「住宅投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

高官を好感

Market Flash高官を好感2015年5月20日(水)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-4523【海外経済指標他】~住宅着工:家計は消費に前向き?~・4月住宅着工件数は前月比+20.2%、113.5万件と市場予想(+9.6%、101.5万件)を大幅に上回ったうえ、前月分も上方修正された(+2.0%→+4.9%)。戸建て住宅(+16.7%)、集合住宅(+27.2%)がそれぞれ2ヶ月連続で伸び、悪天候に阻害された2月の急減を取り戻してなお余りある

2015年3月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油価格下落の中国経済への影響~原油安の恩恵を弱める2つの要因~

みずほインサイトアジア2015 年 3 月 4 日原油価格下落の中国経済への影響アジア調査部中国室エコノミスト原油安の恩恵を弱める 2 つの要因03-3591-1367玉井芳野yoshino.tamai@mizuho-ri.co.jp○ 原油価格下落は原油純輸入国である中国経済にとってプラスの影響をもたらすと考えられるが、同時にその恩恵を弱める要因が存在する○ その要因とは、①エネルギー集約度の高い産業における過剰生産能力、②自動車販売や住宅関連消費の伸び悩み、の2つ。一方、中国の産油国・資源国

2014年11月26日建設経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

MONTHLYNo.309(2014年11月号)

建設経済の最新情報ファイルmonthlyRESEARCH INSTITUTE OFCONSTRUCTION AND ECONOMY研究所だよりNo. 309201411CONTENTS・・・・・・1Ⅰ. 建設業と外国人労働者問題・・・・・・2Ⅱ. 2014・2015 年度の建設投資見通し・・・・・・16Ⅲ. 建設関連産業の動向・・・・・・25視点・論点-電気工事業2014・2015年度の建設投資見通しの一次改定研究理事 深澤 典宏当研究所では10月22日に2014・2015年度の建設投資見通しの

2014年8月27日建設経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

MONTHLYNo.306(2014年8月号)

建設経済の最新情報ファイルmonthlyRESEARCH INSTITUTE OFCONSTRUCTION AND ECONOMY研究所だよりNo. 30620148CONTENTS・・・・・・1Ⅰ. 建設企業の資金需要動向について・・・・・・2Ⅱ. 2014・2015 年度の建設投資見通し・・・・・・15Ⅲ. 建設関連産業の動向・・・・・・24視点・論点-セメント・生コンクリート-建設費高騰がもたらすもの専務理事長谷川啓一当研究所では 7 月 24 日に建設投資見通し(2014建設費上昇の要因

2014年5月20日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

駆け込み消費です。

消費増税に伴う駆け込み需要と反動減にみられる濃淡-個人消費は3大都市圏で、住宅投資は地方圏で盛り上がり

消費増税に伴う駆け込み需要と反動減にみられる濃淡-個人消費は3大都市圏で、住宅投資は地方圏で盛り上がり

投資環境レポート 2014年4月

Vol.19120144米国経済の底力○2014年初以来、米国景気に対する不透明感が金融市場で意識されている。○しかし、米国経済の健全化は進んでいる。労働者による先行きの見方が改善し、企業が設備投資を行う環境が整いつつあるのだ。○もちろん、米国経済の先行きにリスクがないわけではない。代表的なリスクは、住宅市場や個人消費の回復の持続性だろう。○米国経済の健全化はまだ途上だが、金融危機によって未曾有の景気減速を経験した後これほどのペースで回復してきたこと、さらにその途上で新しい産業を生み出す力を持っ

2014年3月3日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税前の消費分析です。

駆け込み需要が始まった ~資産効果・住宅投資との相乗効果~

Economic Trends経済関連レポート駆け込み需要が始まった発表日:2014年2月28日(金)~資産効果・住宅投資との相乗効果~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2014 年 1 月の消費データでは、耐久消費財などで駆け込み需要が始まっていた。駆け込み買いは、婦人服や住宅設備の維持・修繕も増えていた。株価上昇の資産効果、冬のボーナス増、「寒さ」など気候要因との相乗効果もあるだろう。一方、パソコン・カメラなど教養娯楽用耐久財にはそうした効果が今はみ

2013年12月25日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2013年12月)

経済データで見る「最近の世界経済動向(2013年10∼12月)」2013年10月世界日本アジア・大洋州-ドバイ原油 11 日 108.40 ㌦-7-9 月:世界販売 PC7.6%減、スマホ 36.7%増、タブレット36.7%増-9月:半導体世界売上 8.7%増-GDP:7-9 月年率 1.1%、前期比 0.3%増、消費 0.2、投資 0、公共 6.5、住宅 2.6、輸出▲0.6-株価:7日 13,853、22 日 14,713、31 日 14,327-雇用:9 月:失業率 4.0% 0.1 ホ

2013年11月24日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2013年9月~2013年11月)

経済データで見る「最近の世界経済動向(2013年9~11月)」2013年9月2013年10月世界日本アジア・大洋州- G20 世界経済回復弱く下振リスク-APEC 首脳会合、包括的統合へ、20 年までに貿易自由化、16 年末まで保護主義導入禁止-ドバイ原油 4 日 110.90 ㌦-8 月:半導体世界売上 6.4%増-景気:-7 日 2020 年オリンピック東京に決定7-9 月:大企業製造業景況感+12 大きく改善-株価: 2 日 13,572、26 日 14,799、30 日 14,45

2013年9月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2013年7月) ~高水準を維持。駆け込み需要は13年度半ばにピークを迎えよう~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2013年7月)発表日2013年8月30日(金)~高水準を維持。駆け込み需要は13年度半ばにピークを迎えよう~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比 (季年率)%2012年 1月82.3▲ 1.130.22月91.67.531.13月84.45.030.04月88.710.330.55月89.59.330.96月84.4▲ 0.

2013年8月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米4-6月期GDPは年率1.7% ~設備・住宅投資は伸びを高める

米4-6月期GDPは年率1.7% ~設備・住宅投資は伸びを高める | ニッセイ基礎研究所 米4-6月期GDPは年率1.7% ~設備・住宅投資は伸びを高める 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米商務省発表の4-6月期実質GDP(速報値)は、1.7%(前期比年率:以下も同じ)と前期の1.1%から上昇、市場予想の1.0%を上回った。ただ、前期は1.8%から1

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2013年6月) ~90万戸台後半の高水準で推移~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2013年6月)発表日2013年7月31日(水)~90万戸台後半の高水準で推移~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比 (季年率)%2012年1月82.3-1.130.22月91.67.531.13月84.45.030.04月88.710.330.55月89.59.330.96月84.4-0.229.97月87.0-9.631.

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 消費と住宅が支える年後半

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 消費と住宅が支える年後半政策論議は秋以降に本格化も不透明感払拭は困難か ◆6月開催のFOMCでは現行の金融政策は維持されたが、バーナンキ議長によって、いわゆるQE3による資産買い入れ規模の縮小が2013年後半から始まる可能性が指摘された。やや楽観的な見通しに基づいており、経済環境次第では再考を迫られる可能性もある。◆雇用環境は緩やかな改善が続き、財政緊縮の逆風にもかかわらず個人消費も底

2013年5月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

2013・14年度内外経済見通し2013年5月17日2013年1~3月期GDP統計1次速報の公表などを受け、みずほ総合研究所は2013・14年度の内外経済見通しを作成しました。各国・地域の成長率予測の概要は以下の通りです。[海外経済]◆米国経済:政府支出の減少が下押し圧力となるが、住宅市場の回復とともに家計のバランスシート調整が進展し、民間需要は堅調2013年:+1.6%(3月予測+1.4%)2014年:+2.2%(3月予測+2.0%)◆欧州経済:景気回復が遅れ、2013年の成長率見通しは下振れ

2013年3月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

BTMU Focus USA Weekly:回復期待高める2月指標と留意点

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.Economic Research Group (New York)Toshiki Iwaoka 岩岡 聰樹Managing Director & Chief Economist+1(212)782-5701, tiwaoka@us.mufg.jp今週の Weekly は出張のため休刊となります。どうぞよろしくお願い致します。March 10, 2013HUU<FOCUS

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ