「保護世帯」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「最近の統計調査結果から―2015年―」 3月分

統計調査報告被保護者調査(注) ― 12月分概数―平成26年12月の生活保護の被保護世帯数は1,618,196世帯、被保護実人員は2,170,161人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年10~12月期・2次速報値―平成26年10~12月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は0.4%(年率1.5%)と1次速報値と比べて0.2ポイント(年率0.7ポイント)の下方修正と

「最近の統計調査結果から―2015年―」 1月分

統計調査報告被保護者調査(注) ― 10月分概数―平成26年10月の生活保護の被保護世帯数は1,615,240世帯、被保護実人員は2,168,393人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。毎月勤労統計調査 ―11月分結果確報―平成26年11月の現金給与総額は前年同月比0.1%増となった。きまって支給する給与は0.1%増(一般労働者0.6%増、パートタイム労働者1.0%減)で、特別に支払われた給与が1.6%増であ

「最近の統計調査結果から」2014年7月分

 統計調査報告被保護者調査(注) ―4月分概数―平成26年4月の生活保護の被保護世帯数は1,600,241世帯、被保護実人員は2,159,847人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。平成25年国民生活基礎調査(注1)高齢者世帯(注2)は全世帯の23.2%(平成22年調査21.0%)となった。1世帯当たり平均所得金額(注3)は537万2千円(同549万6千円)となった。相対的貧困率(注3)(注4)は16.1%(

最近の統計調査結果から 2014年1月

 統計調査報告被保護者調査(注) ―10月分概数―平成25年10月の生活保護の被保護世帯数は1,594,729世帯、被保護実人員は2,164,338人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。 平成25年賃金構造基本統計調査(都道府県別速報)1月16日(木曜)厚生労働省発表賃金(注)が最も高いのは東京都で364,600円、次いで神奈川県の325,000円、大阪府の315,400円となっている。賃金が最も低いのは宮崎

最近の統計調査結果から 2013年10月

統計調査報告被保護者調査(注) ― 7月分概数―7月の生活保護の被保護世帯数は1,588,521世帯、被保護実人員は2,158,946人となった。 (注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。平成23年所得再分配調査当初所得(注1)のジニ係数(注2)0.5536に対して、再分配所得(注3)のジニ係数は0.3791で、所得再分配によるジニ係数の改善度(注4)は31.5%と、過去最高になった。(注1)雇用者所得、事業所得、農耕・畜

最近の統計調査結果から 2013年 7月

統計調査報告平成24年度雇用均等基本調査(企業調査)「ポジティブ・アクション(注1)」に取り組んでいる企業の割合は32.5%で、前年度調査(注2)より0.8ポイント上昇した。(事業所調査)育児休業取得者割合は、女性は83.6%で前年度調査と比べて4.2ポイント低下した。男性は1.89%で0.74ポイント低下した(注1)固定的な性別による役割分担意識や過去の経緯から、男女労働者の間に事実上生じている差があるとき、それを解消し、女性労働者の能力発揮を促進するために企業が行う自主的かつ積極的な取組。

最近の統計調査結果から 2013年6月

統計調査報告国民経済計算 ―平成25年1~3月期・2次速報―平成25年1~3月期の実質GDP(国内総生産)成長率(季調値)は前期比1.0%(年率4.1%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.6ポイント)の上方修正となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が0.6%、外需(財貨・サービスの純輸出)が0.4%となった。労働経済動向調査 ―平成25年5月―平成25年5月1日現在の正社員等労働者過不足判断D.I.(「不足」-「過剰」)は、調査産業計10ポイントと8期連続不足となった(平

最近の統計調査結果から -2013年5月分-

統計調査報告労働力調査詳細集計 ―1~3月期平均―平成25年1~3月期平均の雇用者(役員を除く)のうち、正規の職員・従業員は3281万人で、前年同期に比べ53万人の減少となった。非正規の職員・従業員は1870万人で、前年同期に比べ65万人の増加となった。非正規の職員・従業員がその雇用形態についた主な理由は、男性では「正規の職員・従業員の仕事がないから」が31.1%、「自分の都合のよい時間に働きたいから」が21.9%、女性では「家計の補助・学費等を得たいから」が27.0%、「自分の都合のよい時間

最近の統計調査結果から 2013年4月

統計調査報告被保護者調査(注) ― 1月分概数―1月の生活保護の被保護世帯数は1,572,966世帯、被保護実人員は2,153,642人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。毎月勤労統計調査 ―2月分確報―平成25年2月の現金給与総額(規模5人以上)は前年同月比0.8%減、きまって支給する給与は前年同月比0.9%減となった。また、所定内給与は前年同月比0.7%減、所定外給与は2.7%減となった。特別に支払われた

2011年9月7日厚生労働省フィードバック数:3社会/政治

福祉行政報告例(平成23年5月分概数)

福祉行政報告例(平成23年5月分概数)平成23年9月6日 福祉行政報告例は、生活保護・身体障害者福祉・児童福祉等社会福祉関係諸法規の施行に伴う各都道府県、指定都市及び中核市における行政の実態を数量的に把握して、社会福祉行政運営のための基礎資料を得ることを目的とする。図1 被保護世帯数及び被保護実人員(各月間)東日本大震災の影響により、平成23年2月分は郡山市以外の福島県を除いて集計した数値を掲載している。 表1 扶助の種類別扶助人員「その他の扶助」は、「出産扶助」「生業扶助」「葬祭扶助」の合

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ