「信頼度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月4日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」

Blog Post:~カスタマージャーニーで高まるデジタル体験の重要性~ 最新のAdobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」によると、商品購入までにおける体験プロセス、いわゆるカスタマージャーニーにおいて、デジタル体験が及ぼす影響力が益々高まっていることが分かりました。一方、デジタル体験の重要性が増す中で、クロスチャネルでコミュニケーションを実施できている企業ほど、ブランドに対する信頼度が高まる傾向が判明しました。調査結果のハイライト

2017年4月13日KPMG★★フィードバック数:0マーケティング

データアナリティクスの信頼度についてのグローバル意識調査

Since the last time you logged in our privacy statement has been updated. We want to ensure that you are kept up to date with any changes and as such would ask that you take a moment to review the changes. You will not continue to receive KPMG subscr

2017年3月7日iYellフィードバック数:0大型消費/投資

営業スタッフの印象に関するアンケート調査 iYell

6割以上の男性が、不動産会社の営業スタッフへの信頼度が低いと回答 〜営業スタッフの印象に関するアンケート調査結果〜 信頼できる不動産会社とユーザを繋ぐ『いえーる コンシェル』を運営するiYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:窪田光洋、以下「当社」という。)は、不動産会社の営業スタッフに対する男性消費者の印象を調査しました。その結果、不動産会社の営業スタッフについて「信頼できなさそう」「あまり信頼できなさそう」と答えた人が61.6%にのぼることがわかりました。 <アンケートの概要>当社

2017年1月5日マクロミル★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年 新成人に関する調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2017年1月3日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

メディア・リテラシーに関する実態調査

新聞の政治・経済情報への信頼度は、20代は10%台、60代は40%超 『メディア・リテラシーに関する実態調査』新聞の政治・経済情報への信頼度は、20代は10%台、60代は40%超若年層ほど「ネットの情報を信頼する」傾向に調査結果サマリー新聞の政治・経済情報への信頼度は、20代が10%台、60代は40%超政治や経済について調べる際に参考にする情報源として、「新聞(全国紙)をよく参考にするし、信頼している」と答えた人の割合は、20代と30代では18.8%でした。一方、40代は27.4%、50代は41

企業情報サイト調査 2016

基本コンセプト企業情報サイトの重要な目的として、情報公開を通じて顧客、株主、地域など様々なステークホルダーからの信頼を高めることが挙げられます。 「企業情報サイト調査2016」では、企業信頼度の向上に対する企業情報サイトの寄与度を明確化することによって、企業情報サイトの目標の設定と成果の検証を可能とします。 主要調査事項「企業情報サイト調査2016」における主要検討事項は以下の3点です。■コンテンツの評価と改善点ユーザーにコンテンツを指定して閲覧してもらい、現状評価と改善点の抽出を行います。■

2016年11月8日宣伝会議★★フィードバック数:0マーケティング

消費者300人アンケート「テレビCMを打っている会社」への信頼は健在か

消費者300人アンケート「テレビCMを打っている会社」への信頼は健在か テレビCMの出稿有無や多寡は、その企業に対する消費者の信頼に、どの程度関係があるのでしょうか。また、CMをやっていても「信頼するに値しない」という印象を与えてしまう要素とは?全国主要都市に暮らす消費者300人への調査からひもときます。 若年層を中心に「テレビ離れ」が叫ばれる中、テレビCMを出稿していることは、その企業の信頼度を高める上で、どれだけの効果を発揮するのか。また、消費者が企業に対する評価(信頼度・安心感)を定める

日本の「回復力指数」は世界33位 企業進出先としての信頼度示す

2016/05/14 19:00 日本の「回復力指数」は世界33位 企業進出先としての信頼度示す 企業家、テクノロジー、ビジネスをカバーするジャーナリスト。 事業の拡大を目指して外国市場に進出する企業や起業家たちは、非常に複雑であり、かつ高いリスクを伴う戦いのに足を踏み入れることになる。ある国でビジネスを行うことは、別の国でそれを行うことと、必ずしも同じではない。米ロードアイランド州を拠点とする保険会社FMグローバルはこのほど、企業が進出に向けて知りたいと思う各国・地域の「経済的安定性」、

企業情報サイト調査結果分析2014 第6回:企業情報サイトの閲覧効果

企業情報サイト調査結果分析2014第6回:企業情報サイトの閲覧効果若年層ほど上昇効果が大きい図1は企業情報サイトの閲覧効果として、閲覧前後での企業信頼度の変化を示したものである。全体では閲覧前の企業信頼度74ポイントが閲覧後に83ポイントへと9ポイント上昇したことが示されている。次に、年代別に見ると、20代・30代の上昇度合いがプラス12ポイントと、40代や50歳以上(いずれもプラス9ポイント)と比較して最も大きかった。あくまで一つの見方だが、年齢が若いほど外部からの情報による影響を受けやすいと

2015年2月12日経済広報センター★フィードバック数:0ビジネス

消費者から見た企業です。

企業に対する生活者の信頼度が4年ぶりに上昇-「第18回 生活者の“企業観”に関する調査」の結果について-

企業に対する生活者の信頼度が4年ぶりに上昇-「第18回 生活者の“企業観”に関する調査」の結果について-

変わるフランス人の「人権・平等」意識、揺らぐ政府・EUへの信頼感-反移民・反EUポピュリズムに共感する世論-

変わるフランス人の「人権・平等」意識、揺らぐ政府・EUへの信頼感 -反移民・反EUポピュリズムに共感する世論- 去る5月の欧州議会選挙で、反移民、反EUを掲げるマリーヌ・ルペン率いる極右政党・国民戦線(FN)が、25%の支持票を獲得して第1党に躍進、フランスのみならず欧州社会に大きな衝撃を与えたことは広く知られているところだ。極右ポピュリスト政党をフランス人の4人に1人が支持した理由は一体何なのか。最近の世論調査から、フランス人の伝統的な「平等・人権」意識が大きく変わりつつある状況や、好転

企業情報の情報源としての企業サイトの位置付け

企業情報サイト調査結果分析2013第1回:企業情報の情報源としての企業サイトの位置付け「企業情報について、あなたが信頼できると思う情報源をお答えください(複数回答)。」という形式の質問で、最も回答者の割合が高かったのが新聞(64.4%)、次いで企業のWebサイト(58.9%)で、この両者の間には大きな数値の開きはなかった。さらにこれらにテレビ(46.4%)、ニュースサイトやポータルサイト(41.8%)が続くが、前2者と比べ、かなり数値が落ちる。【図1】ユーザーが信頼する企業情報の情報源(2013

2013年12月22日外務省★フィードバック数:0社会/政治

アメリカから見た日本です。

米国における対日世論調査(結果概要)

平成25年12月19日平成25年(2013年)7月から8月まで,外務省は,ハリス・インタラクティブ社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1000名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある201名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました(信頼度95%の標本誤差は一般の部で±3%,有識者の部で±7%)。1 対日信頼度は一般の部で76%,有識者の部で93%と,

2013年7月5日インターリスク総研フィードバック数:0ビジネス

パーセプション調査に基づく「企業の信頼度」の経年変化の考察

コンサルティングメニューリスク情報・レポートセミナー・イベント選ばれる理由企業情報

2013年4月2日中央調査社★フィードバック数:9マーケティング

メディアの利用や信頼性についての調査です。

第5回「メディアに関する全国世論調査」

■「中央調査報(No.665)」より ■ 第5回「メディアに関する全国世論調査」(2012年)結果の概要公益財団法人新聞通信調査会(理事長 長谷川 和明)は、2012年9月に「第5回メディアに関する全国世論調査(2012年)」を実施しました。調査方法は、住民基本台帳から無作為に選んだ全国の18歳以上の5,000人を対象とした訪問留置法で、3,404人から回答を得ました。この調査は、メディアの問題点や評価、信頼度などを客観的で信頼の高い統計手法を用いて調査し、クロス・メディア時代における新聞の在り

2012年8月2日GCIキャピタルフィードバック数:3大型消費/投資

MetaTrader4 利用者アンケート

FX外国為替情報のKlug(クルーク) 為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載 FX(外国為替証拠金取引)の世界において、システムトレード(シストレ)の勢いが続いている。シストレとは、テクニカル分析の手法などによって、一定の売買ルールを決定し、そのルールに基づいて、自動的に取引を行うこと。自己の売買判断に基づく従来の裁量的な取引においては、損失を確定させたくないなど、感情的な判断が、適切な取引の妨げになるケースが見られるが、そうした要素を排除し、収益性の高い売

2012年5月30日総務省★フィードバック数:81マーケティング

ソーシャルメディアも含めた情報源とその信頼度について調査しています。

東日本大震災を契機とした情報行動の変化に関する調査

報道資料東日本大震災を契機とした情報行動の変化に関する調査結果の公表 総務省情報通信政策研究所では、東日本大震災を契機として国民の情報行動やメディアへの信頼度等にどの程度の変化があったのかについての調査結果を取りまとめましたので、公表します。1 経緯情報通信政策研究所では、東日本大震災を契機として国民の情報行動やメディアへの信頼度等にどの程度の変化があったのか、震災直後と現在との2時点について震災前と比較、検証するため郵送調査を行い、今般、その結果をとりまとめました。 2 調査結果の概要 (1

2012年5月23日外務省★フィードバック数:26社会/政治

アメリカ人から見た日本です。

米国における対日世論調査(結果概要)

米国における対日世論調査(結果概要) 平成24年(2012年)2月から3月まで、外務省は,ギャラップ社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1200名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある200名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました(信頼度95%の標本誤差は一般の部で±4.25%,有識者の部で±7%)。対日信頼度は一般の部で84%,有識者の部でも9

2012年4月5日ニフティフィードバック数:5ビジネス

身だしなみに関する意識調査

「@niftyビジネス」が身だしなみに関する意識調査を実施 2012年4月5日「@niftyビジネス」が身だしなみに関する意識調査を実施 〜女性からの好感度や信頼度は、ヒゲなし男子が圧倒的に高い!〜 ニフティが提供するビジネスパーソン向け情報サイト「@niftyビジネス」(注1)では、ヒゲを中心とした「職場での男性の身だしなみ」に関する調査を実施しました。ビジネスパーソン、特に新社会人にとって、身だしなみはビジネスマナーの中でも重要なポイントです。今回の調査から、20代の男性はヒゲに対して

2012年3月29日アクロニスフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

アクロニス世界障害復旧評価指標:2012

「公共部門」がバックアップ、DR に関する信頼度が最も低い業界であると発表~低予算、低リソース、低 IT スキルなどが低信頼度の要因に~【2012 年 3 月 29 日付プレスリリース】 物理環境、仮想環境、クラウド環境に対応した使いやすいバックアップと復元のソリューションを提供するリーディングカンパニーであるアクロニス社(本社:米国マサチューセッツ州/日本(アクロニス・ジャパン):東京都港区、代表取締役 村上 督、以下:アクロニス)は、「アクロニス世界障害復旧評価指標:2012*」における業界

企業情報サイト調査

「企業情報サイト調査」は、企業情報サイトをステークホルダーの視点から評価し、企業信頼度を高めるために求められる企業情報サイトのあるべき姿を明らかにします。 株式会社トライベック・ブランド戦略研究所〒107-0052東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル ・企業情報サイト調査の申込用紙はこちら(PDF書類)[88KB] からダウンロードください。

2011年5月19日日経BP★フィードバック数:40マーケティング

ITpro読者を対象としたソーシャルメディアの利用に関する調査結果です。

ソーシャルメディアは過半数に浸透、震災により信頼度が向上

ソーシャルメディアは過半数に浸透、震災により信頼度が向上

2011年3月29日野村総合研究所★フィードバック数:312マーケティング

震災後のメディア利用に関する調査結果です。

震災に伴うメディア接触動向に関する調査

「震災に伴うメディア接触動向に関する調査」を実施 ~NHKへの信頼度が上昇し、ソーシャルメディアも存在感~2011年3月29日株式会社野村総合研究所東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本 正、以下「NRI」)は、震災発生後一週間強が経過した2011年3月19日から3月20日にかけて、「東北地方太平洋沖地震に伴うメディア接触動向に関する調査」を実施しました。こ

企業情報サイト調査

「企業情報サイト調査」は、企業情報サイトをステークホルダーの視点から評価し、企業信頼度を高めるために求められる企業情報サイトのあるべき姿を明らかにします。 株式会社トライベック・ブランド戦略研究所〒107-0052東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル ・企業情報サイト調査の申込用紙はこちら(PDF書類)[88KB] からダウンロードください。

2009年1月5日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

金融問題とくらし

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ現在の金融状況に対して、不安に感じる人は87.9%と9割にせまる 金融不安を感じている人のうち、具体的な行動を取っている人は52.1%。「生活費の節約」「娯楽費の節約」がトップ2 金融不安を感じていない人の理由は、「生活の中で特に影響を感じない」が首位 この1年間の金融機関に対する信頼度は、「変わらない」51.2%、「低下」47.4% 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ