「個人消費」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月26日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査(2017年1月)

2017/2/21人手不足に対する企業の動向調査(2017年1月)企業の43.9%で正社員不足、過去10年で最高〜 「大企業」、「個人消費関連業種」で深刻な人手不足 〜はじめに人口減少と産業構造の変化にともない働き手の奪い合いが生じているなか、アベノミクスの成長戦略を進めていくうえで人手不足が大きなネックとなっている。有効求人倍率の上昇や失業率の低下など労働市場が逼迫することは、求職者には明るい材料となる一方、企業にとっては人手不足の長期化で人件費上昇などのコストアップとなる。そこで、帝国データ

2017年2月5日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成28年10-12月期地域経済産業調査

「平成28年10-12月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省は、各地域の経済動向を把握するために、地方経済産業局が四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は、7期ぶりに上方修正し、「緩やかに改善している」としました。地域別の景況判断は、北陸、近畿、九州で上方修正し、北海道、東北、関東、東海、中国、四国、沖縄は据え置きました。1.地域経済産業調査について 各地方経済産業局が管内の企業等に対して、業況、生産、設備投資などの

2016年11月2日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成28年7-9月期地域経済産業調査

「平成28年7-9月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省は、各地域の経済動向を把握するために、地方経済産業局が四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は前期から据え置き、「一部に弱い動きがみられるものの、緩やかに改善している」としました。地域別では、景況判断を、北海道、中国、九州で上方修正し、東北、関東、東海、北陸、近畿、四国、沖縄で据え置きました。1.地域経済産業調査について 各地方経済産業局が管内の企業等に対して、業

2016年6月10日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年5月報

倒産件数は652件、3カ月連続の前年同月比減少負債総額は1060億9000万円、5カ月連続の前年同月比減少 ■倒産件数は652件で、前月比では1.6%増加、前年同月比では8.0%の減少となり、3カ月連続で前年同月を下回った。5月としては2000年以降3番目の低水準。負債総額は1060億9000万円で、前月比7.2%の減少、前年同月比でも11.0%の減少となり、5カ月連続の前年同月比減少となったほか、5月としては2000年以降最小を記録した■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を下回っ

2016年4月20日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2016年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2016年4月14日2016年度の業績見通しに関する企業の意識調査 4社に1社が「増収増益」も、個人消費や中国経済への懸念強まる 〜 アベノミクスへの企業の評価は60点、1年前より3.9ポイント低下 〜 国内景気は、公共工事の減少が地域経済を悪化させる要因となっているほか、中国経済や資源国経済の低迷による金融市場の混乱で企業や家計のマインドを萎縮させるなど、全国的に悪化している。また、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、景気動向は地域や業界、規模によっ

2016年4月14日西日本シティ銀行フィードバック数:0ビジネス

第98回九州の経営動向調査

平成 28 年 4 月 8 日「第 98 回九州の経営動向調査」結果のお知らせ西日本シティ銀行(頭取 谷川 浩道)は、四半期毎に当行のお取引先様のご協力を得て、経営 動向調査を実施しています。このたび、第 98 回(平成 28 年 1~3 月期)の調査結果がまとまり ましたので、お知らせします。 記 1.調査対象企業 ・ 当行の主要取引先 707 社(回答企業数 340 社、回答率 48.1%) ・ 回答企業:福岡県内企業 85.0%、中小企業 82.7% 2.調査対象期間 平成 28 年 1~

2015年12月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2016年の景気見通しに対する企業の意識調査

2015年12月14日2016年、「中国経済」が最大の懸念材料 〜 景気回復に必要な政策、消費関連や法人減税が上位を占める 〜 2015年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.3%増、年率換算で1.0%増となり、2四半期ぶりにプラス成長となった。また、住宅着工戸数や有効求人倍率も改善が続くなど改善傾向を示す指標がある一方、ここにきて公共投資や個人消費にやや足踏み傾向がみられ、業種や地域で景況感の格差が表れている。帝国データバンクは、2015年の景

2015年11月28日VSNフィードバック数:0ビジネス

2015年を振り返るビジネスパーソンの意識調査

 2015年11月25日株式会社VSN 2015年を振り返るビジネスパーソンの意識調査人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、全国・男女10~50代のビジネスパーソンを対象に、「2015年を振り返るビジネスパーソンの意識調査」を実施しました。調査手法はインターネットリサーチ、調査期間は2015年11月17日(火)~11月20日(金)。計1,421名から回答を得ました。 TOPICSビジネスパーソンが今年1年を"漢字一文字"で表現すると… 偽(ギ・い

2015年6月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

株価下落が中国経済に与える影響~個人消費の冷え込みと不良債権の拡大加速に注意~

株価下落が中国経済に与える影響~個人消費の冷え込みと不良債権の拡大加速に注意~

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・実質消費支出は14ヵ月ぶりの増加・個人消費の基調は弱い総務省が6月26日に公表した家計調査によると、15年5月の実質消費支出は前年比4.8%と14ヵ月ぶりの増加となった。ただし、14年5月が駆け込み需要の反動などから前年比▲8.0%の大幅減少となっていたため、今月はその裏が出る形で前年比の伸びは高めになりや

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月消費統計振れを伴いながらも横ばい圏の推移が続く ◆2015年5月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+2.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同+2.1%と増加した。ただし、前月の落ち込みを取り戻すには至らず、家計調査に見る個人消費は振れを伴いながらも横ばい圏で推移している。◆実質消費支出の動きを費目別にみると、「住居」(前月比+1

期待通り、個人消費の回復傾向

わたしの意見 ― 水野 創期待通り、個人消費の回復傾向(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年6月18日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 2015年度第一四半期がまもなく終了する。個人消費は所得の増加、原油価格下落・消費税引き上げの影響一巡から4月以降回復が明確になると考えていたが、天候にも恵まれ期待通りの展開になっているようだ。発表されている4月分以降の統計をみると(表1)、全国の雇用、賃金が前年比で伸び率を高め、消費者物価指数の大幅伸び率低下から実質所

日銀短観(2015年6月調査)予測

2015年06月18日○7月1日に公表される日銀短観(2015年6月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(15年3月調査)から1ポイント上昇し、13になると予測する。円安が企業業績に与えるインパクトが徐々に限定的なものになっていることに加え、内外需要の持ち直しも緩やかにとどまっていることから、業況感の改善は小幅にとどまるだろう。先行きについても、内外景気の持ち直しペースが高まると期待しにくい中で、大企業製造業の業況判断DI(先行き)は1ポイント上昇の14にとどまると予測する。

グラフで見る景気予報(2015年6月)

2015/06/02 【今月の景気判断】景気は持ち直しているが、そのペースは緩慢である。設備投資や住宅投資が増加に転じるなど明るい動きがある一方で、足元で個人消費に弱い動きがみられるほか、輸出の増加ペースが鈍化しており、公共投資も対策効果の息切れにより減少に転じている。雇用情勢の良好な状態が維持され賃金が持ち直していること、物価の伸び率が緩やかであることは、個人消費を下支えすると期待される。また、企業業績の順調な改善を背景に、設備投資は増加基調に転じであろう。このため、今後も景気の持ち直しは続こ

なぜ個人消費の回復の足取りが重いのか?

1.今月のグラフ ~「職住近接」の背景にある雇用の非正規化2.景気概況 ~景気は緩やかに持ち直している3.今月のトピック:なぜ個人消費の回復の足取りが重いのか? ~賃金が上がっても消費増加ペースは高まらない(1)増税後、長引く反動減(2)遅れる所得の改善(3)資産効果の限界(4)今後も個人消費の回復ペースは緩やかにとどまる可能性

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月消費統計弱さが目立つ内容だが先行きは明るい 2015年5月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年4月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲5.5%と減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同▲3.5%と減少しており、低調な結果であった。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、4月の名

家計調査15年4月~消費支出は消費増税直後の水準をさらに下回る

家計調査15年4月~消費支出は消費増税直後の水準をさらに下回る | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年4月~消費支出は消費増税直後の水準をさらに下回る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・実質消費支出は予想外の減少・15年度入り後の賃金の伸びに過度の期待は禁物か総務省が5月29日に公表した家計調査によると、15年4月の実質消費支出は前年比▲1.3%と13ヵ月連続の減少となり、事前の市場予想(QUICK集計:前年比3.0%、当社予想は同1.3%)を大きく下回る結果となった。14年4月が駆け込み

2015年5月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2015年4月) ~前月比は▲5.5%とショッキングな結果~

Economic Indicators指標名:家計調査(2015年4月)定例経済指標レポート発表日:2015年5月29日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 副主任エコノミスト 高橋 大輝 TEL:03-5221-4524(単位:%) 消費性向 (勤労者世帯) 前月比 0.5 1.3 3.2 7.0 3.4 8.0 5.2 5.2 5.9 2.4 3.9 0.3 2.5 0.5 1.1 2.3 ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 1.4 1.3 0.3 3.3 3.0 3.2 1.0 0.5 0

【フィリピンGDP】1-3月期は前年同期比+5.2%~輸出鈍化と予算執行の遅れによって減速~

【フィリピンGDP】1-3月期は前年同期比+5.2%~輸出鈍化と予算執行の遅れによって減速~ | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】1-3月期は前年同期比+5.2%~輸出鈍化と予算執行の遅れによって減速~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠フィリピンの2015年1-3月期の実質GDP成長率は前年同期比+5.2%の増加となり、前期(同+6.9%)および市場予想(同+6.6%)を大きく下回った。民間部門は堅調を維持しているが、前期に好調だった輸出の鈍化や予算執行の遅れが景気の重石となった。2015

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/4/22~5/22発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年3月の企業関連の指標は、春節の影響もあった先月から持ち直しの兆しが見られる内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲0.8%と2ヶ月連続で低下したものの、前月時点での予測調査(同▲1.4%)に比べれば上振れし、ヘッドラインはおおむねポジティブな内容だった。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+2.5%と2ヶ月ぶりの増加となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比+2.9%と

2015年5月22日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「経済金融動向」(2015年4月

時の動きM O V E2M E N T経済金融動向(2016年10月)みずほ総合研究所 経済調査部足元の景気は踊り場を脱しつつある 足元の景気は、輸出・生産が持ち直し、踊り場を脱しつ つある。  9月の輸出数量指数(みずほ総合研究所による季節調整 値)は、前月比+1.5%(8月同+0.2%)と上昇した。食 料品が持ち直したほか、輸送用機器や一般機械も押し上げ 要因となった。輸出の先行きは、先行指標である台湾の電 子部品・出荷在庫バランスが改善傾向にあることから、持 ち直しが続くとみている。  9

2015年5月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

好調なユーロ圏の個人消費~雇用・財政・金融面からの追い風は続く~

好調なユーロ圏の個人消費~雇用・財政・金融面からの追い風は続く~

2015年5月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP一次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年1-3月期GDP一次速報内需の二本柱を中心に景気回復を確認させる内容 2015年5月20日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2015年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)となった。プラス成長は2四半期連続であり、日本経済が緩やかな持ち直しを続けていることを再確認させる結果と言える。①経済の成長ペースが前期より加速したこと、②市場

2015年5月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

個人消費が停滞を抜け出す展望 ~消費と貯蓄のバランス変化を読む~

個人消費が停滞を抜け出す展望 ~消費と貯蓄のバランス変化を読む~

2015年5月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する山形県内企業の意識調査

2015/5/12特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する山形県内企業の意識調査3割弱が「減収減益」、規模間格差拡大への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中61.0点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が

期待通りの賑わい―今年のGW

わたしの意見 ― 水野 創期待通りの賑わい―今年のGW(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年5月14日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] GWが終わり交通各社の利用状況等が相次いで発表された。勢いを感じさせる結果だ(表1)。今年のGWは、�@賃金・雇用の改善、�A株高による資産効果、�B原油価格低下効果、そして�C消費税引き上げの影響一巡による4月の実質賃金プラス転換と「新しい局面を迎えた個人消費」の力が示される最初の機会だったと思う。後半は5連休で日並び

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (経済概況)10-12月期の成長率は低下したものの、底堅い成長が持続米国経

グラフで見る景気予報(2015年5月)

2015/05/07 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資が横ばいにとどまっているが、輸出、生産とも振れを伴いながらも持ち直している。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるが、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、景気は緩やかに持ち直していこう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調に転じると予想され、生産も持ち直しが続くと考えられる。また、原油

2015年5月10日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する山梨県内企業の意識調査

2015/5/8特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する山梨県内企業の意識調査企業の4社に1社が「増収増益」を見込む〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中66.6点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する静岡県内企業の意識調査

2015年4月24日特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する静岡県内企業の意識調査 企業の4社に1社が「増収増益」を見込む〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中63.9点〜 国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する千葉県内企業の意識調査

2015/4/242015年度の業績見通しに関する千葉県内企業の意識調査企業の3社に1社が「増収増益」見込み〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点で62.9点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影響は異なってい

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する近畿地区企業の意識調査

2015/4/242015年度の業績見通しに関する近畿地区企業の意識調査27.9%が「増収増益」も、規模間格差拡大への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中66.1点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し

家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・実質消費水準指数は4ヵ月ぶりの上昇・15年度入り後の賃金の伸びに過度の期待は禁物か総務省が5月1日に公表した家計調査によると、15年3月の実質消費支出は前年比▲10.6%の大幅減少となったが、事前の市場予想(QUICK集計:前年比▲12.0%、当社予想は同▲12.1%)を上回る結果となった。減少

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+1.4%を予想

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+1.4%を予想耐久消費財の減少を主因に個人消費が伸び悩み ◆2015年1-3月期のGDP一次速報(2015年5月20日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+1.4%(前期比+0.4%)と、2四半期連続のプラス成長を予想する。ただし、個人消費が減速するなか、民間在庫品増加がGDP全体の押し上げ要因となっており、力強さに欠ける内容となる見込みだ。◆個人

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月消費統計1-3月期のGDPベースの個人消費は小幅の増加を予想 2015年5月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年3月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+2.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同+2.8%と増加し、このところの弱さを払しょくする良好な結果であった。◆供給側から個人消費動

【1-3月期米GDP】前期比年率+0.2%、悪天候もありほぼゼロ成長まで鈍化

【1-3月期米GDP】前期比年率+0.2%、悪天候もありほぼゼロ成長まで鈍化 | ニッセイ基礎研究所 【1-3月期米GDP】前期比年率+0.2%、悪天候もありほぼゼロ成長まで鈍化 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩4月29日、米商務省の経済分析局(BEA)は1-3月期のGDP統計(1次速報値)を公表した。1-3月期の実質GDP成長率は、季節調整済の前期比年率1で+0.2%となり、10-12月期改定値(同+2.2%)から低下し、市場予想(Bloomberg集計の中央値、以下同様)の同+1.0%も大

2015年4月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国のGDPに一時的要因とドル高などの影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国のGDPに一時的要因とドル高などの影響2015年1-3月期の実質GDP成長率は大きく減速 2015年4月30日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年1-3月期の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で前期比0.2%増と2014年10-12月期の同2.2%増から減速し、2014年1-3月期以来の低成長となった。◆輸出が減少し、輸入が小幅に増えたことで純輸出が最大の

2015年4月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候、港湾スト、ドル高などでさらに減速(15年1-3月期実質GDP:速報) ~個人消費が減速したほか、輸出、設備投資が失速した~

米国 悪天候、港湾スト、ドル高などでさらに減速(15年1-3月期実質GDP:速報) ~個人消費が減速したほか、輸出、設備投資が失速した~

2015年4月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する東北6県企業の意識調査

2015/4/232015年度の業績見通しに関する東北6県企業の意識調査「増収増益」見通しは23.5%〜 アベノミクスへの評価は61.9点、全国10ブロック別では最低 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影響は異なって

2015年4月15日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2015年4月号

2015 年 4 月 9 日発行情報メモ NO.27-3調査部月間経済情勢目次<最近の経済情勢のポイント> <本編> 1.国内経済 2.国際経済 (米国、中国、欧州)4 月号P1 P93.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P22 4.『中小企業月次景況観測』抜粋 <主要経済・金融指標等> P29 P30消費税率引き上げ前後の経済120(2013年1月=100)≪増税前後の変化≫120(2013年1月=100)110110100 個人消費 住宅投資 新規求人数 90 13/01 13/

2015年4月14日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

TDBの調査です。

2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2015/4/14特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査3割が「増収増益」も、規模間格差拡大への懸念強まる 〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中64点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与え

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し

2015・2016年度経済見通し 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎2014年10-12月期の実質GDPは前期比0.4%(前期比年率1.5%)と3四半期ぶりのプラス成長となったが、回復のペースは鈍い。実質GDPの水準は駆け込み需要が本格化する前の2013年10-12月期よりも▲0.8%低く、駆け込み需要とその反動の影響を除いて考えてもこの1年

日銀短観(2015年3月調査)結果

2015/04/01調査部 藤田 隼平 業況判断は大企業製造業で横ばい、大企業非製造業で緩やかな改善が続く本日発表された日銀短観(3 月調査)における大企業製造業の業況判断DI(最近)は、前回調査(2014 年12 月調査)と同じ12 となった。素材業種は2 ポイント上昇の8、加工業種は1 ポイント上昇の15 と 小幅改善したものの、製造業全体で見ると横ばいにとどまった。素材業種では、原油価格の下落による コスト低下を受けて「化学」が9 ポイント上昇の16 と大きく改善した一方、「非鉄金属」が1

グラフで見る景気予報(2015年4月)

2015/04/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資が横ばいにとどまっているが、振れを伴いながらも輸出、生産ともに持ち直している。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、景気は緩やかに持ち直していこう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調に転じると予想され、生産も持ち直しが続くと考えられる。また

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者マインドの上振れは個人消費の回復を示唆(15年3月CB消費者信頼感) ~現状低下も期待が雇用・所得見通しの改善により上昇

消費者マインドの上振れは個人消費の回復を示唆(15年3月CB消費者信頼感) ~現状低下も期待が雇用・所得見通しの改善により上昇

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

実質個人消費は2月に失速(15年2月個人消費・所得) ~1-3月期の実質個人消費は前期比年率+1.9%に減速する見込み

実質個人消費は2月に失速(15年2月個人消費・所得) ~1-3月期の実質個人消費は前期比年率+1.9%に減速する見込み

2015年3月31日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(10) (最終回)~消費主導の経済成長の実現を

シリーズ:個人消費の論点⑩ (最終回)~消費主導の経済成長の実現を 消費税率引き上げ後に低迷した個人消費を回復させることは、日本経済の成長力を高める要件の一つだ。実質賃金の上昇を伴う購買力の回復が、個人消費の回復につながる。そのための賃上げを広げるためには、企業の将来見通しの改善が欠かせず、潜在成長率の向上がその前提条件だ。もちろん、財政政策や金融政策に比べれば、成長戦略の成果が出るまで時間がかかることは事実である。そのため、消費からの経済成長を促すためにも、将来の好循環を見据えた上で着実な成長

2015年3月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 在庫の下方修正で予想下振れも良好な内容(14年10-12月期実質GDP:確報) ~個人消費が上方修正~

米国 在庫の下方修正で予想下振れも良好な内容(14年10-12月期実質GDP:確報) ~個人消費が上方修正~

家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず

家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・実質消費水準指数は3ヵ月連続で低下・実質所得の改善から15年度入り後には回復へ総務省が3月27日に公表した家計調査によると、15年2月の実質消費支出は前年比▲2.9%となった。減少幅は1月の同▲5.1%から縮小し、前月比では0.8%と2ヵ月ぶりに増加した。月々の振れが大きい住居、自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)は前年比では▲3

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ