「価格抑制」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

長期化する中国の住宅市場の調整―住宅市場の黄金時代が終了―

現地ルポルタージュ長期化する中国の住宅市場の調整─住宅市場の黄金時代が終了─研究員 王 雷軒1  はじめに課税)が導入されたこと、そして政府が10月以2014年4月に、山東省西南部にある実家に降に北京や上海などの都市では住宅ローンの帰省した際に、高速鉄道ではなく、久々に普頭金比率の引上げ(60%→70%)などを含む住通列車を利用した。学生時代(90年代半ば)と宅価格抑制策を強化したことにあると見られ比べて車窓から見えてきた景色はずいぶん変る。言い換えれば、政府の住宅価格抑制策がわっていた。昔は沿

2014年6月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年6月号:構造調整が進むなか景気冷え込みが深刻な地域も

中 国 経 済 展 望2014年6月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年5月28日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)構造調整が進むなか景気冷え込みが深刻な地域も景気は減速。この背景として、以下の3点が指摘可能。①当局の投資抑制策。過剰投資・過剰債務

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年12月(中国)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日足元は 7-9 月期並の回復基調を維持するも、金融環境は再び悪化足元の中国経済は、緩やかな回復が続いている。11 月の月次経済指標をみると、工業生産が前年比+10.0%(10 月同+10.3%)、固定資産投資(年初来累計)が同+19.9%(10 月同+20.1%)と減速するも、輸出が同+12.7%(10 月同+5.6%)、小売売上高が同+13.7%(10 月同+13.3%)と加速し、まずまずの結果。実質 GDP と連動性が高い工業生産の推移は、10

2013年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国保障性住宅-本当の問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国の住宅価格は昨年半ばまで沈静化していたが、その後再び上昇が続いている。一般的に住宅価格高騰の背後には、住宅の持つ二面性、すなわち、住むための消費財としての‘房子’(‘房’は住宅を意味する)と、投資財・財産としての‘房産’双方への需要が強いことがある。後者の性質を重視して投資・投機対象としている者にとっては、価格高騰はむしろ歓迎される面もある。2003年以降10年間に43に及ぶ住宅価格抑制策が出され

2013年7月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:灰色の住宅ローン

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:灰色の住宅ローン住宅価格抑制策の抜け穴 中国では2009年から2010年にかけての不動産バブルとも言われた住宅価格の急騰を受け、国務院常務会議は、2010年‘国十条’、2011年‘新国八条’と呼ばれる価格抑制策を導入、住宅価格は2011年から12年初にかけて落ち着きを見せたが、12年半ば以降再び上昇し始め、本年2月、常務会議は‘(新)国五条’を決定、4月から実施している。(注)保障性住宅を含まな

2013年5月26日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

BTMU China Economic TOPICS:中国の住宅市場と今後の価格抑制策について

BTMU China Economic TOPICS:中国の住宅市場と今後の価格抑制策について

2013年4月23日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

中国:不動産価格抑制策の本音と建て前

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:不動産価格抑制策の本音と建て前本音では商品住宅中心の適度で持続的な価格上昇を期待 ◆2013年3月1日付けの不動産価格抑制策(国5条細則)では、各都市に新築商品住宅1価格の抑制目標を設定し、3月末までに発表することを求めた。結果は、35都市のうち33都市が、住宅価格の上昇率が都市一人当たり可処分所得の実質伸び率を下回ることを目標として掲げた。2012年の都市一人当たり可処分所得の実質伸び率は前年

2012年4月13日内閣府フィードバック数:3大型消費/投資

中国の住宅価格の地域別実態と国際比較-中国不動産市場は過熱しているのか?-

12/4/6 10 時 17 分1.はじめに中国の過熱する不動産市場の動向は、中国国内のみならず、世界中から注目を浴び、メディア等で、様々に誇張された楽観論・悲観論が飛び交っている。調和社会建設や国民生活の向上を標榜する現政権にとって、国民の住宅問題の解決は非常に重要な課題である。また、中国は投資主導で経済成長を続けているが 1、その中でも不動産開発投資は固定資産投資の約2割を占めていることから、不動産開発は中国の経済成長をけん引するエンジンの一つといえる。さらに、多くの地方政府の財政収入は、国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ