「住宅投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

高官を好感

Market Flash高官を好感2015年5月20日(水)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-4523【海外経済指標他】~住宅着工:家計は消費に前向き?~・4月住宅着工件数は前月比+20.2%、113.5万件と市場予想(+9.6%、101.5万件)を大幅に上回ったうえ、前月分も上方修正された(+2.0%→+4.9%)。戸建て住宅(+16.7%)、集合住宅(+27.2%)がそれぞれ2ヶ月連続で伸び、悪天候に阻害された2月の急減を取り戻してなお余りある

2014年5月20日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

駆け込み消費です。

消費増税に伴う駆け込み需要と反動減にみられる濃淡-個人消費は3大都市圏で、住宅投資は地方圏で盛り上がり

消費増税に伴う駆け込み需要と反動減にみられる濃淡-個人消費は3大都市圏で、住宅投資は地方圏で盛り上がり

2014年3月3日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税前の消費分析です。

駆け込み需要が始まった ~資産効果・住宅投資との相乗効果~

Economic Trends経済関連レポート駆け込み需要が始まった発表日:2014年2月28日(金)~資産効果・住宅投資との相乗効果~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2014 年 1 月の消費データでは、耐久消費財などで駆け込み需要が始まっていた。駆け込み買いは、婦人服や住宅設備の維持・修繕も増えていた。株価上昇の資産効果、冬のボーナス増、「寒さ」など気候要因との相乗効果もあるだろう。一方、パソコン・カメラなど教養娯楽用耐久財にはそうした効果が今はみ

2013年9月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2013年7月) ~高水準を維持。駆け込み需要は13年度半ばにピークを迎えよう~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2013年7月)発表日2013年8月30日(金)~高水準を維持。駆け込み需要は13年度半ばにピークを迎えよう~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比 (季年率)%2012年 1月82.3▲ 1.130.22月91.67.531.13月84.45.030.04月88.710.330.55月89.59.330.96月84.4▲ 0.

2013年9月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

地価変動と住宅投資-VARによる実証分析-

地価変動と住宅投資-VARによる実証分析-

2013年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 政策の逆風が強まるか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 政策の逆風が強まるか近づく財政問題論議、QE3 縮小開始、FRB の人事 2013年8月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕 笠原 滝平◆4-6月期の実質GDP速報値は、財政問題の逆風の割に国内の民間需要は堅調だった。当面は緩やかな自律回復の継続が想定されるが、財政問題や、金融政策の今後、FRBの議長や理事人事などは、多くが9月以降に結果が出る予定である。

2013年8月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米4-6月期GDPは年率1.7% ~設備・住宅投資は伸びを高める

米4-6月期GDPは年率1.7% ~設備・住宅投資は伸びを高める | ニッセイ基礎研究所 米4-6月期GDPは年率1.7% ~設備・住宅投資は伸びを高める 土肥原 晋米商務省発表の4-6月期実質GDP(速報値)は、1.7%(前期比年率:以下も同じ)と前期の1.1%から上昇、市場予想の1.0%を上回った。ただ、前期は1.8%から1.1%へと下方修正されている。個人消費では、自動車を含む耐久財消費が6.5%と前期(5.8%)を上回る好調を維持、全体では1.8%(前期は2.3%)となった。また、設備

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2013年6月) ~90万戸台後半の高水準で推移~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2013年6月)発表日2013年7月31日(水)~90万戸台後半の高水準で推移~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比 (季年率)%2012年1月82.3-1.130.22月91.67.531.13月84.45.030.04月88.710.330.55月89.59.330.96月84.4-0.229.97月87.0-9.631.

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 消費と住宅が支える年後半

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 消費と住宅が支える年後半政策論議は秋以降に本格化も不透明感払拭は困難か ◆6月開催のFOMCでは現行の金融政策は維持されたが、バーナンキ議長によって、いわゆるQE3による資産買い入れ規模の縮小が2013年後半から始まる可能性が指摘された。やや楽観的な見通しに基づいており、経済環境次第では再考を迫られる可能性もある。◆雇用環境は緩やかな改善が続き、財政緊縮の逆風にもかかわらず個人消費も底

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ