「保健指導」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

データヘルスの市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングデータヘルスの市場予測 データヘルス事業領域の市場規模は、◆ 2014年度で推定1,950億円程度、2020年には2,100億円強の市場になる予測◆ 分野別では「特定健診・特定保健指導」が9割強を占める 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、データヘルスの市場動向に関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。 2013年6月に閣議決定された日本再興戦

2014年7月10日高知県フィードバック数:0ライフスタイル

職場の健康づくりに関するアンケート調査

職場の健康づくりに関するアンケート調査結果について 調査概要1 目的 県内事業所の、職場健診における腎機能検査(クレアチニン検査)及び保健指導の実施状況について調査を行い、今後、職域保健との連携を図るための基礎資料を得ることを目的とした。2 調査対象 県内で15人以上の従業員がいる約1,400事業所(高知県企業データベース)3 調査方法 記名式郵送アンケート調査(事業主又は健康管理担当が記入)4 調査期間 平成26年1月6日~1月31日5 回答数 935事業所名 (回収率 67.4%)調査結果

2014年7月7日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

平成24年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

平成24年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況※極端に人数が少ない項目については、個人の識別可能性の観点から、「−」と表示しています。また、同様の理由により、船員保険については、性・年齢階級別集計表を掲載していません。 PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111

生活習慣改善のための「保健指導」を希望するのはどのような人か?~健康診断における質問項目の回答結果より

生活習慣改善のための「保健指導」を希望するのはどのような人か?~健康診断における質問項目の回答結果より | ニッセイ基礎研究所 生活習慣改善のための「保健指導」を希望するのはどのような人か?~健康診断における質問項目の回答結果より 保険研究部 准主任研究員 村松 容子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年度から厚生労働省主導で「データヘルス計画」が始まった

2014年1月26日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

平成23年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況(確報値)

平成26年1月24日【照会先】保険局総務課医療費適正化対策推進室室長安藤 公一 (3176)室長補佐 加藤 正嗣 (3217)主査近藤 亮平 (3179)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)2164 報道関係者各位平成23年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況(確報値) 厚生労働省では、このたび、平成23年度の「特定健康診査・特定保健指導の実施状況」について、確報値(※1)をとりまとめましたので公表します。なお、本件の速報値(※2)は平成25年3月に

2014年1月21日環境省フィードバック数:0ライフスタイル

花粉症環境保健マニュアル 2014年1月改訂版

花粉症環境保健マニュアル-2014年1月改訂版-分割版花粉症のメカニズム花粉症を発症するまで花粉症増加要因と症状を悪化させるもの 日本に多い花粉症主な花粉の飛散時期花粉量や種類の地域性スギ花粉について 花粉のばく露を防ぐために花粉予測について花粉観測システム(愛称:はなこさん)の利用花粉症の症状が出たら 国や自治体の取り組み保健指導についてもっと知るために参考文献など各年のスギ・ヒノキ花粉数 PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader

2012年12月14日厚生労働省★フィードバック数:8ライフスタイル

国民の健診実施状況です。

平成22年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況(確報値) ~特定健康診査の実施率は43.2%~

平成24年12月12日保険局総務課医療費適正化対策推進室室長鈴木 建一(3176)室長補佐 下高原 徹(3217)主査近藤 亮平(3161)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)2164 平成22年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況(確報値) 平成22年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況(確報値)〜特定健康診査の実施率は43.2%〜厚生労働省では、このたび、平成22年度の「特定健康診査・特定保健指導の実施状況」について、確報値※1を取りまとめました

2008年4月28日日経BPフィードバック数:0ライフスタイル

メタボ対策、している?

日経BPコンサルティング 相山幹子即問速答!第70回目は「メタボ対策、している?」がテーマです。2008年4月から、40歳以上の医療保険加入者を対象とした“メタボ健診”(特定健診)がスタートしました。腹囲測定を含む特定健診と、基準値を超えた人を対象とした保健指導を義務づけたもので、厚生労働省の2007年国民健康・栄養調査によると、健診の対象となる40〜74歳までの人のうち、メタボもしくはメタボ予備軍は、男性は2人に1人、女性は5人に1人と見られています。今回は、自分がメタボだと思うかどうかから、

2008年4月21日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

メタボリック症候群と健康意識に関する調査

メタボリック症候群と健康意識に関する調査 2008年04月18日健康を「意識している」人は9割、実際に「自分の生活が健康的だと思う」人は6割99%の人が「メタボリック症候群」を認知。「特定健診・特定保健指導」の開始は74%が認知自分がメタボリック症候群に「あてはまらない」と思う人は74%。うち5割が、「将来メタボリック症候群になる不安がある」メタボリック予防のため行いたいダイエット 1位「ウォーキング(60%)」、 2位「ストレッチ(25%)」、3位「食事によるダイエット(21%)」インターネッ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ