「倒産企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月10日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

“震災から6年”「東日本大震災」関連倒産状況(3月7日現在)

“震災から6年”「東日本大震災」関連倒産状況(3月7日現在) 公開日付:2017.03.08 3月11日で「東日本大震災」から丸6年を迎える。「東日本大震災」関連倒産件数は累計1,785件(3月7日現在)に達した。また、倒産企業の従業員被害者数は2万7,809人にのぼり、1995年の「阪神・淡路大震災」時の6.3倍に膨らんだ。都道府県別では、島根県を除く46都道府県で関連倒産が発生して全国に及んだ。「震災」関連倒産は累計1,785件、2016年は月平均8件ペースで推移 「東日本大震災」関連倒産(

2017年3月7日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

“震災から6年”「東日本大震災」関連倒産状況(2月28日現在)

“震災から6年”「東日本大震災」関連倒産状況(2月28日現在) 公開日付:2017.03.01 3月11日で「東日本大震災」から丸6年を迎える。「東日本大震災」関連倒産件数は累計1,784件(2月28日現在)に達した。また、倒産企業の従業員被害者数は2万7,808人にのぼり、1995年の「阪神・淡路大震災」時の6.3倍に膨らんだ。都道府県別では、島根県を除く46都道府県で関連倒産が発生し全国に及んだ。特に直接被災地の宮城県では、この6年間の企業倒産の約3件に1件を震災関連が占め、影響の大きさを物

2017年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年12月報

2016年 12月報倒産件数は654件、3カ月連続の前年同月比減少 負債総額は1713億2700万円、3カ月ぶりの前年同月比減少 主要ポイント■倒産件数は654件で、前月比で3.0%減少、前年同月比でも5.8%減少となった。前年同月比は3カ月連続で減少、減少幅は1ケタ台での推移が続いている■負債総額は1713億2700万円で、前月比70.6%の減少、前年同月比でも55.6%の減少となり、3カ月ぶりの前年同月比減少。なお、2016年では11月(5828億4200万円)に次いで2番目に大きい負債規模

2016年6月10日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年5月報

倒産件数は652件、3カ月連続の前年同月比減少負債総額は1060億9000万円、5カ月連続の前年同月比減少 ■倒産件数は652件で、前月比では1.6%増加、前年同月比では8.0%の減少となり、3カ月連続で前年同月を下回った。5月としては2000年以降3番目の低水準。負債総額は1060億9000万円で、前月比7.2%の減少、前年同月比でも11.0%の減少となり、5カ月連続の前年同月比減少となったほか、5月としては2000年以降最小を記録した■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を下回っ

2016年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

“震災から5年”「東日本大震災」関連倒産状況(3月7日現在)

“震災から5年”「東日本大震災」関連倒産状況(3月7日現在) 公開日付:2016.03.08 3月11日で「東日本大震災」から丸5年を迎える。「東日本大震災」関連倒産件数は3月7日現在で累計1,703件に達した。また、倒産企業の従業員被害者数は2万7,052人にのぼり、1995年の「阪神・淡路大震災」時の6.1倍に膨らんだ。都道府県別では46都道府県で倒産が発生した。 「東日本大震災」関連倒産(以下、「震災」関連倒産)は、2016年3月7日現在で累計1,703件に達した。ちなみに1995年の「阪

2016年3月1日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

“震災から5年”「東日本大震災」関連倒産状況(2月24日現在)

“震災から5年”「東日本大震災」関連倒産状況(2月24日現在) 公開日付:2016.02.25 3月11日で「東日本大震災」から丸5年を迎える。「東日本大震災」関連倒産件数は2月24日現在で累計1,698件に達した。また、倒産企業の従業員被害者数は約2万7,000人にのぼり、1995年の「阪神・淡路大震災」時の6.1倍に膨らんだ。都道府県別では、島根県を除く46都道府県で関連倒産が発生し、全国規模に及んだ。特に宮城県では、この5年間での倒産の3件に1件を震災関連が占めた。「震災」関連倒産は累計1

2015年4月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「円安関連倒産」の動向調査

2015/4/6「円安関連倒産」の動向調査2014年度の円安倒産、前年度の2.2倍に急増 〜 食料品、繊維・アパレル関連の倒産目立つ 〜はじめに昨年3月末に103円前後だった円ドル相場は、この1年で約17円も円安が進んだ。4月2日の円相場は1ドル=119円台半ばにとどまるなど、年明け以降、急速な円安進行には歯止めがかかったものの、依然として円安基調が続いている。この間、各種食料品や繊維・アパレル関係の業者を中心に影響が広がっており、「円安関連倒産」は年度下半期にかけて増加基調を強めている。 帝国

2015年3月5日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第5回「円安関連倒産」の動向調査

2015/3/5第5回「円安関連倒産」の動向調査2月の円安倒産、集計開始後2番目の高水準 〜 年度ベースでは前年同期の2倍超 〜はじめに3月3日の円相場は一時1ドル=120円台前半をつけるなど、依然として120円前後の円安水準が続いている。今年に入り、急速な円安進行には一定の歯止めがかかっているが、各種食料品や繊維・アパレル関係を中心に影響はじわり広がっている。2月は負債10億円超の地場業者の倒産が相次ぐなど、ここにきて「円安関連倒産」の規模も徐々に大きくなってきている。 帝国データバンクは、2

2015年2月5日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第4回「円安関連倒産」の動向調査

2015/2/5第4回 : 「円安関連倒産」の動向調査1月の円安倒産、過去最大の負債額 〜 件数は13カ月連続の前年同月比増加 〜はじめに1月28日、東証1部上場のスカイマークが民事再生法の適用を申請した。申請時点の負債額は約710億8800万円にのぼる“超大型倒産”となった。同社が再生法を申し立てた理由は複数あるが、「想定を超える円安の進行、燃料費の高止まり」が、直近業績の著しい悪化を招いたのは事実。足元の為替相場は117〜118円付近で落ち着いてはいるが、今回の円安局面で疲弊している大企業も

2009年6月29日アイシェアフィードバック数:0ビジネス

倒産しないと思う企業「日本たばこ」「パナソニック」「ドコモ」~企業勤務者の6割が倒産の危機を感じている?

びっくり倒産に関する意識調査 倒産しないと思う企業「日本たばこ」「パナソニック」「ドコモ」~企業勤務者の6割が倒産の危機を感じている?経営不振や不祥事などにより、知名度の高い大手企業といえども倒産や廃業に追い込まれることが珍しくなくなった昨今だが、こうした事態を人々はどう見ているのだろうか。上場企業の倒産に関し、ネットユーザー男女558名の回答を集計した。回答者で日常的に「日経平均をチェックしている」のは14.2%、「チェックしている個別銘柄がある」のは11.3%、「株価は見ない」は74.6%。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ