「倒産状況」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月10日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

平成28年熊本地震「上場企業の被災状況開示」調査(4月28日時点)

平成28年熊本地震「上場企業の被災状況開示」調査(4月28日時点) 公開日付:2016.04.28 4月14日に発生した「平成28年熊本地震」(以下、熊本地震)は4月25日、激甚災害に指定された。4月28日には東日本大震災以来、4例目となる特定非常災害に指定される事も決定した。震度1以上の揺れは1,000回を超え、発生から2週間が経過した現在も3万8,000人が避難生活を余儀なくされている。東京商工リサーチでは、前震が発生した4月14日から同28日まで、すべての上場企業を対象に「熊本地震」の影響

2016年5月2日東京商工リサーチフィードバック数:0マーケティング

平成28年熊本地震 「上場企業の被災状況開示」調査(4月19日時点)

平成28年熊本地震 「上場企業の被災状況開示」調査(4月19日時点) 公開日付:2016.04.20 4月14日の「前震」から同16日未明の「本震」以後も大きな余震が続く「平成28年熊本地震」(以下、熊本地震)の影響が広がっている。九州新幹線が止まり、高速道路や一般道路などのインフラや建物も甚大な被害を受け、サプライチェーンなど経済活動にも支障を来している。東京商工リサーチでは、前震が発生した4月14日から同19日まで、すべての上場企業を対象に「熊本地震」の影響を公表したプレスリリースを集計、調

2016年2月5日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0社会/政治

2015年「出版業」の倒産状況

公開日付:2016.02.03 2015年(1月-12月)の出版業の倒産は38件で2014年(35件)より3件増加した。1996年以降の20年間では4番目に少なかったが、2013年(33件)を底に2年連続で増加した。2015年の全産業の倒産は8,812件と7年連続で減少をたどっており、対照的な状況が際立つ結果となった。若者の活字離れやデジタルデバイスの普及に伴うメディアの多様化などを背景に、2015年の出版物の販売額は1兆5,220億円(前年比5.3%減、出版科学研究所調べ)と11年連続で前年を

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」調査

2015年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」調査 公開日付:2016.01.13 2015年に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業数は、前年と同数の32社だった。アベノミクス効果で、輸出企業を中心に上場企業の業績が改善し、人員削減に動いた企業は調査を開始した2000年以降で2年連続で最少になった。本調査は、2015年1月以降、希望・早期退職者募集の実施を情報開示、具体的な内容を確認できた上場企業を抽出した。希望・早期退職者の募集予定を発表したものの実施に至らない企業、および上場企

2013年7月9日東京商工リサーチフィードバック数:4キャリアとスキル

大手電機、自動車関連メーカーの6割で従業員が減少

大手電機、自動車関連メーカーの6割で従業員が減少 公開日付:2013.07.08東証上場の主な電気機器、自動車関連メーカー198社の2013年3月末の総従業員数は、81万4,362人で、前年同期より0.6%減少した。厳しい雇用環境が続く電気機器は、従業員の増加は事業再編に伴う子会社や関連会社の吸収合併が背景にあり、業績拡大による雇用吸引には至っていない。また、世界市場で需要が拡大する自動車関連メーカーも、海外生産のシフト強化で国内雇用の拡大テンポは鈍く、業績拡大が雇用増につながりにくい状況が続い

2012年5月11日東京商工リサーチフィードバック数:3ビジネス

2011年度 第三セクター等の倒産状況 ~ 倒産件数は過去10年間で最多 清算型が7割を占める ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2011年度 第三セクター等の倒産状況 ~ 倒産件数は過去10年間で最多 清算型が7割を占める ~ 2011年度の第三セクター等の倒産件数は、過去10年間で最多となった。背景には地方自治体の財政悪化があり、赤字第三セクター等の抜本的処理が避けられない状況となっている。  2011年度の第三セクター等(第三セクター、地方住宅供給公社、土地開発公社など)の倒産は、前年度比85.7%増(12件増)の26件となり、2007年度(24件)を上

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ