調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 個人消費住宅

「個人消費住宅」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月24日全国地方銀行協会フィードバック数:0社会/政治

地方経済天気図2015年5月分

平 成 27 年 5 月 20 日発表地方経済天気図(平成27年5月)∼緩やかな回復∼各 地 の 景 況 感・関東、東海…生産は電子部品が増産したものの、輸送機械が横這いとなり、全体では足踏み。住宅建築は緩やかな持ち直し。・甲信越、北陸…個人消費は乗用車販売が減少したものの、飲食料品が増加し、横這い圏内。住宅建築はやや上向いた一方、公共工事は低調。・北海道、九州…輸出はアジア向けが減少。生産は鉄鋼が減産し伸び悩み。個人消費は持ち直しの動き。・東北、近畿…設備投資は一部に投資抑制姿勢がみられ、公共

2015年4月19日全国地方銀行協会フィードバック数:0社会/政治

地方経済天気図2015年4月分

平 成 27 年 4 月 15 日発表地方経済天気図(平成27年4月)∼緩やかな回復∼各 地 の 景 況 感・北海道、東北…輸出が持ち直し、生産も輸送機械、電子部品で増産。・関東、近畿…公共工事が低調なものの、輸出は米国向けが好調、生産も緩やかに回復。・甲信越、四国、九州…個人消費は飲食料品が増加するも、乗用車販売が減少、全体では横這い圏内。設備投資は上向き。輸出が足許減少。・東海、中国…設備投資は伸び悩むものの、生産が輸送機械、電気機械を中心に上向き。住宅建築は低調。・北陸…個人消費が持ち直し

2015年4月15日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2015年4月号

2015 年 4 月 9 日発行情報メモ NO.27-3調査部月間経済情勢4 月号目次<最近の経済情勢のポイント><本編>1.国内経済P12.国際経済P9(米国、中国、欧州)3.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P224.『中小企業月次景況観測』抜粋P29<主要経済・金融指標等>P30消費税率引き上げ前後の経済120≪増税前後の変化≫(2013年1月=100)120110110100100個人消費住宅投資新規求人数輸出(年/月)9013/0113/07(2013年1月=100)14/

2015年2月20日明治安田生命保険★フィードバック数:0社会/政治

経済見通しです。

2015-2016年度経済見通しについて

2015年2月19日明治安田生命2015-2016年度経済見通しについて~ 原油安が追い風となって、景気の回復基調が続く ~明治安田生命保険相互会社(執行役社長根岸 秋男)は、2014年10-12月期のGDP速報値の発表を踏まえ、2015-2016年度の経済見通しを作成いたしました。主要なポイントは以下のとおりです。1.日本のGDP成長率予測2.要実質GDP成長率: 2015年度1.7%2016年度1.5%名目GDP成長率: 2015年度2.3%2016年度2.2%点①日本経済は、原油安に伴う交

2014年9月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2014年9月(全体版)

平成 26 年(2014 年)9 月 11 日見通しの概要~世界経済は、先進国を中心に、緩やかな回復基調を維持する見通し~日本~好循環の回転加速で消費増税を乗り切り、景気は回復基調を持続~米国~企業から家計への波及改善を支えに、成長率は緩やかながらも高まる展開に~西欧~ユーロ圏は 1%弱の低成長が続く、英国は消費主導の堅調な回復が持続~ア ジ ア~中国経済の減速は何とか緩やかなペースに止まり、アジア経済全体は底堅さを維持~オーストラリア~景気は回復傾向が続くも、設備投資の低調などを背景に成長ペー

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年2月(米国)

平成 26 年(2014 年)2 月 28 日~緩やかな回復基調は継続するも、財政再建や金融出口戦略の実施が成長ペースを抑制~1.米国経済の現状米国経済は緩やかな回復局面にある。直近 10-12 月期の実質 GDP 成長政府機関閉鎖にもかかわらず、3%台 率は前期比年率+3.2%と、7-9 月期の同+4.1%から鈍化しつつも堅調を維持、の成長ペースを維 半期でみると、成長ペースは昨年前半の同+1.2%から後半には同+3.5%へ持加速した。最終需要項目の中では、10 月の連邦政府機関閉鎖の影響など

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 株高、駆け込みよりも政府機関閉鎖、悪天候の悪影響で大きく成長鈍化(13年10-12月期実質GDP:改定) ~14年1-3月期はさらに減速~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 株高、株高、駆け込み駆け込みよりも政府機関閉鎖政府機関閉鎖、閉鎖、悪天候の悪天候の悪影響が影響が大きく成長鈍化(13年10-10-12月期12月期実質月期実質GDP実質GDP:GDP:改定)改定)発表日:201発表日:20142014年2月28日28日(金)~14年14年1-3月期は月期はさらに減速~減速~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001実質GDP(Gross Domestic

2013年11月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2013年7~9月期1次QE概要

Q E 解 説2013 年 11 月 14 日2013 年 7~9 月期 1 次QE概要経済調査部シニアエコノミスト山本康雄03-3591-1243yasuo.yamamoto@mizuho-ri.co.jp○ 7~9月期の実質GDP(1次速報)は前期比+0.5%(年率+1.9%)に減速。個人消費・輸出の低調が減速の主因。公的需要は成長を下支え○ 国内需要デフレーターは2008年7~9月期以来の前年比プラス。エネルギー価格や建設資材、建設業界の人件費上昇などが押し上げ○ 10~12月期は年率+3

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年8月(内外経済の見通し/全文)

平成 25 年(2013 年)8 月 27 日世界経済見通し概要~世界経済は次第に持ち直しに向うものの、成長ペースはごく緩やかにとどまる見通し~日本~政策効果に支えられた景気回復の後、企業・家計が主体の自律的な成長局面へ~米国~住宅・労働市場の改善が進むなか、内需を中心に回復持続~西欧~景気は持ち直しの兆しをみせるが、持続的な回復はまだ遠い~ア ジ ア~輸出の軟調が続き景気は伸び悩み~オーストラリア~資源部門への過度な依存からの脱却を探る~中南米~低成長下のインフレに苦しむブラジル、減速続くメキ

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期四半期別GDP速報(1次速報値) ~事前予想を下回るが、懸念は不要。先行きは好調な推移が予想される~

Economic Indicators定例経済指標レポート2013年4-6月期四半期別GDP速報(1次速報値)発表日:2013年8月12日(月)~事前予想を下回るが、懸念は不要。先行きは好調な推移が予想される~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 設備投資と在庫が下振れ、事前予想を下回る本日内閣府から公表された 2013 年4-6月期の実質GDP成長率(1次速報)は前期比年率+2.6%(前期比+0.6%)となった 。事前の市場予想(前期比年

2013年7月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

2013年央米欧経済見通し-回復基調が強まる米国、低迷が続く欧州

Research Reporthttp://www.jri.co.jp2013年7月2日No.2013-0022013年央米欧経済見通し~ 回復基調が強まる米国、低迷が続く欧州 ~調査部 マクロ経済研究センター《要 点》◆ 欧州債務問題が峠を越すなか、あらためて、回復基調を強める米国と、悪化・低迷が続く欧州という景気パフォーマンスの差が浮き彫りに。とりわけ足許では、金融機関の健全性の違いによる影響が顕著に。金融危機以降、不良債権処理が迅速に進められた米国では、金融機関の住宅ローンや企業向け貸出の

2013年2月18日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

2014年度までの見通しです。

2012・13・14年度 内外経済見通し

2012・13・14年度内外経済見通し2013年2月15日2012年10~12月期GDP統計1次速報の公表などを受け、みずほ総合研究所は2012・13・14年度の内外経済見通しを作成しました。各国・地域の成長率予測の概要は以下の通りです。[海外経済]◆米国経済:緊縮財政の影響で2013年は減速。バランスシート調整の進展を背景に2014年にかけて景気は緩やかに持ち直し2013年:+1.4%(12月予測+1.4%)2014年:+2.0%◆欧州経済:債務問題への不安が完全に払拭されるには至らず、緊縮財

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ