調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 個人情報保護法

「個人情報保護法」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月18日マクロミル★★フィードバック数:0社会/政治

「改正個人情報保護法」施行直前に聞いた、個人情報に対する意識・実態調査

世の中の「Honto(本当)」を集めた「Note(記録)」ホーム5月30日施行の改正個人情報保護法、一般の認知度を調査! 2017年6月6日|Author : ジャスミン5月30日施行の改正個人情報保護法、一般の認知度を調査!Tag : 個人情報,個人情報保護法,プライバシーポリシー,改正,個人識別符号2017年5月30日より、改正個人情報保護法が施行されました。保護の対象となる個人情報の範囲が広がったほか、これまでは規制の対象となっていなかった5,000名分以下の個人情報を扱う事業者にも、情報

2017年6月2日アララフィードバック数:0ビジネス

5月30日に全面施行される「改正個人情報保護法」 65%の企業担当者が内容を把握できていない実態が明らかに

2017年5月26日 NEWS5月30日に全面施行される「改正個人情報保護法」 65%の企業担当者が内容を把握できていない実態が明らかに2017年5月26日5月30日に全面施行される「改正個人情報保護法」65%の企業担当者が内容を把握できていない実態が明らかに-6月8日、13日に改正個人情報保護法セミナーを開催-10年連続シェアNo.1※の個人情報検出ソフト「P-Pointer(ピーポインター)」を提供するアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岩井陽介 以下、アララ)は、企業の情報システ

2017年3月31日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

「企業IT利活用動向調査2017」の速報

国内企業の情報セキュリティ支出は2017年度も拡大の見込み改正個人情報保護法には、駆け込みでの対応が多数派JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2017」の速報結果を発表 2017年3月27日一般財団法人日本情報経済社会推進協会株式会社アイ・ティ・アール 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業653社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査20

2015年11月20日内閣府★★フィードバック数:0社会/政治

個人情報保護法の改正に関する世論調査

個人情報保護法の改正に関する世論調査

2014年6月18日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年5月結果

業況DIは、2カ月連続改善。先行きは懸念材料多く、横ばい圏内の動き4月の全産業合計の業況DIは、▲17.3と、前月から+2.8ポイントの改善。ただし、「悪化」から「不変」への変化が押し上げ要因となったことに留意が必要。インバウンドを含め春の観光需要の堅調な動きから、小売業、卸売業、サービス業の業況感が改善した。また、電子部品や自動車関連で引き続き好調な生産を指摘する声が聞かれたほか、設備投資に持ち直しの動きが見られた。一方、消費者の節約志向、人手不足の影響拡大、原材料、燃料の値上りが依然、中小企

2014年4月4日JETROフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

シンガポールにおける個人情報保護法について

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 シンガポールにおける

2014年1月8日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年12月調査)

業況DIは、2カ月連続改善。先行きは懸念材料多く、横ばい圏内の動き4月の全産業合計の業況DIは、▲17.3と、前月から+2.8ポイントの改善。ただし、「悪化」から「不変」への変化が押し上げ要因となったことに留意が必要。インバウンドを含め春の観光需要の堅調な動きから、小売業、卸売業、サービス業の業況感が改善した。また、電子部品や自動車関連で引き続き好調な生産を指摘する声が聞かれたほか、設備投資に持ち直しの動きが見られた。一方、消費者の節約志向、人手不足の影響拡大、原材料、燃料の値上りが依然、中小企

2013年7月4日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年6月調査)

業況DIは、2カ月連続改善。先行きは懸念材料多く、横ばい圏内の動き4月の全産業合計の業況DIは、▲17.3と、前月から+2.8ポイントの改善。ただし、「悪化」から「不変」への変化が押し上げ要因となったことに留意が必要。インバウンドを含め春の観光需要の堅調な動きから、小売業、卸売業、サービス業の業況感が改善した。また、電子部品や自動車関連で引き続き好調な生産を指摘する声が聞かれたほか、設備投資に持ち直しの動きが見られた。一方、消費者の節約志向、人手不足の影響拡大、原材料、燃料の値上りが依然、中小企

2013年6月30日消費者庁★フィードバック数:3社会/政治

内部告発者保護についての調査です。

公益通報者保護制度に関する実態調査

文字サイズ標準大 消費者庁ホーム > 消費者庁について > 消費者庁の概要 > 消費者庁発足以前の情報 内閣府旧国民生活局時代の情報について内閣府旧国民生活局時代の取組についての情報は、国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)サイトにてご覧いただけます。旧国民生活政策ホームページ国民生活審議会国民生活白書(参考)個人情報保護法に係る情報について平成28年1月1日付けの個人情報保護法改正法の施行に伴い、個人情報保護法に係る所掌事務は個人情報保護委員会に移管されました。過去の情報は下

2013年5月15日全日本病院協会フィードバック数:3セキュリティ/ネットワーク

平成24年度個人情報保護に関するアンケート調査報告

(社)全日本病院協会平成 24 年度 個人情報保護に関するアンケート調査の中間報告1.調査目的①会員病院における個人情報保護の取り組み状況を把握する。②過去に実施した同アンケートとの比較をし、経年的な取り組み状況の変化について明らかにする。2.調査客体全日本病院協会全会員病院2,363病院を対象とした。3.調査内容施設概況、個人情報保護法への組織的対応状況、院内研修の実施状況、外部研修への参加状況、個人情報に関する苦情・相談状況、診療情報の開示状況等について調査した。4.調査期間平成 24 年

2013年2月7日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(1月調査)

業況DIは、2カ月連続改善。先行きは懸念材料多く、横ばい圏内の動き4月の全産業合計の業況DIは、▲17.3と、前月から+2.8ポイントの改善。ただし、「悪化」から「不変」への変化が押し上げ要因となったことに留意が必要。インバウンドを含め春の観光需要の堅調な動きから、小売業、卸売業、サービス業の業況感が改善した。また、電子部品や自動車関連で引き続き好調な生産を指摘する声が聞かれたほか、設備投資に持ち直しの動きが見られた。一方、消費者の節約志向、人手不足の影響拡大、原材料、燃料の値上りが依然、中小企

2012年8月23日IPA★★フィードバック数:67セキュリティ/ネットワーク

パーソナル情報を活用するサービスやその保護についての調査です。

パーソナル情報保護とIT技術の調査

「パーソナル情報保護とIT技術の調査」報告書の公開掲載日 2012年8月23日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター  ビッグデータ時代の到来の中、サイバー空間で増大するパーソナル情報(*)を活用した新たな市場の可能性が期待される一方で、利用者の個人情報の悪用等に対する不安や、プライバシーが侵される事への懸念が高まっています。また、先端的なデータマイニング技術により分散した断片的なパーソナル情報から個人が特定されるなど、個人情報保護法における個人情報の定義が、IT技術に十分に

2012年8月14日消費者庁フィードバック数:1社会/政治

平成23年度行政機関における公益通報者保護法の施行状況調査の結果について

文字サイズ標準大 消費者庁ホーム > 消費者庁について > 消費者庁の概要 > 消費者庁発足以前の情報 内閣府旧国民生活局時代の情報について内閣府旧国民生活局時代の取組についての情報は、国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)サイトにてご覧いただけます。旧国民生活政策ホームページ国民生活審議会国民生活白書(参考)個人情報保護法に係る情報について平成28年1月1日付けの個人情報保護法改正法の施行に伴い、個人情報保護法に係る所掌事務は個人情報保護委員会に移管されました。過去の情報は下

2012年8月2日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(7月調査)

業況DIは、2カ月連続改善。先行きは懸念材料多く、横ばい圏内の動き4月の全産業合計の業況DIは、▲17.3と、前月から+2.8ポイントの改善。ただし、「悪化」から「不変」への変化が押し上げ要因となったことに留意が必要。インバウンドを含め春の観光需要の堅調な動きから、小売業、卸売業、サービス業の業況感が改善した。また、電子部品や自動車関連で引き続き好調な生産を指摘する声が聞かれたほか、設備投資に持ち直しの動きが見られた。一方、消費者の節約志向、人手不足の影響拡大、原材料、燃料の値上りが依然、中小企

2012年7月4日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(6月調査)

業況DIは、2カ月連続改善。先行きは懸念材料多く、横ばい圏内の動き4月の全産業合計の業況DIは、▲17.3と、前月から+2.8ポイントの改善。ただし、「悪化」から「不変」への変化が押し上げ要因となったことに留意が必要。インバウンドを含め春の観光需要の堅調な動きから、小売業、卸売業、サービス業の業況感が改善した。また、電子部品や自動車関連で引き続き好調な生産を指摘する声が聞かれたほか、設備投資に持ち直しの動きが見られた。一方、消費者の節約志向、人手不足の影響拡大、原材料、燃料の値上りが依然、中小企

2011年11月18日総務省フィードバック数:11社会/政治

平成22年度における行政機関・独立行政法人等の情報公開法及び個人情報保護法の施行状況調査結果の概要

報道資料平成22年度における行政機関・独立行政法人等の情報公開法及び個人情報保護法の施行状況調査結果の概要標記調査結果(速報値)の概要について、別添のとおり取りまとめましたので、公表します。【調査の概要】 ○ 行政機関・独立行政法人等の情報公開法及び個人情報保護法に基づき、毎年度実施するもの。 ○ 情報公開法の調査については、行政機関は13年度の法施行以来10回目、独立行政法人等は14年度以来9回目。 ○ 個人情報保護法の調査については、17年度の法施行以来6回目。連絡先行政管理局 情報公開推進

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ