「価格転嫁」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月11日経済産業省★★フィードバック数:0社会/政治

下請等中小企業の取引条件の改善に向けた調査

下請等中小企業の取引条件の改善に向けた調査結果をとりまとめました 中小企業庁では、下請等中小企業の取引条件の改善の状況や課題について具体的に把握するため調査を行いましたので、調査結果を公表します。調査結果を踏まえ、4 月に、自動車関連産業、建設業の大企業を対象として、ヒアリングを行います。 1.趣旨 中小企業・小規模事業者が賃上げをしやすい環境を作るためには、下請等中小企業の取引条件の改善が重要です。このため、「下請等中小企業の取引条件改善に関する関係府省等連絡会議」(議長:世耕内閣官房副長官

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

企業収益好調とマイナス成長が並存する理由

企業収益好調とマイナス成長が並存する理由 基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 企業収益好調とマイナス成長が並存する理由企業収益好調とマイナス成長が並存する理由基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎日本経済は消費税率引き上げをきっかけとして急速に落ち込んだ。駆け込み需要の反動が和らぎ始めた夏頃からは持ち直しているものの、そのペースは緩やかなものにとどまっている。2014年度の

3月の中小企業月次景況調査(平成27年3月末現在)

◎3月の中小企業月次景況調査(平成27年3月末現在) 《概 要》3月のDIは、9指標中5指標が上昇したものの、僅かな数値に留まった。また売上高DIは−23.5と前月比−2.5ポイント悪化に転じており、同時に販売価格、取引条件DIも悪化する結果となった。輸出関連や年度末の受注向上による増収の声も一部にあるが、全体として円安・コスト高による厳しい経営環境に変わりはなく、また内需が低迷する中で価格転嫁も遅々として進んでおらず、未だ明るい景況感は見出しにくい状況にある。《詳細については、以下をご覧下さい

企業調査です。

賃上げ決定・予定6割~慎重姿勢も根強い~同友会景況調査オプション調査 速報

【15.04.08】賃上げ決定・予定6割〜慎重姿勢も根強い〜同友会景況調査オプション調査 速報を発表 2015年度の賃上げ予定について会員企業を調査し、47都道府県1,055社分の集計をまとめましたのでお知らせします。1.賃上げ決定・予定58%。いまだ慎重姿勢も 調査を実施した3月1〜15日の時点で、2015年度の賃上げ(定昇を含む)を決定している企業(17.4%)と予定している企業(40.4%)は合わせて57.8%でした。日本商工会議所の賃上げ予定調査結果(43.8%、3月31日発表)に比べる

燃料価格高騰分の転嫁に関する実態調査

燃料価格高騰分の転嫁に関する実態調査結果(概要) 燃料価格高騰分の転嫁状況について、現状の実態を適切に把握し、運賃等への転嫁に取り組むため、国土交通省からの依頼により、燃料価格高騰分の転嫁の定着を図る上で、荷主、協力会社(下請事業者)との取引の両面が重要な役割を果たす存在である元請事業者、物流子会社等を対象とした実態調査を、都道府県トラック協会の協力のもと全国で実施致しました。この調査結果をもとに、国土交通省では「適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)強化月間」を11月に設定し、荷主等とトラ

2014年11月26日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

東京商工リサーチの調査です。

「円安に関する緊急アンケート」調査

公開日付:2014.11.26 円安が急速に進行するなか、円安による影響が「ある」とアンケート回答した企業は約8割にのぼった。このうち「仕入価格の上昇」などマイナスの影響をあげる回答が全体の48.4%を占め、円安の影響分について価格転嫁ができていない企業が多いことがわかった。また、円安に対する対策では、「特に対策を講じていない」との回答が最も多く、危機感を募らせながらも、急激な円安の進行に対して為す術がない、企業の厳しい実態が浮き彫りになった。本調査は、2014年10月10日~10月21日の期間

2014年11月24日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

中小企業庁のレポートです。

ここ1年の中小・小規模企業の経営状況の変化について

『ここ1年の中小・小規模企業の経営状況の変化について』を公表します 平成26年10月初旬~中旬にかけて、ここ1年の中小・小規模企業の経営状況の変化に関する調査を行いました。調査の結果、1年前と比べた売上高・経常利益の変化や原材料・エネルギーコストの状況は、業種によって違いが見られました。原材料・エネルギーコスト増を踏まえた価格転嫁については、半数を超える中小・小規模企業で価格転嫁が困難な状況となっており、その理由は企業規模や業種によって異なっています。また、エネルギーコストの増加による取組につ

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

セクター分析(産業別利益動向)前回 鉄鋼 今回 コメント 国内での需要回復やコスト削減の進展は業績の下支え要因となるも、 足元では鉄鉱石や原料炭価格が軟調なため、 在庫評価損が利益押し下 げ要因になることが見込まれ、全体としては微増益となる見通し。 非鉄・電線 電線業界は北米・新興国向けの光ファイバー需要が持続するが、 競争 環境は厳しい。電子材料等の需要に減速感はあるが、 自動車向けは回 復が見込まれる。非鉄業界は金属市況の影響を大きく受けるが、 総じ て今後1年程度は横ばいとなる見通し。 化

2014年11月2日日本商工会議所フィードバック数:0ビジネス

中小企業における消費税の価格転嫁に係る実態調査(第2回)調査

トップページ > ニュースライン > 「中小企業における消費税の価格転嫁に係る実態調査(第2回)調査結果」について ニュースライン「中小企業における消費税の価格転嫁に係る実態調査(第2回)調査結果」について2014年10月30日 14:00日本商工会議所(三村明夫会頭)は、10月30日に「中小企業における消費税の価格転嫁に係る実態調査(第2回)調査結果」を取りまとめました。平成26年4月の消費税率8%への引き上げについて、中小企業における価格転嫁の状況を把握するために、全国の3,201事業者にヒ

企業対象のアンケートです。

消費増税・税制に関するアンケート調査 速報

【14.10.06】消費税10%延期求める声急増消費税10%延期求める声急増〜消費増税・税制に関するアンケート調査 速報 発表2014年 10月 6日報道関係者各位中小企業家同友会全国協議会事務局長 平 田 美 穂中小企業家同友会全国協議会(略称・中同協、会員数47都道府県4万3千社))は、消費増税の影響などについて会員企業を調査し、39都道府県3,659社分の集計をまとめましたのでお知らせします。別添の「調査結果レポート」もご参照ください。1.消費税率10%になれば、8%実施のときより価格転嫁

2014年8月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

なぜ、人手不足でも価格転嫁が行われにくいのか

なぜ、人手不足でも価格転嫁が行われにくいのか

2014年8月21日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

自動販売機に関する調査結果 2014

2014年08月21日 自動販売機に関する調査結果 2014 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の自動販売機市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年5月~6月2.調査対象:飲料メーカー、自動販売機オペレーター、自動販売機メーカー、その他関連企業・団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、アンケート調査、ならびに文献調査併用調査結果サマリー◆2014年の自動販売機普及台数は、前年比99.0%の504万1,850台と予測一般社団法人日本自動販売機工業会によると、2013

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2014年7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く

金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(短観) 7月2日に2回目となる日銀短観「企業の物価見通し」が公表された。物価全般の見通しは前回調査から殆ど変化がなかったが、自社販売価格の見通しは、多少上振れた。最近は価格転嫁が比較的スムーズに行われており、企業が価格引き上げに対して、以前より自信を深めている可能性が示唆される。ただし、自社販売価格見通し

消費者物価(全国14年5月)~消費増税分の価格転嫁後は値上げの動きが一服

消費者物価(全国14年5月)~消費増税分の価格転嫁後は値上げの動きが一服 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年5月)~消費増税分の価格転嫁後は値上げの動きが一服 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費税の影響を除くと上昇率はほぼ変わらず・コアCPI上昇率は夏場以降鈍化へ総務省が6月27日に公表した消費者物価指数によ

2014年6月18日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年5月結果

○調査期間:2014年5月16日〜22日○調査対象:全国の422商工会議所が3135企業にヒアリング(内訳)建設業 479 製造業 754 卸売業 343 小売業 742 サービス業 817○調査項目:今月の売上・採算・業況等についての状況(DI値を集計) および自社が直面する問題等※DI値についてDI値は、売上・採算・業況などの各項目についての、判断の状況を表す。ゼロを基準として、プラスの値で景気の上向き傾向を 表す回答の割合が多いことを示し、マイナスの値で景気の下向き傾向を表す回答の割合が多

消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁

消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・消費税率引き上げ分以上に上昇幅が拡大・約6割の品目が100%以上の価格転嫁率に・コアCPI上昇率は夏場以降鈍化へ総務省が5月30日に公表した消費者物価指数によると、14年4月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比3.2%(3月:同1.3%)となり、上昇率は前月から1.9ポイント

2014年4月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月東京消費者物価、3月全国消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月東京消費者物価、3月全国消費者物価税率引き上げ分は順調に転嫁が進む ◆2014年4月の東京都区部(除く生鮮食品、以下コアCPI)(中旬速報値)は前年比+2.7%と、消費税率引き上げを反映して大幅な上昇となった。ただし、3月の東京のコアCPIが同+1.0%であったこと、消費税率引き上げによる価格上昇分がそのまま転嫁された場合、約+1.7%ptコアCPIが上振れする計算となることを考慮すると、今回の数

消費者物価(全国14年2月)~不確実性が高い4月の物価上昇率、消費増税の影響除きで2%に急接近も

消費者物価(全国14年2月)~不確実性が高い4月の物価上昇率、消費増税の影響除きで2%に急接近も | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年2月)~不確実性が高い4月の物価上昇率、消費増税の影響除きで2%に急接近も 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは4ヵ月連続で1%台の伸び・物価上昇品目数の増加が続く・東京都

2014年3月26日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

食品産業の9割でコスト上昇、うち7割が価格転嫁できず-日本公庫・平成25年下半期食品産業動向調査-

食品産業の9割でコスト上昇、うち7割が価格転嫁できず-日本公庫・平成25年下半期食品産業動向調査-

2014年1月8日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年12月調査)

○調査期間:2013年12月12日〜18日○調査対象:全国の417商工会議所が3128企業にヒアリング(内訳)建設業 478 製造業 750 卸売業 342 小売業 751 サービス業 807○調査項目:今月の売上・採算・業況等についての状況(DI値を集計) および自社が直面する問題等※DI値についてDI値は、売上・採算・業況などの各項目についての、判断の状況を表す。ゼロを基準として、プラスの値で景気の上向き傾向を 表す回答の割合が多いことを示し、マイナスの値で景気の下向き傾向を表す回答の割合が

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年の最大の関門は「消費税」 ~価格転嫁がうまくいく条件~

2014年の最大の関門は「消費税」 ~価格転嫁がうまくいく条件~

2013年10月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

前回増税時に見る、消費税増税の消費者物価への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 前回増税時に見る、消費税増税の消費者物価への影響 消費税率が2014年4月1日に、現行の5%から8%へと引き上げられることが正式に決定した。消費税率が引き上げられると、物価上昇によって家計の購買力(実質所得)が目減りするため、家計消費を減少させる。増税による経済への影響を考える上では、増税によってどの程度物価が上昇するかというのが重要な論点となる。一般的には、消費税率が1%引き上げられれば、消費者物価

2013年9月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

企業物価指数(2013年8月) ~前月比で3ヶ月連続の上昇。価格転嫁も徐々に進む~

企業物価指数(2013年8月) ~前月比で3ヶ月連続の上昇。価格転嫁も徐々に進む~

2013年9月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook ところで消費税増税分はフルに価格転嫁されますか?

GlobalMarket Outlook ところで消費税増税分はフルに価格転嫁されますか?

2013年5月8日日本商工会議所フィードバック数:5社会/政治

早期景気観測調査(2013年4月調査)

○調査期間:2013年4月15日〜19日○調査対象:全国の417商工会議所が3116企業にヒアリング(東北については、被災を免れた企業や被害が軽微な企業から回答)(内訳)建設業 475 製造業 745 卸売業 340 小売業 748 サービス業 808○調査項目:今月の売上・採算・業況等についての状況(DI値を集計) および自社が直面する問題等※DI値についてDI値は、売上・採算・業況などの各項目についての、判断の状況を表す。ゼロを基準として、プラスの値で景気の上向き傾向を 表す回答の割合が多い

2013年4月4日日本商工会議所フィードバック数:1社会/政治

早期景気観測調査(2013年3月調査)

○調査期間:2013年3月14日〜21日○調査対象:全国の417商工会議所が3096企業にヒアリング(東北については、被災を免れた企業や被害が軽微な企業から回答)(内訳)建設業 467 製造業 744 卸売業 338 小売業 744 サービス業 803○調査項目:今月の売上・採算・業況等についての状況(DI値を集計) および自社が直面する問題等※DI値についてDI値は、売上・採算・業況などの各項目についての、判断の状況を表す。ゼロを基準として、プラスの値で景気の上向き傾向を 表す回答の割合が多い

2013年4月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2月消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2013年2月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、前年比▲0.3%と下落幅が前月(同▲0.2%)から拡大したものの、市場コンセンサス(同▲0.4%)から若干上振れした。下落幅拡大の主な要因は、昨年2月の基本銘柄変更に伴って押し上げ要因となってきた「テレビ」の影響が剥落したこと。特殊要因による押し下げを割り引けば、コアCPIの下落幅は縮小している。◆ただし、エネルギーの上昇が継続的にコアC

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ