要拡大や、供給側のボトルネックとしての在庫不足と、業者向けの住宅関連与信の不足などが挙げられる。◆世帯数の増加ペースが加速し、住

2013年3月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 開花宣言(米住宅市場)

Global Market Outlook 開花宣言(米住宅市場)

不動産規制強化に揺れる中国:景気回復は途切れてしまうのか?

不動産規制強化に揺れる中国:景気回復は途切れてしまうのか? | ニッセイ基礎研究所 不動産規制強化に揺れる中国:景気回復は途切れてしまうのか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年中国で経済成長率が鈍化した原因のひとつに不動産投資の減速がある。不動産投資は固定資産投資全体の4分の1超を占めており、マクロ経済に与える影響は大き

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ