「個人情報」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2011年1月28日マクロミル★フィードバック数:123マーケティング

マクロミルによるFacebookのユーザー調査です。

Facebookユーザ500人 利用実態調査

2011年01月28日フェイスブックの使い方、「友達の近況をチェック」50%、「昔の友達を探す」39%始めたきっかけは「友達の勧め」41%、「話題になっているから」22%プロフィールを'実名'で登録している人は、約8割。個人情報の公開に「不安はない」48%「不安がある」52%フェイスブックは「世界中とつながっている感覚がある」7割。株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、ソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)の「フェイスブック(Facebook)」を利用している人を対象

2010年11月29日MMDLaboフィードバック数:181セキュリティ/ネットワーク

インターネット上での個人情報公開に関する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > インターネット上での個人情報公開に関する意識調査 インターネット上での個人情報公開に関する意識調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、モバイル・インターネットWEBによるオンライン調査にて、「インターネット上での個人情報公開に関する意識調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 携帯ユーザーの約9

2009年7月21日アイシェアフィードバック数:0マーケティング

携帯の情報どっちが教えるのイヤ?「電話番号」VS「メールアドレス」~携帯の情報を「企業に登録したことある」4割

「携帯番号」「メルアド」どっちが教えるのイヤ? 携帯番号とメールアドレスに関する意識調査 携帯の情報どっちが教えるのイヤ?「電話番号」VS「メールアドレス」~携帯の情報を「企業に登録したことある」4割各種会員登録や懸賞応募、クーポンサイトの利用の際に、個人情報が必須項目とされているケースは多い。携帯の電話番号やメールアドレスを登録情報として提供することをネットユーザーはどう思っているのだろうか。20代から40代のネットユーザー男女605名の回答を集計した。回答者の携帯電話所持率は92.9%(56

2008年11月4日アイシェアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

会社から付与されたメアド、3割が「個人情報ではない」と認識

rTYPEは2017年12月14日を持ちまして閉鎖致しました。

ユーザー側のフィッシングに関するまとまった意識調査です。

フィッシングに関するユーザ意識調査報告書2008

~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~ フィッシングに関するユーザ意識調査報告書2008について2008年07月30日フィッシング対策協議会は、2008年2月にインターネット利用者を対象とした「フィッシングに関するユーザ意識調査」を実施し、その調査結果をまとめました

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ