「借入金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

マイナス金利導入に関する企業の影響調査

2016/5/19マイナス金利導入に関する企業の影響調査企業の4社に1社で金利の低下を実感〜 企業の1割で新たな資金需要が発生、うち64.2%が「設備投資」〜はじめに日本銀行は1月29日、消費者物価の前年比上昇率を2%とする「物価安定の目標」の実現を目指して、これを安定的に持続するために必要な時点まで「マイナス金利付き量的・質的金融緩和政策」を導入することを決定し、2月16日より実施を開始した。他方、日本では初となるマイナス金利政策が企業に与える影響について、必ずしも政策当局においても明らかでは

2015年6月30日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

日本企業の資金再配分

ノンテクニカルサマリー 日本企業の資金再配分植杉 威一郎 (ファカルティフェロー) 坂井 功治 (京都産業大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新しい産業政策プログラム (第三期:2011~201

2015年6月7日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農林漁業系統組織の主要勘定統計

統 計 資 料目  次1.農林中央金庫 資金概況 (海外勘定を除く) ……………………………………(59)2.農林中央金庫 団体別・科目別・預金残高 (海外勘定を除く) ………………(59)3.農林中央金庫 団体別・科目別・貸出金残高 (海外勘定を除く) ……………(59)4.農林中央金庫 主要勘定 (海外勘定を除く) ……………………………………(60)5.信用農業協同組合連合会 主要勘定6.農業協同組合 主要勘定……………………………………………………………(60)7.信用漁業協同組合連合会

2015年4月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り企業金融関連のDIはいずれも改善 ◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2015年3月調査結果が発表された。企業金融関連DIは、資金繰り判断DIが前回調査から2%pt高い12%pt、金融機関の貸出態度判断DIが前回調査から2%pt高い20%pt、借入金利水準判断DIが前回調査から1%pt低い-11%pt(最近)となった。いずれのDIからも、企業の資金調達

2015年2月25日内閣府フィードバック数:0ビジネス

企業の貯蓄投資バランスの動向

今週の指標 No.1115 企業の貯蓄投資バランスの動向 ポイント2015年2月23日企業収益は、2013年度は円安等を追い風に一部製造業が過去最高益を更新する等、増加しており、2014年度に入ってからも高水準で推移している。(図1)SNA(国民経済計算)のデータを用いて、企業の貯蓄投資バランスを実物取引面からみると、2000年頃から企業の当期純利益(税引き後、配当支払い後)を原資とした内部留保と減価償却費の積み上がりが設備投資、在庫投資等の実物投資を上回り、企業の貯蓄投資バランスは貯蓄超過が

2014年10月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

9月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月日銀短観から読み解く企業の資金繰り良好な資金調達環境も資金繰り判断DIは改善せず。 2014年10月2日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年9月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査と同じ10%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査から2%pt高い17%pt、借入金利水準判断DIは

トルコ:3カ月連続の利下げを実施

トルコ:3カ月連続の利下げを実施2014年7月18日<トルコの金融政策:1週間物レポ金利、翌日物借入金利をそれぞれ0.50%ポイント引き下げ>トルコ中央銀行は、7月17日(現地、以下同様)に行われた金融政策決定会合で、1週間物レポ金利を0.50%ポイント引き下げ8.25%とし、3カ月連続で利下げを行いました。事前の市場予想では0.50%∼0.75%の引き下げが見込まれており、市場予想通りとなりました。また翌日物借入金利(コリドー下限金利)についても市場予想通りに、0.50%ポイント引き下げ、7.

2014年7月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り引き続き堅調な企業金融関連DI 2014年7月2日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年6月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査から2%pt高い10%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査と同じ15%ptとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的

2014年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

農林漁業系統組織の主要勘定統計

統 計 資 料目  次1.農林中央金庫 資金概況 (海外勘定を除く) ……………………………………(71)2.農林中央金庫 団体別・科目別・預金残高 (海外勘定を除く) ………………(71)3.農林中央金庫 団体別・科目別・貸出金残高 (海外勘定を除く) ……………(71)4.農林中央金庫 主要勘定 (海外勘定を除く) ……………………………………(72)5.信用農業協同組合連合会 主要勘定6.農業協同組合 主要勘定……………………………………………………………(72)7.信用漁業協同組合連合会

資金循環統計(13年10-12月期)~個人金融資産残高は過去最高の1645兆円、前年比93兆円増

資金循環統計(13年10-12月期)~個人金融資産残高は過去最高の1645兆円、前年比93兆円増 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(13年10-12月期)~個人金融資産残高は過去最高の1645兆円、前年比93兆円増 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(13年12月末): 前期比では35兆円増・資金流出入

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

農林漁業系統組織の主要勘定統計

統 計 資 料目  次1.農林中央金庫 資金概況 (海外勘定を除く) ……………………………………(69)2.農林中央金庫 団体別・科目別・預金残高 (海外勘定を除く) ………………(69)3.農林中央金庫 団体別・科目別・貸出金残高 (海外勘定を除く) ……………(69)4.農林中央金庫 主要勘定 (海外勘定を除く) ……………………………………(70)5.信用農業協同組合連合会 主要勘定6.農業協同組合 主要勘定……………………………………………………………(70)7.信用漁業協同組合連合会

2013年9月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農林漁業系統組織の主要勘定統計

統 計 資 料目  次1.農林中央金庫 資金概況 (海外勘定を除く) ……………………………………(61)2.農林中央金庫 団体別・科目別・預金残高 (海外勘定を除く) ………………(61)3.農林中央金庫 団体別・科目別・貸出金残高 (海外勘定を除く) ……………(61)4.農林中央金庫 主要勘定 (海外勘定を除く) ……………………………………(62)5.信用農業協同組合連合会 主要勘定6.農業協同組合 主要勘定……………………………………………………………(62)7.信用漁業協同組合連合会

2013年8月1日日本生産性本部★フィードバック数:0社会/政治

自治体の財務状況です。

第8回地方自治体財務書類の全国比較

日本生産性本部(理事長 松川昌義)の自治体マネジメントセンターは地方自治体の財務書類を全国から収集し第8回 地方自治体財務書類の全国比較(平成22年度決算版)を発表した。本調査は地方自治体の財務書類から全国の傾向を示し各団体の財務書類の活用に役立てていただくことを目的としている。 本調査は全国初の大規模な全国比較を行った平成18年4月発表の第1回【平成15年度決算版】以来8回目となるものである。全国比較にあたっては普通会計の『住民一人当たり負債額』『住民一人当たり行政コスト』『受益者負担の割合』

2013年8月1日日本政策金融公庫フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小製造業設備投資動向調査(第108回)

日本政策金融公庫 総合研究所 中小企業研究グループ中小企業動向 トピックス平成2 5 年7月 9日NO. 6 2 中小製造業の設備投資は前年度実績比増加「中小製造業設備投資動向調査(第 108 回)」結果概要〔2012 年度実績、2013 年度当初計画〕 当公庫では、2013 年4月に「中小製造業設備投資動向調査(第 108 回)」を実施しました。 2012 年度の国内設備投資額の実績は、2011 年度実績比で 16.9%増加し、3年連続の増加となりました。ただし、投資額はリーマンショック前の

2013年7月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り企業金融関連のDIは総じて改善、金利先高感が強まる ◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2013年6月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査から2%ptプラス、金融機関の貸出態度判断DIは1%ptプラス、借入金利水準判断DIは7%ptプラスとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的に改善している。◆背景としては、業況判断の

2013年6月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農林漁業系統組織の主要勘定統計

統 計 資 料目  次1.農林中央金庫 資金概況 (海外勘定を除く) ……………………………………(67)2.農林中央金庫 団体別・科目別・預金残高 (海外勘定を除く) ………………(67)3.農林中央金庫 団体別・科目別・貸出金残高 (海外勘定を除く) ……………(67)4.農林中央金庫 主要勘定 (海外勘定を除く) ……………………………………(68)5.信用農業協同組合連合会 主要勘定6.農業協同組合 主要勘定……………………………………………………………(68)7.信用漁業協同組合連合会

2013年4月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り資金繰り判断は変化なし、借入金利の先高観を警戒か ◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2013年3月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査から横ばい、金融機関の貸出態度判断DIは1%ptプラス、借入金利水準判断DIは1%ptマイナスとなった。景況感が3期ぶりの改善となったものの、資金繰りに関して特段改善はみられなかったようで

2013年4月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農林漁業系統組織の主要勘定統計 2013年4月号

統 計 資 料目  次1.農林中央金庫 資金概況 (海外勘定を除く) ……………………………………(67)2.農林中央金庫 団体別・科目別・預金残高 (海外勘定を除く) ………………(67)3.農林中央金庫 団体別・科目別・貸出金残高 (海外勘定を除く) ……………(67)4.農林中央金庫 主要勘定 (海外勘定を除く) ……………………………………(68)5.信用農業協同組合連合会 主要勘定6.農業協同組合 主要勘定……………………………………………………………(68)7.信用漁業協同組合連合会

2013年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農林漁業系統組織の主要勘定統計

統 計 資 料目  次1.農林中央金庫 資金概況 (海外勘定を除く) ……………………………………(89)2.農林中央金庫 団体別・科目別・預金残高 (海外勘定を除く) ………………(89)3.農林中央金庫 団体別・科目別・貸出金残高 (海外勘定を除く) ……………(89)4.農林中央金庫 主要勘定 (海外勘定を除く) ……………………………………(90)5.信用農業協同組合連合会 主要勘定6.農業協同組合 主要勘定……………………………………………………………(90)7.信用漁業協同組合連合会

2013年2月17日帝国データバンクフィードバック数:3ビジネス

金融円滑化法に対する長野県内企業の意識調査

2013年2月13日特別企画 : 金融円滑化法に対する長野県内企業の意識調査 金融円滑化法の終了、「悪影響」とする企業が約2割〜利用企業側に厳しい見方、国や金融機関の方針周知の必要性も〜 2009年12月に施行された「中小企業金融円滑化法」。当初は2011年3月までの時限立法だったが、その後2度の延長を経て、いよいよ今年3月末をもって最終期限を迎える。2009年に長野県内で200件に達していた企業倒産はその後145件(2010年)、149件(2011年)、122件(2012年)と抑制されながら

2012年11月12日財務省フィードバック数:23社会/政治

国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(平成24年9月末現在)

報道発表平成24年11月9日財務省国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(平成24年9月末現在) 前期末(平成24年6月末)に対する増減(△) 株式会社日本政策投資銀行危機対応業務国債 日本高速道路保有・債務返済機構債券承継国債 前期末(平成24年6月末)に対する増減(△) 1.単位未満四捨五入のため合計において合致しない場合がある。 2.上記の国債及び借入金には、国が保有する国債及び国内部での借入金を含んでいる。 3.次回の公表(平成24年12月末現在)は、平成25年2月8日に行う予定

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ