「保険診療」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年の遠隔診療関連サービスの市場規模を予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング2020年の遠隔診療関連サービスの市場規模を予測 2020年の遠隔診療関連サービスの市場規模は、→ 2016年比約2.5倍の192億円と予測。→ 遠隔での健康相談サービス、保険診療が市場をけん引する。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、遠隔診療サービスの現状と将来展望に関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。 2015年8月10日に出された厚

2014年8月27日日本総研フィードバック数:0社会/政治

保険外併用療養費制度改革の論点について

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 8 月 27 日No.2014-029保険外併用療養費制度改革の論点について調査部 副理事長 翁 百合《要 点》 6月に成長戦略と合わせて決定・公表された規制改革実施計画では、健康・医療分野で、保険外併用療養費制度に新たに患者申出療養(仮称、以下同じ)制度が導入されることになった。 現行医療保険制度では、保険診療と併せて保険外診療を受けると保険診療分まで全額自己負担を求められるか、そうでなければ、患者がそれまで

2014年6月18日漢方デスクフィードバック数:0ライフスタイル

漢方保険診療利用に関する調査2014

漢方保険診療利用に関する調査2014漢方の保険診療利用に対する意識・認知調査を行った結果、「クリニックで保険が効く場合、漢方薬代は1ヶ月平均費用」の正答率は51.2%だったのに対し、保険が効かない場合は漢方薬代1ヶ月平均15,000円以上ということを83.8%が「知らなかった」と回答しました。 漢方・薬膳の総合ポータルサイトを展開する漢方デスク株式会社(代表:葉山茂一)は、平成26年6月の混合診療が日本政府の新成長戦略に明記される動きを受け、クリニックにおける漢方の保険診療利用に対する意識・認知

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ