「保守連合」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州、政権交代や中国の底入れ期待も、景気の急回復は難しい ~資源依存からの脱却は一朝一夕に進まず、当面は潜在成長率並みの拡大に~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪州、政権交代や中国の底入れ期待も、景気の急回復は難しい~資源依存からの脱却は一朝一夕に進まず、当面は潜在成長率並みの拡大に~発表日:2013年10月1日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国景気の底入れを窺わせる経済指標が出ているが、経済成長の原動力が外需と投資に留まるなど、その持続力には不透明感が残る。中国を最大の輸出相手とする豪州では、景気の緩やかな拡大は続いているが、

2013年9月25日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート 2013.9.20

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 排出量取引マーケットレポート 2013.9.20豪州で政権交代、排出量取引制度が立ち消えになる可能性 ◆マーケットサマリー(2013/8/22~2013/9/19)EUA価格は 5か月ぶりに€ 5台を回復◆関連トピック■豪州で政権交代、排出量取引制度が立ち消えになる可能性豪州連邦議会(二院制)の総選挙の投開票が2013年9月7日に実施され、自由党を中心とする保守連合が下院(定数150)で過半数の90議

2013年9月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年9月(オーストラリア)

平成 25 年(2013 年)9 月 20 日新政権下でも、豪州経済は潜在成長率を下回るペースに豪州経済は潜在成長率を下回るペースが続いている。第 2 四半期の実質 GDP 成長率は前年比+2.6%と、前期(同+2.5%)からほぼ横ばいにとどまった(第 1 図)。需要項目別にみると、民間投資がやや持ち直した一方で、個人消費は雇用環境の悪化を主因に減速した。また、公共投資は、財政赤字削減に向けて政府が歳出を抑制するなか大幅に落ち込んだ。こうした状況下、豪州準備銀行(RBA)は 9 月の金融政策決定

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ