「保育料」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年2月27日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都保育ニーズ実態調査結果報告書 都民調査速報版について

ここから本文です。東京都保育ニーズ実態調査結果報告書都民調査速報版についてこの度「東京都保育ニーズ実態調査」の都民調査(平成29年8月~9月実施)の速報版をまとめましたので、お知らせします。この調査は、子育て世代の都民の保育・子育て支援サービスの利用意向等の最新の調査結果を都や区市町村の施策展開に活用するため実施しました。1 調査概要(1) 調査対象・期間就学前児童(0~5歳の児童)がいる世帯 約38,000世帯※23区+待機児童数が50人以上の17市=計40区市第1弾(約26,000世帯)平成

2015年12月11日日経BPフィードバック数:0社会/政治

共働き子育てしやすい街ランキング

2015年12月3日共働き子育てしやすい街ランキング、荒川区が1位 日経DUALと日本経済新聞社が自治体の子育て支援制度に関する調査実施 共働き家庭にとって最も子育てしやすい街は荒川区---働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト「日経DUAL」(日経BP社・本社:東京都港区、社長:長田公平)は、日本経済新聞社と共同で、全国の主要100自治体を対象に「自治体の子育て支援制度に関する調査」を実施。この調査結果に基づいて、「共働き子育てしやすい街ランキング」(総合ランキング、東京編、地方編)を発表し

2014年10月14日ダイヤモンド社フィードバック数:0ライフスタイル

調査して分かった意外な実態 自治体によって保育料は月2万円も違う

保育園について見落としがちなのが、自治体によって保育料が大きく違うということ。保育園特集を組んだ実用ライフスタイル誌「ダイヤモンドQ」編集部がお送りする連載の第7回は、東京23区における、認可保育園、認証保育園の保育料の違いを取り上げる。 保育園については、待機児童数や保育園の質が注目されがちだが、保育料についても注意しておきたい。実は自治体によって保育料は大きく異なり、月の保育料で2万円以上の差があるのだ。大都市においては保育園に入りやすい自治体を求めて引っ越しをする人がいるが、その際に保育料

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ