「保険薬局」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年9月11日ネグジット総研フィードバック数:0ライフスタイル

保険薬局における備蓄後発医薬品の変更に関する調査

2014/08/12 保険薬局における備蓄後発医薬品の変更に関する調査過去1年以内に備蓄後発医薬品の変更、薬剤師の89%が経験あり。~ そのうち45%は、現在も「変更したい備蓄後発医薬品がある」との回答 ~医療経営コンサルティング、薬剤師を対象と したプロモーション及び調査を行なう株式会社ネグジット総研(兵庫県神戸市 、代表取締役社長 八田 光)は、この度、「保険薬局における備蓄後発医薬品の変更に関する調査」(以後、本調査)を実施、調査結果を公開いたしました。●過去1年以内に備蓄後発医薬品の変更

2013年9月23日ネグジット総研フィードバック数:0ライフスタイル

アンケートから ~2013年7月の製薬企業訪問実態調査結果~

薬局、病院への製薬企業の訪問状況は?■ 保険薬局への訪問実態の結果:訪問の”量” が ファイザー、”質 ”はツムラ ”、量”×”質”はファイザー■ 病院薬剤師への訪問実態の結果:訪問の”量”がファイザー、”質”は大正富山医薬品、”量 ”×”質”はアステラス製薬・大塚製薬薬剤師調査MMPRの調査結果から色々なトピックスをご紹介!今回は「薬局、病院への製薬企業の訪問状況(2013年6月実績)」についてご紹介致します。調査対象:薬剤師調査MMPR会員(薬剤師)有効回答数 :655サンプル(保険薬局:4

2011年12月9日厚生労働省フィードバック数:5ライフスタイル

第18回医療経済実態調査(医療機関等調査)

医療経済実態調査(医療機関等調査)1 調査の概要1.1 調査の目的 病院、一般診療所、歯科診療所及び保険薬局における医業経営等の実態を明らかにし、社会保険診療報酬に関する基礎資料を整備することを目的とする。1.2 調査の対象 社会保険による診療・調剤を行っている全国の病院、一般診療所、歯科診療所及び1ヶ月間の調剤報酬明細書の取扱件数が300件以上の保険薬局を対象とする。ただし、開設者が医育機関(特定機能病院及び歯科大学病院は除く)であるもの、特定人のために開設されている閉鎖的なもの、感染症病床の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ